未分類花・草・木風景画叙情日常での出来事くつろぎビールニュースや新聞から富士山
一日の始まり、終わり、海、山、町、花、中年おやじの見た自然の風景、出来事の日記
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.11.13 Sun
何日か前に小菊がきれいだと書いたのであるが、丹精込めて作られた大輪の菊を見るとやはりこれが菊だと感心してしまう。
この季節、菊花展や菊人形展などは昔から華やかに開かれている。
そんなところに咲いている菊は、間違いなく大輪の菊か、懸崖の菊だ。
数ある花の中でももっとも豪華な花であろう。


小生にはそんな趣味はないが、菊や蘭という花に対しては命を懸けている(少し大げさか)人が多い。
無責任なサラリーマン生活を送っている人で、家に帰ると菊作り一筋、無責任どころか俺が責任を持ってお前たちを立派にし、世に送り出してやると思い全身全霊菊にささげている人もいるはずだ。
だからこんなにすごい花ができるのかな。

何となく曲がった見方をしてしまった。


AUTHOR: halfmoon DATE: 11/14/2005 11:44:51 今年の夏、TVで、日本一背の高いヒマワリを育ててる
老夫婦が出てましたが、なんと15年だっけ、
毎年、一番大きく育った物から種を取り、
続けてこられたそうですが、ほんと気の遠くなるような
話ですよね。
植物を育てるって、頑張ったからと言って、
今日・明日で結果が出ないだけに
奥も深く、たゆまぬ情熱がいるのでしょうね。
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://adagio629.blog38.fc2.com/tb.php/291-6a0cc5a4
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。