未分類花・草・木風景画叙情日常での出来事くつろぎビールニュースや新聞から富士山
一日の始まり、終わり、海、山、町、花、中年おやじの見た自然の風景、出来事の日記
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.07.26 Tue
仙丈ケ岳の山行、レンズのトラブルでいい風景を撮ることができなかったのでせめて花を。

山を登っているときに疲れるのがひたすら景色のない樹林帯を登っている時です。
稜線に出てしまえば、大パノラマがあるし、美しい花々をあちこちに見ることができるので疲れは引いていきます。小生はやはり樹林帯を登っている時が疲れるのです。
でも、この樹林帯にも足元を見ると、小さな花がひっそりと咲いているのです。
疲れてザックを下し、休憩しながら足元に咲いている小さな花を撮りました。

まずはおなじみのゴゼンタチバナです。
20110726-1.jpg
これはどこの山に行ってもみられるし、花が終わっても真っ赤な実と紅葉が見られるので秋も楽しめます。その上、かなりの標高の違いがあっても見られるので、樹林帯を登っている間中お目にかかれるのです。

それに比べると、花が少し緑っぽいので見逃してしまう花もあります。
イチヨウランです。
行った時期がよかったのか、南アルプスだからなのか、今回は結構見ることができました。
20110726-2.jpg
小さな花ですが確かにランです。
根元に一枚だけ葉っぱがあるので、すぐに分かります。一枚の葉っぱだから「一葉蘭」というわけです。

そしてこれもどこでも見られて、花が白いので樹林帯でも目立つのが、マイヅルソウです。
この花もすごく小さいのですが近寄ってみると面白い形をしていて、カメラを向けてしまうのです。
20110726-4.jpg
小生がカメラを取り出している時に今流行りの山ガールと思われる3人組の一人が踏みつけそうになって、思わず「あっ!」と声をあげてしまいました。するとその声に反応したようで、振り向いたその時に足は花から離れました。ホッとしてその危うく難を逃れた花が写真の花です。
樹林帯も疲れるだけではだめですね。
花を見て一息つきましょう。
nitta245
みんなかわいい花たちですね。
なんだかほほえましく,見ているだけで顔がほころんできます。イチヨウランにお目にかかりたいものです。
2011.07.27 Wed 20:34 URL [ Edit ]
クレソン坊や
nitta245さん

森の中にもきれいな花はあるわけで、下を見て歩いた方がいいかもしれませんね。
イチヨウランは、花が少し緑っぽいのでなかなかすぐには分からないのですが、見つかるとその周辺にそこそこありました。
見つかるとうれしい花です。

2011.07.29 Fri 21:25 URL [ Edit ]
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://adagio629.blog38.fc2.com/tb.php/1290-8d9c9707
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。