未分類花・草・木風景画叙情日常での出来事くつろぎビールニュースや新聞から富士山
一日の始まり、終わり、海、山、町、花、中年おやじの見た自然の風景、出来事の日記
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.10.07 Sun
この季節、例年ならば穂高のベースキャンプ涸沢に紅葉を見に行くのであるが、今年は異常で、紅葉の時期が極端に遅い。これは日本中で言えることなのである。
しかし、連休はもう当分やって来ない。とするとどこかないかと探した。
すると白馬岳の麓、栂池高原が色づいているという情報を手に入れた。だとするとそれよりも標高の高い場所は見頃かもしれないと思い、白馬大池までテントを背負って紅葉散歩でもしよう、いつもの仲間と行く。
賭けであった。
しかし、結果は天気にも恵まれ、良かった。まさにピークに近かった。
山の紅葉といえばナナカマドだ。
最初の写真は、栂池自然園から一時間ほど登り、あと一息で天狗原という湿原にたどり着く場所で色づいていたナナカマドだ。


そして後の二枚が、天狗原から白馬乗鞍岳への登りで盛りのナナカマド。


秋の北アルプスの風景を紹介する。


AUTHOR: はりまん DATE: 10/07/2007 22:45:41 ほう、もう信州の山々は紅葉ですか・・・
体力があれば行ってみたいんですがね、、
思考亭さんの写真と文で味わせていただきます。。
思考亭
tomato0714さん
こんにちは。
山の紅葉といえば何と言ってもナナカマドですよ。
本当にすばらしい色です。
2007.10.08 Mon 19:45 URL [ Edit ]
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://adagio629.blog38.fc2.com/tb.php/721-11ad6c71
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。