未分類花・草・木風景画叙情日常での出来事くつろぎビールニュースや新聞から富士山
一日の始まり、終わり、海、山、町、花、中年おやじの見た自然の風景、出来事の日記
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.11.25 Sun
日の出の位置は日々変化している。
だから毎日同じ位置から日の出を見ると出てくる位置が動いていくのがよく分かる。
小生がいつも日の出を見ている海水浴場では今頃は、三浦半島の先端近くから昇る。
昨日の日の出の写真を見るとよく分かるが、江ノ島は太陽よりもかなり左手側にある。
9月頃ならちょうど江ノ島の近辺から出てくる。
だから9月から10月頃は海水浴場にはカメラを持った人がいっぱいやって来る。
巨大な三脚と大きな望遠レンズをつけた、いかにもカメラマニアのおっさんたちがよさそうな場所を占拠する。その前に立ったりすると怒鳴られたりする。当然こちらも不快な思いをする。
それじゃあ、いま不快なおっさん達はどこにいるかというと、海水浴場から1.5kmほど海岸線を平塚方向に行った場所だ。なぜかというと、今の季節は日の出をそこから見るとえぼし岩の上あたりに出てくる。だからこぞってそこにいるのである。


そんな場所に行くとカメラをぶら下げて簡単に移動できる小生と違って、三脚を据えて動けなくなるおっさん達にまた怒鳴られる。
そこで小生は逆に3kmと少し遠いのであるが江ノ島方向に行ってみた。
そこからは江ノ島の上辺りから太陽が出てきそうな空の色をしていた。
わずか3kmほど行っただけで江ノ島はずいぶん大きく見える。
そして不思議なことにまったくカメラを持った人がいない。
うれしい場所だ。
ここでゆっくりと日の出を待つことにした。



近くで釣りをしていた人が、何かを釣ったようで、釣り糸が大きくしなっていた。
それに小生は興味を引かれ、じっと見ていたら、釣り人が、「おおっ!」と大きな声を上げるので、どんな大きな魚かと思っていたら釣り人は釣り糸を見ていない。
釣り人の方向を見ると、なんと太陽が出てきたのである。
予想通り、江ノ島から昇ってきたのであるが、展望タワーよりもずっと左側であった。
真っ赤な太陽を釣り人と一緒に見ていた。
釣り糸に引っかかった魚はどうなったのか分からない。


AUTHOR: 花々 DATE: 12/03/2007 15:32:28 >「おおっ!」と大きな声を上げるので、どんな大きな魚かと思っていたら~
 思わず笑ってしまいました、でも魚より素晴らしいものを見つけた釣り人に乾杯♪
 
 江ノ島と日の出の風景、とても綺麗ですね。
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://adagio629.blog38.fc2.com/tb.php/750-ed83bf2e
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。