FC2ブログ
未分類花・草・木風景画叙情日常での出来事くつろぎビールニュースや新聞から富士山
一日の始まり、終わり、海、山、町、花、中年おやじの見た自然の風景、出来事の日記
2014.02.16 Sun
先週記録的な大雪と言ってました。
その雪が溶けてもなかなか晴天にならない週でした。
そして再び週末。金曜日は帰宅時の電車が遅れ始め、外は細かい雪がしきりに降っていたのです。
そして風も強くなり激しい雪となりました。
土曜の朝は金曜日の夜よりも激しく雪が降っているのです。
そんなわけで土曜日は一歩も家から出ることはありませんでした。
今朝は空を見ると東の空はきれいなオレンジ色になってよく晴れているのです。
さっそく海岸に散歩と思い、家から出たのですが、雪が残り、路面は凍結しており何回も滑りながら海岸に到着したのです。海岸まで20分近くも歩いてしまいました。汗もずいぶんかきました。
海岸では砂浜が真っ白。
この砂浜を歩くとズボズボと足が雪に埋まるのです。膝下まで埋まる場所もあるのです。
当たり前なのかもしれませんが、砂浜は誰も圧雪することなくふかふかの雪がどんどんと積もっているだけなのです。
そんな歩くことも厳しい海岸は、それでも日の出前の美しさがありました。
20140216-1.jpg
余りにも歩きにくいので、まだ歩けるだろうと思って漁港へ行ってみたのですが、関係ありませんでした。
しかし結局気づいたら太陽が出ていたので、漁港から日の出を迎えたというわけです。
20140216-2.jpg
今朝は久々に見事に晴れてくれたので富士山も見えていました。
ただ、雲がまとわりつき、くっきりとした姿ではありませんでした。
山頂もかなりブリザードとなっていた感じです。
箱根の山は思ったより白くありませんでした。道路は完全に滑り止めが必要なはずなのに意外に白くない。
20140216-3.jpg
雪はもううんざりです。
東北や北海道の方には笑われるとは思いますが、今年は今まで経験のないほどの雪が降り疲れました。
これで冬は終わって春に進んでほしいと思うのです。
スポンサーサイト



Template by まるぼろらいと