未分類花・草・木風景画叙情日常での出来事くつろぎビールニュースや新聞から富士山
一日の始まり、終わり、海、山、町、花、中年おやじの見た自然の風景、出来事の日記
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.07.25 Tue
毎日毎日暗い雲の中にいると調子が悪くなってくる。
一体いつになったら梅雨があけ、真夏の青空が出てくるのであろうか。
こんなにも鬱陶しい空が続くと日照不足で植物の生育も悪く、虫たちも元気がないと思われる。
しかし、どこから現れたのか元気に大きく育って不気味にプランターの上を這っているかたつむりを見つけた。
どうでもよいことであるが、カメラを向けてしまった。デジカメがない時代ならかたつむりなど絶対被写体にしなかっただろう。ファインダーを覗くと不気味な軟体動物であることが分かる。からだじゅうが粘液に覆われ、からっとした明るさがない。
確か雌雄同体だったはずで、そのことすら驚きの動物である。
昔からワープすると言われ、見つけたのを自慢するために友達に知らせに行って戻ってきたらもういなくなっていたり、高層マンションの高い階のベランダの植木にいたりすると言われていた。
小生がまだ小学校に入ったか幼稚園だったか忘れたが、ウルトラQという怖い番組があったが、そこにも巨大かたつむり(ナメクジだったかもしれない)が出て眠れなくなったことがある。
改めて見ても不気味だ。
早く梅雨が明けて、じめじめした話も終わりにしたい。


AUTHOR: REI DATE: 07/28/2006 20:14:11 こいつが異常発生して、5mm位のちっこいのからエスカルゴ料理になりそうなのまで(親?)、沢山出現しました。
気持ち悪いです。 早く梅雨が明けてくれないと、今度は何が出てくるが不気味です。
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://adagio629.blog38.fc2.com/tb.php/453-4844cc49
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。