FC2ブログ
未分類花・草・木風景画叙情日常での出来事くつろぎビールニュースや新聞から富士山
一日の始まり、終わり、海、山、町、花、中年おやじの見た自然の風景、出来事の日記
2006.12.18 Mon
丹沢の塔ノ岳という山は1500mに少し欠ける山であるが、すこぶる展望のよい山だ。
小生はもう数え切れないほど登っているが、東京から神奈川の展望と富士山と南アルプスの展望に飽きることなく、冬になると登ってしまう。
昨日の天気はどこかへ行ったようだ。
今朝は素晴らしい天気だ。
小生の住む湘南地方にカメラを向ける。
朝5時15分、太陽が出るのは1時間半後のこと。
まだ夜の世界だ。昨夜のオリオンは消えて代わりに三日月が出ていた。
江ノ島や三浦半島もすぐに分かる。
美しい夜景だ。


気温は氷点下4℃、寒くない。
夜明けはまだ先と思い、朝食をとる。
すると次第に空が明るくなってきた。
夜景のような世界を撮影して1時間ほど経過した時、空はもう相当に明るく、夜は分かりにくかった相模湾や相模川の流れが分かる。
そしてすごく見通しがよいようで、江ノ島、三浦半島、さらにその奥に房総半島が見える。ため息の出るような世界だ。



それから20分経過、とうとう雲の上から太陽が出てきた。
まぶしい光が世界を赤く染めた。
これを見るだけでも登る価値あり、という山である。

日の出から20分後、小生たちは下山し始めた。


AUTHOR: REI DATE: 12/28/2006 20:48:55 お久し振りです。 塔ノ岳は本当に展望が良いですね。
冬場の町の灯りは見事です。 今年は雪が殆ど無い様ですし、気温も高いし変な陽気です。 ちょっと雪のある所に行きたいところですが、なかなか時間が取れません。
今年の冬はせめて北八くらいは行きたいのですが。

どうぞ良い年をお迎え下さい。
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://adagio629.blog38.fc2.com/tb.php/546-589725c2
Template by まるぼろらいと