未分類花・草・木風景画叙情日常での出来事くつろぎビールニュースや新聞から富士山
一日の始まり、終わり、海、山、町、花、中年おやじの見た自然の風景、出来事の日記
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.04.29 Sat
いつもの山仲間が残雪を楽しもうなどとお気軽なことを言うし、日帰りだからなどと久々に山をあまく見て軽装で行ったのが間違いだった。
場所は群馬と長野の県境近くの四阿山という山。
「四阿山」と書いて「あずまやさん」と読む。どう転んでも読めない山名だ。
お気軽にスキー場のゴンドラを利用して上に着いたところから雪がないところはなかった。それどころかまだまだたっぷりとある。
ほとんど人の踏み跡もなく道標や標識のリボンなども雪に埋もれてさっぱり分からない。地図を頼りにしばらく歩いていると樹林帯に入り、そこからは雪の中にずぼずぼと足が入り、ひどいところでは腰の近くまで埋もれた。
こりゃだめだ。久々にラッセルだ!!
そう言いながらも直下までたどり着いたがさすがに直前の急斜面を登る自信がない。せめてステップが切ってあればよいがそんなものもない。
ここで皆が断念する気になった。


そう決めるとその後は晴天の雪の中を引き返すわけだが、下り斜面は意外に気持ちがよい。
写真のような場所は大喜びで無邪気に下った。




途中で景色のよい場所で昼食の大休止。
遠くに見える真っ白な山は妙高や火打、その前にそびえる山は戸隠連峰。
雄大な景色に昼食のラーメンがとっても旨かった。





さらに下ってまたまた景色がきれいな場所がある。
コーヒーでも飲もう、と言って休憩。
もう山登りよりも雪まみれになりながら誰も来ない雪の山を楽しんだ。
隣の山、根子岳もまだまだ雪深い、そしてその奥に見える雪の壁は北アルプス。
鹿島槍から白馬までばっちりと見える。
神々しい壁が印象的だった。

ピークハントを断念しながらも楽しめた一日であった。


AUTHOR: halfmoon DATE: 04/30/2006 18:33:30 山登り、お疲れさまでした。
まだ、そんなにたくさん雪が残ってるのですね~。
そう言えば、昔GWに白馬に遊びに行った時、
まだ、たっぷりあったような・・・

急斜面の写真、背景の抜けるような青空が
すばらしいですね!
思考亭
halfmoonさん
雪のあるところにはあるもんですね。しかし、冬の雪ではなく緩んだ雪で歩くことが非常に辛く、少しの距離を歩くだけでずいぶん汗をかきました。
青空と真っ白な雪のまぶしい色の違いが感動的でした。
2006.05.01 Mon 04:46 URL [ Edit ]
思考亭
REIさん
夏は大汗を書きそうな山だと思います。
お花畑も美しいと聞いております。
雪のない花の季節にもう一度行こうと思いました。
2006.05.01 Mon 04:48 URL [ Edit ]
思考亭
はりまんさん
雪がたっぷりです。
雪のないところを歩くことはありませんでした。
スキー場は閉鎖していましたが、間違いなく滑ることができます。
小生は今回日帰りで行きました。ちょっと遠かったです。
2006.05.01 Mon 04:49 URL [ Edit ]
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://adagio629.blog38.fc2.com/tb.php/398-5ac56de8
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。