未分類花・草・木風景画叙情日常での出来事くつろぎビールニュースや新聞から富士山
一日の始まり、終わり、海、山、町、花、中年おやじの見た自然の風景、出来事の日記
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.07.02 Sat
気温と湿度が高い曇り空、今日はそんな天気です。
昨日から早いもので7月に突入しました。
今日は小生の住む町の海水浴場では海開きが行われます。
雨が降っていないからそこそこの人が集まるかもしれません。
そして今日7月2日は暦では半夏生です。
夏至から数えて11日目が半夏生と言われているようです。なぜ11日目が暦で重要なのか小生は知りません。
いや、これは昔の話。
今は天球の黄経100度の点を太陽が通る時を半夏生というのです。
でも、天球の黄経で0度が春分点、90度が夏至点さらに180度で秋分点と考えると120度あたりに意味があっても100度にどんな意味があるのでしょうか。
球体を経度として刻むと0度から360度まで刻むことができるのですが、どうしても0度、30度、45度、60度、90度と言うように15度刻みで意味がありそうに思ってしまうのです。
100度とはどういう意味があるのでしょう。
でも昔はこの日が農作業などの大きな節目だったということです。
この日から後には田植えをしてはいけなかったようです。
まあ、今はただの知識として覚えておくだけのことでしょうか。


IMG_0603.jpg

写真の花は何でしょうか。
答えは「ハンゲショウ」もちろん漢字で書くと「半夏生」です。
半夏生のころに花が咲くからこういう名前になったそうです。
でも実は6月25日に撮った写真です。
特に美しい花が咲くわけでもないのですが、意外に印象的です。
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://adagio629.blog38.fc2.com/tb.php/1281-7e55b361
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。