未分類花・草・木風景画叙情日常での出来事くつろぎビールニュースや新聞から富士山
一日の始まり、終わり、海、山、町、花、中年おやじの見た自然の風景、出来事の日記
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.05.31 Sat
まだ5月というのに昨日は夏のような暑さでした。
小生はもう半袖のシャツで過ごしています。
今朝は昨日の厚さを引きずっていました。
そのためか海水が蒸発しているようで海岸は霞んでいました。
いつもははっきり見える江の島でさえ全く見えないのです。
そんな中から太陽が出てきました。
20140531-1.jpg

人も少なく霞んだ海、まあ幻想的な感じもします。
20140531-2.jpg

こんな海も悪くないですね。
20140531-3.jpg
スポンサーサイト
2014.05.25 Sun
新緑の頃の丹沢の檜洞丸近辺は富士山が見えると美しい。
24日の土曜日も素晴らしい富士山が見られました。
まずは山頂に向かって登っている途中で。
20140526-1.jpg
ブナの新緑と足元のバイケイソウがいい雰囲気です。

次がシロヤシオが満開だったら素晴らしいなと思われる場所です。
残念なことにまだ蕾。
これが咲いた時のことを想像してしまいます。素晴らしい景色になりそうですね。
20140526-2.jpg
そして次がバイケイソウの群生地から見た富士山です。
20140526-3.jpg
バイケイソウという植物も葉っぱだけでも随分と景色を作ってくれます。
左右に広がっているバイケイソウの中を歩くのも楽しいものです。

20140526-4.jpg
今年は南アルプスがよく見えました。
富士山の右奥に広がる白い山並みは南アルプスの3000m峰。
こんな世界を歩くのですからやはり毎年恒例になるのです。
富士山好きの小生にとってはいい週末でした。
2014.05.24 Sat
今年も西丹沢の檜洞丸に登りました。
もう20年以上ものことですが、毎年5月第三週に登るか第四週に登るかが悩みどころ。
昨年は5月が暑くて第三週で大丈夫と思って登ったらピークが去っていました。
今年はどちらかというと気温が低い日が多かったように思ったので少し早いかなと思いながらも第三週を選んで行ったのですが、やはり早かった。
そうは言ってもあちこちで咲いていたのですが。
20140524-1.jpg

ピークの時期を選ぶのも悩みどころなのですが、そもそも花の当たり年かどうかも影響が大きいのです。
このところでは震災のあった2011年は最も美しく何度も美しさにため息をもらしました。
2012年は不作、がっかりの年でした。
2013年は言ったのが少し遅かったので本当のところはわからないのですが、11年には及ばないと思われました。
だから今年は当たり年だと思ったのです。でも早かった。
20140524-2.jpg
この白いツツジ、ツツジの仲間ではもっともでかい木ではないかと思われます。
そしてその巨木が真っ白になるのですから見応えはあるのです。
檜洞丸という山はこのシロヤシオの山なのです。
20140524-3.jpg
ピークよりも早く行ってしまった。
これがまたまた来年行く動機になりますね。
20140524-4.jpg
2014.05.19 Mon
海岸にもいろいろな植物が育っているのですが、あちこちに群落で咲く花は、その年に咲きだすと季節を感じる花が多いのです。
ハマヒルガオもまさにそんな海の花です。
20140518-4.jpg
急速に大きくなって蕾を持っているなと思っていたら、もう一面で咲き始めました。
モノトーンの砂浜にはこのピンク色の花が彩を与え、元気に咲きだすと夏を感じるのです。
20140518-5.jpg
ハマヒルガオガ見えなくなってくると梅雨に入り、蒸し暑い雨の季節となります。
真夏はハマユウが主役。
しかし、夏の始まりはハマヒルガオなのです。
20140518-6.jpg
2014.05.18 Sun
今朝は昨日よりも少し雲が多め。
と言っても薄い雲がところどころある程度で、一日中晴天であろうと想像できました。
昨日よりもずっと遠景もよく見え、房総半島や伊豆半島、伊豆大島などもきれいに見えました。
そんな荒天の中眩しい太陽が出てきました。
姿を現して時からすでに眩しく、見ることができないほどでした。
20140518-1.jpg
そして反対方向には富士山がくっきり。
昨日よりもはるかによく見えました。
20140518-2.jpg
少し緩んだ感じの雪に覆われた上部は非常にきれいでした。
ただ、昨日のニュースでも滑落した人がいるようですし、雪崩もあちこちで起こっているのでしょう。
遠くで初夏の暖かな風を受けながらのんびりと見るのがいいでしょうね。
20140518-3.jpg
2014.05.17 Sat
今朝の日の出の頃の気温は16℃~17℃程度。
天気は快晴。
いやあ、一年で最もいい季節になってきました。
日の出は眩しく、見事なオレンジ色の太陽です。
20140517-1.jpg
そして今朝は素晴らしい富士山が見えました。
新緑の頃の富士山、これは先頭に描かれている富士山。
たぶんに日本人の大好きな富士山なのです。
20140517-2.jpg
これでもう少し波でもあれば浮世絵のような富士山になるのでしょうか。
梅雨に入る前の晴れ間は大好きなのです。
20140517-3.jpg

2014.05.11 Sun
今日は一日中雲がほとんどない快晴の一日でした。
小生も夜明け前に海岸に散歩に出るともの東の空がオレンジ色から深い青色のグラデーションをしていて何となくわくわくしました。
20140511-1.jpg
そして日の出。
オレンジ色の太陽が昨日とは違って出てくるなり眩しい光を放ちました。
きれいな日の出です。
今朝は波がほとんどなく、サーファーは全くいませんでした。
波が小さいと打ち寄せる音も小さく静かな海です。
この時間帯は大好きです。
寒くも暑くもないこの季節の日の出の頃、こういう景色は飽きることなく見続けられます。
20140511-2.jpg
太陽とは反対の方向を見ると、このところぼんやりとしか見えbなかった富士山がけっこぅはっきりと見えました。
久々の感じです。
20140511-3.jpg
富士山も春の装いです。
雪のかぶり方が程よくなってきました。
20140511-4.jpg
真冬のように全体が真っ白になるのもいいのですが、この季節の姿もよい。
ただ、よく見える日が少ないのが残念です。
そういう意味では今日はよかった。
2014.05.10 Sat
一年で一番素晴らしい時期ですね。 と小生は思ってしまいます。
今朝の海岸での日の出は大変美しいものでした。
きれいなオレンジ色の太陽とその光が海を赤く染める。
いい感じでした。
20140510-1.jpg

今朝は太陽が顔を見せたのが4時50分ごろです。
少し辛いのはこの時間に海に散歩しに行くために、4時半過ぎに家を出るということです。
当然起きるのが4時ごろになります。
目覚めるのですが、少し布団の中で葛藤があります。起きるべきか、もう少し寝てようか。
結局起きて家を出るのです。
でも今朝の海を見ながらオレンジ色の太陽が出てくると、起きてよかったと思うのです。
20140510-2.jpg
そしてこの時間帯はさすがにあまり人はいないので、海を独占したような感じにもなれるのでうれしいのです。
今朝はこの海には二人のサーファーと犬の散歩をしている御老人二人と小生、つまり広い海岸で5人しか見えないのです。
素晴らしいではありませんか。
20140510-3.jpg
2014.05.05 Mon
今年のゴールデンウィークは、旅行も行かず、山にも登らず、家にいる時間が多い週でした。
だから話題もあまりありません。
まあ、こんな年があってもよいのですが、少し残念。


そんな中で近所を少し散歩してみると、この季節はやはり花がいっぱい咲いているのです。
いろいろなをこっそりとカメラで撮りながら歩いて、家でその写真を見ていたらマメ科の花はどれもそっくりということに改めて気づきました。
当たり前なのですが。

20140505-1.jpg
ハマエンドウ、今海岸ではいっぱい咲いている盛りの花です。
そしてから離れて畑が広がっているところに行けば、レンゲソウが咲いていました。
レンゲソウは群れていると美しいですね。そして春を感じますね。
近寄ってみるとハマエンドウとよく似たような花がぐるりと円形に囲むようになって一つの花に見えます。
20140505-3.jpg
そして人家の庭に咲いていたフジの花。
小さな藤棚が作られ、そこから垂れ下がっています。
よく見るとハマエンドウとそっくりな花がいっぱい房となって垂れ下がっています。
20140505-2.jpg

どれも生育場所も違うし、花の咲き方も違う。
でも小さな花の一つ一つはそっくりな形なのです。改めて面白いと思いました。
花が終わるとさやができて中に豆が入っている。これも同じなんですね。
2014.05.03 Sat
連休後半になりました。
週の半ばは天気が悪くて雨が降っていましたが、すっかりとよくなって快晴です。
気温も高く、25℃近くまで行きそうな気配です。

そんな心地よい天気であったので、朝の海の散歩も汗が出てくるようになりました。
今朝の海は快晴にもかかわらず、霞んで遠景が全く見えませんでした。
かなり視界が効かない日でも江の島は見えるものなんですが、今朝は全く見えません。
江の島が見えないということがむしろ一年で数度のことのように思います。
20140503-1.jpg
遠くが見えない海というのは非常に単調であることに気づきました。
面白くないのです。
せめて雲が見えるとまだ美しく思うのですが。
やはり遠くが見え、船が見えるのがいいのです。
単調な海では大きなオレンジ色の太陽が出てきても感動が薄いように思いました。
20140503-2.jpg
空と雲と遠くの景色と太陽などいろいろなものが重なって初めて感動するということが分かりました。
20140503-3.jpg
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。