未分類花・草・木風景画叙情日常での出来事くつろぎビールニュースや新聞から富士山
一日の始まり、終わり、海、山、町、花、中年おやじの見た自然の風景、出来事の日記
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.02.03 Sun
目が覚めて、窓の外を見ると雪だ。
予報どおり雪が降っている。
外を見ただけで寒いのでまたまた布団の中にもぐり込んだ。
それから一時間半、空が明るくなって来たこともあって、布団から出る。再び外を見ると見事な白一面の世界だ。
まあ、小生の住んでいるところでは滅多にない景色であった。
少し外に出て降り続く雪の世界を撮る。
子供のときは雪が降ると嬉しかったが、今日は何となく滅入る。
やはり乾燥しても抜けるような青空こそ湘南の冬なのである。




それにしてもこれだけの雪が降ったのは何年ぶりか。
去年は暖冬で雪は降らなかった。
そう考えるとこの雪も非常に貴重なもののようにも思える。
今度は家の中から窓を開けてテラスの手すりに積もった雪を取って、息子の野外観察用の顕微鏡で覗いてみた。顕微鏡は高々20倍程度の倍率だ。
さすがに湿気を含んだ重たい雪のためか結晶化せずにただの細かい氷の粒であった。
それでも久々に覗いた顕微鏡、接眼レンズにコンパクトデジカメのレンズを引っ付けてマクロ撮影してみた。
やはりうまくはいかないがそれなりに面白い。



AUTHOR: halfmoon DATE: 02/07/2008 21:15:38 夏が猛暑だったので、また暖冬かな~なんて
思ってましたが、今年は珍しく冬らしい冬に
なりましたね。
近畿も、週末に雪が降りそうな予想です。
交通が乱れたりすると、困りますよね。
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://adagio629.blog38.fc2.com/tb.php/777-2abc6eff
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。