FC2ブログ
未分類花・草・木風景画叙情日常での出来事くつろぎビールニュースや新聞から富士山
一日の始まり、終わり、海、山、町、花、中年おやじの見た自然の風景、出来事の日記
2007.08.14 Tue
蝶ヶ岳という山は特徴的な形がないので遠くから見るとどの山かさっぱり分からない。
しかし、この山は何と言っても穂高が壁のように正面にそそり立つ。その姿は圧倒的だ。この山、上高地から徳沢まで歩いてそこから登るコースがあるが、結構急な尾根で辛い。今回は三股という別の登山口から登った。去年、大雨で林道が崩壊したらしく、今年はタクシーで途中までしか行けず、30分程度林道歩きをした。
この登山道も楽ではない。テントを担いで登る小生らには大汗が待っていた。
まあ、それはどうでもいい。約4.5時間ほどで蝶ヶ岳に到着、早速テントを設営、ビールで乾杯して、すぐに寝た。というのもその日は早起きしたので眠気が襲ってきたのである。
翌朝、日の出前にテントを出ると快晴だ。槍や穂高が、まだ太陽を浴びず黒々とした巨体を見せていた。もう早速テン場から山頂へ。
日の出を待つ。太陽が出て数分後、穂高に太陽の光が射した。感動の瞬間である。


さらに少し左手側を見ると、上高地でもおなじみの焼岳が見える。
山頂から白い煙を噴き上げている。やはり太陽の光が山頂にだけ当たって非常にきれいだ。
その下あたりが上高地だろう。



さらに左に目をやると、乗鞍岳が見える。
道路が見えるのが面白い。
その乗鞍の左奥で大きな山は木曽の御岳だ。
巨大な姿がはっきりと見える。
朝の冷たい空気が気持ちよい。


景色を十分に楽しんだ後にようやく朝食にする。
振り返ると、これから登る常念岳が正面にでかく見える。
テン場ではかなりテントが減っている。
暗いうちに出発したのだろう。
小生たちのテンとは黄緑色の小さいもの。
ここに戻って、パンと野菜スープ、カフェオレといった朝食にした。
山の空気を吸いながら外で食べる朝食は実に美味しかった。


AUTHOR: asc DATE: 08/14/2007 20:40:42 感動的な夜明けの彩りですね ^^
涼しく爽やかな中での朝。
下界は、暑いままだったので、羨ましい限りです (^^)
思考亭
不良オヤジ さん
空の色と山に光が当たって輝く色、深い谷の暗い世界。
これほどきれいに光と影が色を作るのは山だからこそです。
2007.08.15 Wed 06:04 URL [ Edit ]
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://adagio629.blog38.fc2.com/tb.php/682-675fc709
Template by まるぼろらいと