未分類花・草・木風景画叙情日常での出来事くつろぎビールニュースや新聞から富士山
一日の始まり、終わり、海、山、町、花、中年おやじの見た自然の風景、出来事の日記
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.01.11 Mon
今日は曇り空で寒い一日でした。
朝の散歩以外はほとんど外に出ることもせず、家でだらだらと怠惰に過ごしてしまいました。
そんな中で、急に思い出して冷蔵庫で冷やしてあったビール(実は発泡酒)を飲みました。
このビール、昨年末に突然小生宅に小生の義母が訪れた時にもらったもの。
なんでも江ノ島に行った帰りに寄ったということで小生へのお土産として持ってきてくれたものです。
へえ、こんなの飲んだことないです、と言って正月にでも飲もうと思い忘れていたものです。
ラベルを見ると「とびっちょ」の文字、あのいつも混んでいる江ノ島の店が出しているのかと思いきや製造しているのは新潟と書かれています。
なにやら怪しげな不思議な飲み物だなあと思っていました。それを思い出し飲んだのです。
20100111-4.jpg
まず最初は「塩」と書かれているもの。説明では江ノ島で作られた塩が入った塩のビールということ。グラスに注ぐと、なにやら酵母のような溶けないものが浮き沈みして、ビールは少し濁っています。
飲むと、何となくしょっぱい味わいがあります。でもビールとは違う。ほとんど一気に飲んで、感想はわざわざ買いに行くことはないだろうなあ、というものでした。
お次は「しらす」と書かれたもの。グラスに注ぐと、これは黒ビールであると言うことが分かりました。
一口飲んで少し経つと、これはひょっとして、ラベルを見返すとやはりと合点。アルコール8%、少々強い。でもこれは好きな人は好きだろうという味、でもしらすは分からなかった。これもやはりリピートはしないでしょうね。
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://adagio629.blog38.fc2.com/tb.php/1078-cc8c80dd
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。