FC2ブログ
未分類花・草・木風景画叙情日常での出来事くつろぎビールニュースや新聞から富士山
一日の始まり、終わり、海、山、町、花、中年おやじの見た自然の風景、出来事の日記
2007.08.15 Wed
常念小屋は7年前にある事件があり思いで深い小屋であるが、その話はまた別の時に記す。
さて、13日は小屋の前で日の出を見て早々にテントを撤収、6時前には歩き始めた。
目指すは大天井岳だ。
最初の30分ほどが樹林帯の登りで結構きつい。
その後は比較的勾配の緩い登りがだらだらと続く。横通岳という誰も山頂へは行かず中腹を巻くようにして通り過ぎる山があり、そこから東天井岳というこれまたピークもよく分からない山の直下を行く。
ちょうど東天井岳の下辺りから常念岳と横通岳がよく見え、横通岳とはよく言ったものだと思うような横っ腹にルートがあることが分かる。
名前の由来が実に可哀想な山だ。



しかし、この山をバカにはできない。多くの斜面でコマクサを見ることができた。
そして、槍と穂高の顔が少し変わってくるのが分かる楽しい道なのである。
槍ヶ岳は今まで見えなかった小槍が右に見え始め、穂高は涸沢カールがはっきりと見え、中央に涸沢ヒュッテがあることが分かるのである。



そんな楽しい道を歩き、東天井岳の横を登ると大天井岳がすぐ前に見えると思っていたが、ちょっと錯覚していた。
まだ少し先のピークが大天井岳だとすぐに分かった。
ここで少し精神的な疲れが出たが、辛い斜面もなく、また、立山や剱岳が見え始めたので元気が出る。
そしてしばらく歩くと、大天井岳直下の山小屋、大天荘がはっきりと見えてきた。
あそこに着いたらザックを下ろし、空荷で山頂まで行き、戻ってから二度目の朝食にしようと仲間と言いながら再び元気を取り戻した。


AUTHOR: nmzk DATE: 08/15/2007 22:12:03 あーっ、昔を思い出して涙が・・・(苦笑
思考亭
nmzkさん
そうは言われても、山慣れず遊びでは槍や穂高は難しいと思いますよ。
2007.08.17 Fri 16:52 URL [ Edit ]
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://adagio629.blog38.fc2.com/tb.php/686-913054c7
Template by まるぼろらいと