FC2ブログ
未分類花・草・木風景画叙情日常での出来事くつろぎビールニュースや新聞から富士山
一日の始まり、終わり、海、山、町、花、中年おやじの見た自然の風景、出来事の日記
2013.12.07 Sat
今週はずっと晴天が続きました。
朝は寒くて、通勤時間帯は体を思わず丸めてしまいそうな冷たさ。
昼間はぽかぽか陽気。しかも風がなく穏やか。
こういう日を小春日和というのでしょう。そうだとすると今週は小春日和週と言ってよろしいでしょう。
今日も同じような天気でした。

今朝の海岸もあまり風がなくて穏やかでした。
当然波もそれほど大きくなかったのですが、日の出直前のころからサーファーが続々と集まってきました。

そして気持ちの良い日の出の時にはかなりのサーファーが海に浮かんでいました。
20131207-1.jpg

反対の方向を見ると、今日は富士山がいまひとつはっきりとしません。
春にはこのような富士山をよく見るのですが。
この春のような富士山を小春富士とでも言いましょうか(笑)。
20131207-2.jpg
何となく温かみを感じるのです。

しばらく富士山を見ていると太陽はかなり上に昇ってきました。
そうすると、太陽の光線が放射状に広がっていい伸びていくのです。
レンブラント光線というものでしょうか。
結構サーファーも空を眺めていました。
20131207-3.jpg
湘南はもう一週間以上快晴が続いています。
そして、同じように乾燥注意報が出っ放し。
これで気温が下がったらインフルエンザが流行りそうです。
注意しましょう。
2013.12.01 Sun
はや12月に突入しました。
相変わらずこの時期になると一年は本当に早いと思ってしまいます。
昨日、つまり11月の最後の日と今日、12月の最初の日は、ほとんど同じような天気でした。
快晴の空で、朝は寒く、昼は太陽の日差しがいっぱいで暖か。
一日の気温差が10℃にもなったのです。

今朝もよく晴れていたので海岸に散歩に出かけました。
まだ太陽が昇る前から富士山はくっきりと見えていて、今日も一日中見えると確信しました。
20131201-1.jpg

それから15分ほどして、日の出直前の時刻。
昨日は富士山が見事にピンク色に染まり、非常に美しい姿を見せてくれました。
ところが、あれれ、今日はどうしたことでしょうか。
まったくピンク色にならないのです。
快晴の空なのに。
20131201-2.jpg

さらに地上での日の出の時刻から5分以上経過。
あれれ、なんで富士山に太陽の光が射し込まないのだろうか。
なぜ?
20131201-3.jpg

快晴の空、気温もほとんど同じ。
でも昨日と全然違います。
なんでこうなるのでしょうね。

分からないけれど、一度たりとも同じ景色にならないから飽きることがないのでしょうね。
Template by まるぼろらいと