未分類花・草・木風景画叙情日常での出来事くつろぎビールニュースや新聞から富士山
一日の始まり、終わり、海、山、町、花、中年おやじの見た自然の風景、出来事の日記
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.03.28 Sat
昨日の快晴の空が、一夜で曇り空に変化しました。
今朝はどこを見ても雲が広がっていました。
重い雲ではなく、雨を降らすような雲でもないけれども雲が広がっていました。
日の出前に海岸に到着すると、その雲が朝焼けに染まり、その色が海に反射して一面周りは赤くなっていました。
20150328-1.jpg

このような景色も久々で、なかなか感動的なのです。
波はそれほど大きくないのでサーファーはほとんどいませんでした。
それが余計に独特の世界を作っていて、そこにいることが心地よい感覚となりました。
しかし、曇り空であることは遠くの景色が見えずらい。
富士山はややぼんやりとした感じでした。
しかし、西側の空はピンク色で、これも海に映って周りはピンク色となっていました。
そんなところにぼんやりと見える富士山も悪くはありません。
20150328-2.jpg

今朝は日の出前が独特の色と雰囲気を作ってくれました。
その美しい光景も太陽が姿を見せたら間もなくしてつまらない普通のくもり空となってしまいました。
太陽はあまりにも存在がすごすぎて何もかもを支配するのですね。
20150328-3.jpg
2015.03.27 Fri
今日は所要あって午後は休暇を取りました。
そしてその所要を済ませて早い帰宅をしたのですが、途中出んsg派の中から富士山を見たのです。
それで家に到着してから日没の富士山を見ようと海岸に行きました。
いつの間にか太陽はずいぶんと移動していて富士山の斜面に沈んでいくような光景でした。
20150327-1.jpg
一日中快晴の空と春のポカポカ陽気で海にいても寒くありません。
気持ちのいい季節になってきました。
そんな砂浜を歩きながらゆっくりと日没の景色を楽しんだのです。
20150327-2.jpg
小生のシミュレーションでは来週の日曜日がダイヤモンド富士と思っているのですが、もっと早いのかもしれません。
もう一度調べなければなりません。
でも太陽が富士山に近づくのは春になってきた証拠なのです。
走行思いながら歩いていると太陽が沈んでしまいました。
20150327-3.jpg
来週が楽しみです。
2015.03.22 Sun
3月は一日中晴れの日が本当に少なくて小生も海岸に散歩に良くh魏が少なかったように思います。
今朝は久々に朝から晴れていたので海岸へ行きました。
間隔が本当に久しぶりと思えるのは、いつの間にか暖かくなり夜明けが早くなってきたことです。
この二つの自然現象がものすごく季節を進めたように感じるのです。
今朝の海岸は波が穏やかだったため、サーファーは全くいませんでした。
そして春霞。遠くの景色がほとんど見えませんでした。
江の島でさえ少しぼんやりとしているほどでした。
20150322-1.jpg
太陽も眩しくなく、何もかもがぼんやりとする。
春が眠くなるのはこんなことも影響?するのでしょうか。
20150322-2.jpg
この前海に来た時からずいぶんと温かくなりました。
家を出るときは手袋をしていても海岸に着いた時にはもう手が暖かく手袋を取りました。
今週は間違いなく桜の開花のニュースが聞こえてきそうです。
いい季節になってきましたね。
20150322-3.jpg
2015.03.14 Sat
春に三日の晴れ間なしと言われるようにこのところ晴天が続きません。
曇りがちな天気と花粉で青空もなんとなくすっきりとしないのです。
今朝もそうでした。
晴れているのになんとなく薄い雲に覆われているような天気でした。
日の出の太陽も赤色で、まぶしいオレンジ色の太陽ではありませんでした。
20150314-1.jpg
風もあまりない海岸でしたが、比較的大きめの波が絶え間なく来ていたので、今朝は、日の出前からサーファーで海は大賑わいでした。
日の出の頃ともなると続々と海に入っていくのです。
20150314-2.jpg
もう一時の非常に寒い朝の気温ではなく、動いている限りは寒さをあまり感じなくなってきました。
桜も二週間ほど待てば咲き始めるということです。
いよいよ春になってきました。
このすっきりとしない天気もそう考えると悪くないですね。
20150314-3.jpg
2015.02.28 Sat
今週は暖かな日が多かったと思います。
そして数日間隔で雨が降り、すっきりとした晴れ間がなかったのです。
これは季節の変わり目でしょう。
今朝の海岸も、何となすっきりとせずに薄い雲が広がっていました。
決して雨が降るような天気ではなかったのですが、快晴でもなかったのです。
20150228-1.jpg
日の出前はその薄い雲で空は赤くなり、その色が海に映し出されていました。
こういう海も嫌いではありません。
波はそれほどなかったのですが、徐々にサーファーが海にやってくる時間でした。
そして日の出を迎えました。
20150228-2.jpg
薄い雲がまぶしい太陽の光を柔らかくしているようで、快晴でなくても心地よい日の出でした。
太陽は江の島の左側から出てくるようになりました。
この太陽の位置が季節を感じさせます。
20150228-3.jpg
富士山は見えていたのですが、カメラでとらえることが難しいような状況でやはり春を感じさせるのです。
今日で二月も終わり。
一か月もすると桜が咲き始めます。
時間の経過は早いですね。
2015.02.21 Sat
日の出の時刻が早くなりました。
一月ほどと比べると30分は早く太陽が出てくるのです。
今朝は6時25分ごろ。オレンジ色の太陽が出てきました。
20150221-1.jpg

風もなく、波も小さい穏やかな海でした。
小生の早朝の散歩では非常に珍しいことなのですが、サーファーが全くいないのです。
海に行ってサーファに出会うことがないのは珍しい。
そういう海もまたよろしい。
20150221-2.jpg

こうして海に人がいない景色を見ると占領しているようでそれなりに心地よいものです。
くつろぐ休日です。
20150221-3.jpg
2015.02.15 Sun
昨日は快晴だったので、小生は山仲間との遅い新年会のため丹沢の塔ノ岳に行ってました。
相変わらずしゃぶしゃぶでビールやワインを飲んでの宴会なのですが、それだけではなく、夜の夜景や翌日の日の出、富士山などが楽しみなのです。
今朝の日の出30分ほど前の神奈川県、右の暗くなっているのは相模湾で、江の島もよく見えます。
20150215-1.jpg
空がようやく赤色を出してきたころです。
そしてこちらは東京方面。
もう宝石が光っているように光が瞬いています。
20150215-2.jpg
塔ノ岳の魅力は何と言ってもこの見事な夜景が見られることです。
そして日の出前20分。
わずか10分の経過で急に明るくなります。
湘南方面にクローズアップ。
どうして我が家近辺やいつもの早朝散歩のあたりを見てしまうのですね。
ここから見る江の島もいいものです。
20150215-3.jpg
2015.02.14 Sat
今朝は快晴です。
空が青く遠くがくっきりと見える素晴らしい天気です。
いつもの海岸散歩で日の出を見る場所からの今朝の太陽は江の島から昇ってきました。
20150214-1.jpg
太陽は高くなるにつれて南の方に動きますから、しばらく見ていると、江の島の展望台の上に移動してきました。
まるでキャンドルが点灯されて様でうす。
20150214-2.jpg
今日はバレンタインデー、若者はキャンドルに火を灯し格好よく食事でもするのでしょうかね。
楽しそうな週末ですね。
あっ、それからこの快晴の空、富士山も美しかった。
今日はこれから丹沢に登り、最高の夜景と明日の最高の日の出を見ようと思います。
20150214-3.jpg
2015.02.11 Wed
週半ばに祝日でお休みなのはサラリーマンにとって体が楽ですね。
今朝も寒い朝でした。
海岸を歩いていると手袋の中の指先が冷たくなってきました。
それでもサーファーは平気で海にいます。
空が明るくなって太陽が昇ってきました。
20150211-1.jpg
今朝のは波もあまりなく穏やかだったのですがサーファーは意外に多くいました。
そして日の出時はほとんどなサーファーが海から太陽を眺めていました。
たぶん江の島から太陽が出てきたからではないでしょうか。
20150211-2.jpg
太陽が高く昇るにつれて周りの明るさがさらに広がり、淡い春色になってきました。
徐々に徐々に春に近づいているような気がするのです。
気温は冬、色は春先というような感じです。
西側を見ると富士山もよく見えていましたが、やはりなんとなく真冬の色とは違うように思われるのです。
20150211-3.jpg
いい感じですね。
2015.02.07 Sat
まだまだ冬の寒さで暖かさなんて感じないのですが、立春となりました。
今朝も寒い朝でした。
しかし、色は春の色を感じさせるのです。
海岸は雲が多く波は静かでした。
そんな中から太陽が出てきました。
20150207-1.jpg
何とも美しい静かな日の出です。
そして太陽が江の島に戻ってきました。冬の間は江の島の右側、春から秋にかけては江の島の左側から太陽は出てくるのです。江の島に戻ってきたことからも冬から春になってきた感じがするのです。
今朝は太陽が昇ってきてもすぐ上に雲があるので太陽は間もなく雲の中に入ってしまうのです。
その時雲に向かって放射状の光線が現れました。
20150207-2.jpg
これも美しい光景です。
この景色には冬の寒々しさがないのです。
徐々に太陽は雲に隠れ、光線だけが上に延びていきました。
20150207-3.jpg
静かな波で、風もあまりなく、サーファーもいない海。
けれども何となく心地よさを味わいました。
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。