FC2ブログ
未分類花・草・木風景画叙情日常での出来事くつろぎビールニュースや新聞から富士山
一日の始まり、終わり、海、山、町、花、中年おやじの見た自然の風景、出来事の日記
2008.06.01 Sun
今朝の4時過ぎ東名の大井松田近辺で息を飲むような富士山が現れた。
そこから西丹沢まで車を走らせている間に富士山が見えたり見えなかったりする。
気になって仕方ない。
檜洞丸のツツジ新道という登山ルートには途中で富士山がよく見える展望台がある。
そこに到着した時は全く見えず、少しがっかり。
その後登っていく。シロヤシオを見ながらふと開けた場所に着くと、富士山が見えるではないか。
前にある雲が邪魔だ。


しかし、さらに登っていくとまた見える場所がある。
そこでは雲が少し抜けさらによく見える。
山中湖まではっきりと見える。
こうなるとうれしい。
しばらく見てなかったが、着実に夏になっていくようで、雪はずいぶん減っている。
それでもこの程度の雪が最も美しいような気もする。


そして山頂ではブナの木が邪魔して全身が見えないのであるが、わずかに見える場所がありそこで撮影。
檜洞丸の象徴、シロヤシオと一緒に撮れた。


AUTHOR: 花々 DATE: 06/01/2008 20:33:10 わぁ~スゴイ、スゴイ~素敵な富士山に拍手喝采です♪
雲が邪魔・・・見ようによってはそれも素敵です!2枚目などは絵葉書みたいです!

シロヤシオってもしかして五葉ツツジのことですか?私も知人宅に植えてあるのを見た事がありますが、数輪でした。でも楚々としてとっても素敵な花でした。こちらでは花数が多くて素晴らしいですね。圧倒されました。
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://adagio629.blog38.fc2.com/tb.php/832-be2d660c
Template by まるぼろらいと