未分類花・草・木風景画叙情日常での出来事くつろぎビールニュースや新聞から富士山
一日の始まり、終わり、海、山、町、花、中年おやじの見た自然の風景、出来事の日記
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.07.16 Mon
毎年一年に一度のことだからいいのであるが、朝の3時ごろから鉦や太鼓の音、人の喚声で眼が覚める。
そして道には神輿が次々と集結し、海に向かって行く。
小生の住む町の最大のお祭りである。
今年は台風が直撃してお祭りなんてできっこないと数日前には思っていたが、昨日の午後には間違いなく挙行されると思った。
4時半過ぎ海に行くと、もうすごい人である。あちこちの神社からこの海にやって来た神輿とそれを見に来る見物客、警察官、うごめいている。
朝日に神輿が光り、熱気がむんむんである。


例年、神輿の何基かは担ぎ手達が海に入って行くのであるが、今年は台風の去った直後のため、波は大きくうねっていて、危険だ。警官が厳しく見張っていた。
それでも時々子供たちがキャーキャーと歓声をあげて波に向かう。
警官があわてて駆け寄って注意する。
やはり祭りの雰囲気は格別だ。


町中の神社の神輿が海岸に到着して乱舞し、最高潮になる。
しんがりの神社はいつも同じだが、この神社の子供神輿を担ぐために子供たちも朝の2時ごろには起こされて準備する。
小生の息子はそれができないので神輿は担がないが、祭りの会場に行くと、はっぴを着た子供たちが小生の息子の名前を呼んで手を振る。
息子も手を振り返す。
この町では子供のときからこの祭りに親しみを覚えるようだ。


そしてすべての神輿が海岸について並んだ後に、神事が行われる。
それは狂乱していた神輿の担ぎ手達を急に厳かな雰囲気にさせるようだ。
朝の7時ごろ神事が始まる。
早朝の騒々しい世界がようやく静かになるのである。
海岸の国道134号線はすごい渋滞だ。
毎年のことであるが、この朝は決して嫌いではない。


AUTHOR: 花々 DATE: 07/17/2007 16:54:10 茅ヶ崎の氷川神社でも海に神輿が入るのがありませんか?
昔、見に行った記憶がよみがえりました。
夜中に子供も大人もこの時とばかりに大手を振って歩いていたのが印象的でした。
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://adagio629.blog38.fc2.com/tb.php/668-5fcea8c7
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。