FC2ブログ
未分類花・草・木風景画叙情日常での出来事くつろぎビールニュースや新聞から富士山
一日の始まり、終わり、海、山、町、花、中年おやじの見た自然の風景、出来事の日記
2006.06.10 Sat
昨日寝たのが遅かったので今朝は晴れていたのに目が覚めたら日の出の時刻を少し過ぎていた。
海岸からの日の出の写真には失敗した。そもそも日の出の時刻が早すぎる。
気を取り直して、外に出た。気温といい湿度といいなんとも言えずさわやかだ。と思ったら急に自転車で少し汗を流そうなどと思って、自転車で海岸へ行き、そのまま海岸のサイクリング道を東に向かって走った。

とりあえずいつもの場所から1枚撮影。今日は波が風がないのに波が高い。その波が砕けて水平線はぼんやりとしている。

いい波なのか、サーファーはすごい人数だ。時刻は4時50分、サーファーもがんばっているね。

自転車に乗って東に行く。



最初は当てもなく走っていたが、そのうちに、そうだ、江ノ島に行こうと決めた。

江ノ島まではおよそ9kmほどだろうか。

自転車を走らせながら、海岸のサイクリング道の終点鵠沼まで到着、そこからは国道と平行した幅広の歩道を走る。
茅ヶ崎あたりとは雰囲気が違い、国道沿いにはレストランやゲームセンター、サーフショップなどが林立する。驚いたことに駐車場待ちの車が片側二車線の一車線を埋めている。なんと「熊谷」、「土浦」、「所沢」などのナンバーの車がいっぱい並んでいる。一体何時に出てきたのか熱心なことだ。
そんな車を横目に江ノ島大橋の前まで来る。
ここから江ノ島までの間の足からはきれいな富士山がよく見える。

久々の富士山はずいぶんと雪が減っている。
穏やかな海できれいだ。
時刻は5時35分。



江ノ島大橋を渡り、江ノ島の観光客が歩く遊歩道を少し歩く。

昼間はびっしりと観光客で埋まるお土産屋の狭い通り。
人がほとんどいない。
当然店のシャッターもしまっている。
こんな風景は早朝でないと絶対見られない。

お土産屋を通ってからは階段ばかりとなる。
その最初の階段を上りきったところが江ノ島神社。
誰もいない神社は鳥の声がやかましいほどだ。
この時間だけは自分たちの時間と思っているようだ。



気持ちのよい階段歩きをして、一週回ると汗が背中から流れ落ちる。

再び階段を下って、お土産屋の前を通る。まだまだ人はいない。
通りの真ん中辺りにある江ノ島郵便局。
真っ黒なポストが印象的で、いつもデジカメで撮りたいと思うのであるが、昼間は観光客がしきりに歩いているので撮影できない。
でも今は大丈夫と思うとチャンスとばかりに撮った。

そんなただただ思いつきでの江ノ島散策であった。
江ノ島出発6時40分。

帰宅は7時15分。
体力がない。気持ちよい疲れが残った。


AUTHOR: asc DATE: 06/10/2006 09:17:51 (^^)。。。 おはようございます ^^
おつかれさまでした ^^
早朝の江ノ島散歩。。。 爽やかな空気感が伝わってきます
人が居ないと、まるで違う印象ですね(^^)
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://adagio629.blog38.fc2.com/tb.php/427-60c80e8b
Template by まるぼろらいと