未分類花・草・木風景画叙情日常での出来事くつろぎビールニュースや新聞から富士山
一日の始まり、終わり、海、山、町、花、中年おやじの見た自然の風景、出来事の日記
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.08.14 Thu
巨大な黒部五郎岳のカールを登りきると、やはり目に入るのは薬師岳だ。この巨大な山はこの近辺では威容だ。しかしこの巨大な山だけが目に付いたわけではない。すぐその右となりの奥に剱岳がくっきりと姿を現す。そして同様に立山も並んで現れる。すごい展望だ。そして、さらに右奥には朝日岳、白馬岳、白馬鑓が岳が並んで見える。水筒の水を飲みながら見とれる。 FI2621844_1E.jpg この絶景を見て、ザックを置いて黒部五郎岳の山頂に向かった。山頂は残念ながら団体のおばさんたちに占拠され、小生らは立ち退くのを期待して少し離れた場所から西側の眺めを楽しんだ。雲の上から白山が見える。そのまま南を向くと三つの山が順に奥に向かって並んでいるように見える。笠ヶ岳、乗鞍岳、御嶽山である。 FI2621844_2E.jpg 少しもやっているが並んだ姿は誰でも確認できた。山頂は相変わらずおばさんたちの団体に占拠されたままだ。全く動く気配がなく、記念撮影を諦めて下山する人もいた。小生も諦めたが、おばさん達がほんの一瞬散らばった隙に山頂に立って撮影。うまく撮れたとは思わなかったが、山頂からの証拠写真となった。それにしても団体の登山ツアーのブームだが、小生はなかかな理解しずらい。今までいろいろな場所でいろいろな状況で我慢したり譲ってきたが、数名のパーティで登る人たちは団体の行動を理解しろということか。それはそれとして、展望の山として黒部五郎岳は初めて登ったが印象深い山となった。 FI2621844_3E.jpg
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://adagio629.blog38.fc2.com/tb.php/930-2bcb28ff
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。