未分類花・草・木風景画叙情日常での出来事くつろぎビールニュースや新聞から富士山
一日の始まり、終わり、海、山、町、花、中年おやじの見た自然の風景、出来事の日記
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.11.12 Sun
今日は上空に雲がなくなることはなかったが、空気が澄んで遠くの景色がよく見えた。
夕方にも少し散歩をしに海岸に行ったのであるが、三浦半島のほうまで見える。
伊豆の大島などくっきりはっきりと見える。
海でこんな透明な空気を味わうのは久々だ。
まずはいつもより近くに見えるえぼし岩、いつもよりも白っぽく明るく見えている。




西の空は朝と同じようにほとんど雲のない快晴の空である。
太陽は箱根の山の南側伊豆半島に落ちる。
箱根の外輪山が黒いシルエットで見えて、強烈な太陽の光とオレンジ色の空が非常に美しい。


そして日没直後は急速に暗くなり寒くなる。
そのタイミングで富士山はようやく雪が被っているあたりが分かりだす。
太陽がまだ沈んでいなかった時は黒くてでかい巨体が見えるだけであったが、この微妙な光の具合で雪が積もっているところが見えるのである。
今日はずっと景色を見ても飽きない一日であった。


AUTHOR: 花々 DATE: 11/12/2006 20:05:35 何も言葉が見つからないほど、美しいですね!
朝日の輝きもとても良いけれど、夕日も負けていませんね。

>この微妙な光の具合で雪が積もっているところが見えるのである~
ホントですね、綺麗に雪化粧している様子がわかります。素晴らしい風景ですね。ウットリと眺めています。
私もずーっと見ていても飽きません。素敵な富士山をありがとうございます。
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://adagio629.blog38.fc2.com/tb.php/530-5ca6b0a0
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。