未分類花・草・木風景画叙情日常での出来事くつろぎビールニュースや新聞から富士山
一日の始まり、終わり、海、山、町、花、中年おやじの見た自然の風景、出来事の日記
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.09.17 Sat
今月に入ってすっかりと日の出が遅くなってきたと実感しています。
小生の勤務先がサマータイムに入ったのが7月の最初ですから約2.5カ月ほど前、その頃は4時半過ぎに日の出だったと思います。
それがこの頃は5時半、つまり一時間も遅くなったのです。
そんな9月に入って、日の出前の東の空はいつも地平線近くに黒い雲が横たわっているのです。

しかし、その雲のおかげで赤く輝くレンブラント光線をすでに3回も見ています。

昨日の深夜に音を立てたかなり激しい雨が降っていましたが、今朝はそれも上がり、空が明るかったので海に行きました。やはり雲が横たわり日の出を邪魔していたのですが、そのおかげで天に向かってレンブラント光線が輝く時間がありました。
20110917-2.jpg
太陽が出なくても美しい世界になります。

そして振り返ってみると、一昨日の9月15日の5時過ぎにはもっときれいな赤い光を見ていました。
小生宅から外に出てすぐのところからです。
20110917-3.jpg
昼間や夕方の場合レンブラント光線は上空から地上に向かってレースのカーテンの様に見えるのですが、日の出前は地上から天に向かって赤い光線となるのでより美しく思われます。

そしてさらに一週間前、9月8日の日の出前にも赤いレンブラント光線を見ていました。
20110917-4.jpg

9月の光線、美しいですね。
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://adagio629.blog38.fc2.com/tb.php/1298-aeb2f65c
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。