未分類花・草・木風景画叙情日常での出来事くつろぎビールニュースや新聞から富士山
一日の始まり、終わり、海、山、町、花、中年おやじの見た自然の風景、出来事の日記
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.06.18 Sat
小生の息子が小学校ではアサガオを、自宅ではヒマワリを育てている。
このヒマワリ、小さな植木鉢に種まきをしてから芽を出し、大きくなってきたが、息子に言わせると植え替えなどしないという。そうだとするとアサガオよりもずっと小さな鉢でヒマワリが育つことになる。
おまけに外にも出さずに室内で育てているのである。
ヒマワリはさんさんと降り注ぐ太陽の光を浴びてこそヒマワリだ。そのような今までの小生の感覚からはまったく違う。
果たしてヒマワリが本当に咲くのであろうか。と思っていたら、今日咲いた。
高さわずか20cmほどで、花の大きさは直径10cmもない。でもヒマワリだ。
最近の技術はここまでヒマワリを変えてしまうことができるのか。
驚くが、部屋の中で育ったヒマワリもかわいいものだ。


AUTHOR: halfmoon DATE: 06/18/2005 23:09:04 最近のバイオテクノロジーは、ほんと感心するばかりですね。
特に植物の改良は、凄いと思います。
園芸店に行くと、聞いたこともない花の方が多いくらいですもんね。
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://adagio629.blog38.fc2.com/tb.php/166-8e533421
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。