未分類花・草・木風景画叙情日常での出来事くつろぎビールニュースや新聞から富士山
一日の始まり、終わり、海、山、町、花、中年おやじの見た自然の風景、出来事の日記
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.10.17 Tue
石垣島には石垣市という日本最南の市がある。
人口は4~5万人ほどのようだ。
西表島に比べると明らかににぎやかな街だ。
空港に降り立つといきなり真夏の日差しだ。
タクシーで港まで行くときに運転手さんが教えてくれた場所が一箇所。
「あれが八重山商工です」、なるほど全国区で有名な高校があった。
そんなことでももう楽しくなる。
レンタカーを借りて島巡りをする。
朝早くから海岸に行く。久宇良ビーチ、日没のきれいな海岸と言うが朝海水浴に行く。
海岸に着くとほとんど人がいない。車を止めると、正面にある店のようなところから人が出てきて海水浴なら300円だよと言う。
驚いたのは、駐車代、更衣室使用量、シャワー代を含むと言う。湘南と一桁違う。
海岸に下りるとこの世界だ。


海の透明度がすごい。
こんな海だと体を海水に浸けたくなる。
しかし、こんな海岸にもPETボトルなどが所々捨てられたようにあるのだ。
どうせ都会の人間が来て、不届きな行動をとっているのだろうと思ってみると、PETボトルのラベルが中国の漢字や韓国のハングル文字だったりする。
きっと中国や韓国の海岸で捨てられたものが遠く流れてきてこの美しい八重山の島々に打ち上げられたのだろう。
こう考えると、環境の汚染というのは世界中で取り組まねばならないのだ。


管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://adagio629.blog38.fc2.com/tb.php/514-bf618a82
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。