FC2ブログ
未分類花・草・木風景画叙情日常での出来事くつろぎビールニュースや新聞から富士山
一日の始まり、終わり、海、山、町、花、中年おやじの見た自然の風景、出来事の日記
2007.09.09 Sun
不思議な天気だ。
西の空を見るともうすぐ雨が降りそうな感じがする。
しかし、東の空を見ると、天気はいいじゃないとも思える。
家でゴロゴロしていても体脂肪が増えるだけなので、朝に続いてまたまた海へ散歩に行った。
夜明け前の海ではよく分からなかったが、日中の海を見ると、一昨日の台風が作った傷が治りきっていないような光景だった。
海の色は、土砂を運んで濁流となった川の様な色で濁り、沖のほうは澄んでいる様な緑色をしている。
海岸に近いところの色はとても不気味だ。


そして、湘南海岸の相模川から江ノ島までを結ぶサイクリング道路の一部は道が崩落している場所がある。
写真の場所は最も被害が大きそうな場所で、道が完全になくなっている。画面の左側に市民プールがあり、そのプルサイドを囲うように黄色のテープが巻かれていて、危険であることを示している。
何というすごい光景だろう。
この砂浜沿いを通る道は、サイクリングだけでなく、ジョギングや犬の散歩など市民の多くが愛用している道だ。
台風の恐ろしさを感じる。


しかし、濁った海や崩落した道など関係ないとばかりに、海ではウインドサーフィンが勢いよく滑っていた。
風があれば濁った海でも楽しいのかもしれない。
そして、海水浴場では、ゴミと流木だらけの砂浜で露出度の大きい水着で遊んでいる女の子も多い。
不思議なそしてあきれる風景だ。



AUTHOR: ZAP DATE: 09/09/2007 20:47:04 こんばんは。
今日高尾に行きましたが、相模湖が泥水で茶色く濁っているのがよく見えました。全体に濁っているわけではなく、中央は青く外周が黄土色になっていました。
見慣れない湖面の様子は不気味に感じました。
それに対して、登山道は吹き落とされた杉の葉が敷き詰められて、クッションの上を歩くようで快適でしたよ。
思考亭
REI さん
湘南の被害がどれほどか分かりませんが、国道134号線は問題ないようです。西湘バイパスだけがいまだに通行止め。これは当分続くでしょうね。

塩見岳へは、三伏峠というところで一泊してから登ったのですが、その時が台風の真っ只中、ゴアテックスでがっちり防水していた登山靴の中がぐちょぐちょになりました。
しかし、その時の思い出よりも、台風一過の快晴の中での塩見岳頂上からの展望の方が印象に残っています。
2007.09.15 Sat 08:24 URL [ Edit ]
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://adagio629.blog38.fc2.com/tb.php/704-830c0060
Template by まるぼろらいと