未分類花・草・木風景画叙情日常での出来事くつろぎビールニュースや新聞から富士山
一日の始まり、終わり、海、山、町、花、中年おやじの見た自然の風景、出来事の日記
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.08.23 Sat
今朝は曇り空でひんやりとしている。外に出て散歩する気にもなれず、テレビを見て、今はパソコンに向かっている。実に不健康な土曜の生活だ。しかし、不良中年さんのブログを見ていて小生も先日の山歩きで見た花をもう少しアップする気になった。不良中年さんは多くの高山植物を載せておられる。さすがは白馬岳だ。花の種類は圧倒的に多そうだ。しかし、小生も多くの花を見たのでもう少しご紹介。 【シナノキンバイ】 双六小屋から三俣小屋に向かう道で発見。この花は大きな群落を作るが、ここでは規模が小さかった。それでも黄色く大きな花はよく目だった。この花を見ると北岳の八本歯の上部の斜面に驚くほどの規模で咲いていたのを思い出す。小生の好きな花だ。 FI2621853_1E.jpg 【イワオトギリ】 山に登っていると樹林帯、森林限界近くの草原、稜線と花の種類が変わっていく。このイワオトギリという花は、稜線であまりお目にかからない。しかし、樹林帯では咲いていない。三俣蓮華岳から黒部五郎小舎まで標高差およそ500m。半分降りた辺りに咲いていた。花びらが星型のように5枚あり、多く咲いているとそれなりにかわいらしい。 FI2621853_2E.jpg 【モミジカラマツ】 黒部五郎小舎に着いて荷物を降ろし、ビールで乾杯し、一服したところで少し小屋の周りを散策。小屋の裏側にいっぱい咲いていた白い花。モミジカラマツだ。小さい花だが線香花火のようで、近づいてみるときれいだ。デジカメでさらに近寄って撮影するとモニターにはもっと美しい姿が見える。デジカメを通して見たほうが見栄えする不思議な花だ。この花は樹林帯でごく普通に見ることができる。 FI2621853_3E.jpg
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://adagio629.blog38.fc2.com/tb.php/921-971baa0c
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。