未分類花・草・木風景画叙情日常での出来事くつろぎビールニュースや新聞から富士山
一日の始まり、終わり、海、山、町、花、中年おやじの見た自然の風景、出来事の日記
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.05.25 Sat
5月の最後の週末か6月の最初の週末か20年以上も毎年悩むのです。
何を悩むかというと、西丹沢の檜洞丸に登る日をどちらにするかということで悩むのです。
檜洞丸はブナの木とバイケイソウの群落ともう一つ最大のお目当てはシロヤシオなのです。
今年は5月の最終週末では少し早い気がしたのですが、行ってしまいました。
2011年、シロヤシオは大当たりでした。ため息が出るほど咲き乱れ、登山道がシロヤシオのトンネルになりました。
2012年、不作。
そして2013年はというと11年と12年の中間くらい。そしてやや早めという感じでした。
20130525-1.jpg
この白いツツジはツツジの仲間では最も大きくなるツツジらしいのです。すぐ見て分かる特徴があります。五枚の葉っぱが上を向いて開き、葉っぱの先端が赤く縁どられることです。
五枚の葉っぱがあるから五葉躑躅(ゴヨウツツジ)とも呼ばれるそうです。
20130525-2.jpg
でっかい気にいっぱい真っ白な花が咲くのは圧巻です。
20130525-3.jpg
この花を見てものすごく満足感を得るのが毎年のようにこの山に詣でる理由なのです。
今回ラッキーだったのは天気予報が外れたこと。
昨日の予報では午前中は曇り、気温もあまり上がらずということでしたが、実際は快晴、富士山もばっちりと見えました。
20130525-4.jpg
今日は雲が下の方に漂っていたためちょっとした雲海になり、富士山が非常に幻想的でした。
20130525-5.jpg

これも大満足。
やっぱりやめられない。
来年も間違いなく行くことでしょう。
スポンサーサイト
2013.05.20 Mon
昨日、日の出を見に海岸散歩に行ったときにハマヒルガオがあちこちで咲き始めようとしていたのを見つけました。
その時はまだ早朝ということもあってまだこれから花が開こうという感じでした。
そんなわけで花が開くだろうと思われる昼前に再び海岸に行きました。
すると予想通り花がきれいに開いていました。
ただの砂地にいっぱい咲いています。
ハマヒルガオ
赤やピンクなどの色が少ない海岸では目立ちます。
ハマヒルガオが咲くとそろそろ夏が始まるのだという感覚になります。
ハマヒルガオ2
山では花を見ることも多く、そういう目で歩くのですが、海岸では植物を見ながら歩くというようなことを滅多にしないのでこのように花を見ながら歩いていると、ハマヒルガオ以外にも元気な植物が意外にあるのです。

ハマボウフウ、これは広範囲に咲いていたわけではないのですが、少し歩いていると塊で何十株と咲いている場所を発見しました。
ハマボウフウ
よく通る場所なんですが全く気づきませんでした。

ハマボウフウとは違い、どこら銃で咲いているのがハマダイコン。
これは最も早く咲き出し、先月から咲いているのは知っていました。
でも特に興味を示すこともなくちらっと見ながら通り過ぎていました。
今日は意外にこの植物にもカメラを向けてみようという気になりました。
ハマダイコン

まあ、それ以外にももう花期が終わりかけのハマエンドウなどもありました。
ハマゴウはこれからで、まだ咲いていませんでした。
今海岸は花の季節を迎えようとしています。
2013.05.19 Sun
天気は徐々に下り坂のようです。
昨日はほとんど風がない海岸でしたが、今朝は風がずいぶんと吹いていました。
これは気圧の変化によるものだと思うのです。
けれども今朝は昨日と違って複雑で変化にとんだ薄い雲が混ざり合って、日の出前から空
の色とその色が反射した海の色が大変きれいでした。
20130519-1.jpg
風があると波が少しざわめき大きくなる。
するとサーファーが出てくる。これが小生の住む町の海岸のいつもの景色です。
日の出は4時40分過ぎでした。
ずいぶんと町の方向に移動した太陽が現れ、光を放ちました。
20130519-2.jpg
波打ち際が光を反射してきれいな光景です。
今日はこの時間が美しいのかもしれません。
午後は曇り空ということです。
20130519-3.jpg
2013.05.18 Sat
久々に海に行ったような気がします。
でも振り返ったら5月6日以来ですからおよそ2週間ほど行ってなかったにすぎません。
日の出を見ようと思って行ったのですが、今朝は全く冴えない天気でした。
上を見上げれば晴れているのに、東側の空は雲が広がっていたのです。
20130518-1.jpg

海の色もどんよりとして気持ちを塞いでしまいそうな色でした。
それでも5時前の海岸は全く人が見えず、自分だけがいるのです。
何というか独り占めをしている気持ち良さでしょうか。
こんな天気でも、ここ良い散歩でした。
20130518-2.jpg
2013.05.11 Sat
先週、尾瀬の至仏山から鳩待峠に下山しているときのことでした。
ふと見ると虹が出ていることに気づきました。
どんどんと変化しているので、意味もなくただ虹に向かってシャッターを押しました。
それがこの写真。
20130511-1.jpg
まあ、何も面白くない写真ですね。
ところがその後、仲間が真上を見上げて「あれは何だ」と叫ぶように言ったのです。
小生もつられる様に真上を見上げました。
すると「あっ、何だこれは。すごいぞ!」
あわてて真上に向かってシャッターを押しました。
それが次の写真。
20130511-2.jpg
真ん中が太陽で、その周りに輪っかが出来ています。
虹のようにも思えるけれど、違うようにも思えるのです。
小生も仲間もその時点でこの現象が何か知りませんでした。
・・・、それで小生の虹と思ったのはどうもただの虹ではなく輪っかの外側にあるもう一つの輪っかにも見えてきたのです。
20130511-3.jpg
とにかく大興奮して皆しばらく見入ったのでした。
その後帰宅してさっそく調べたところ「日暈(ひがさ)」という大気現象であることが分かったのです。
雲を作っている氷晶がプリズムとなって太陽の光が抜けるときに屈折してできる現象のようです。
内側の輪っかを内暈(ないうん)、外側の輪っかを外暈(がいうん)というらしく。珍しい現象のようです。
晴天の尾瀬を楽しみ下山途中にもう一つのプレゼントをもらうことができ大変満足したのでした。
2013.05.07 Tue
尾瀬ヶ原の真っ白な湿原を歩いた後は至仏山へ登りました。
毎年のことですが、至仏山はゴールデンウィーク後から6月30日まで登山ができません。
したがって登山ができるぎりぎりの時期だったともいえるのです。
まだたっぷりと雪が残っているのでどこでも自由に歩けるのでショートカットしての直登のようなもの、結構早く山頂に到着しました。
山頂には既に鳩待峠から登って来た人が多くいました。
振り返ると尾瀬ヶ原が一望できその先に燧ケ岳が見える絶景です。
20130507-1.jpg
偶然でしょうか。雲も徐々に抜け、風もほとんど吹かなくなったので、小生たちはコーヒーを淹れて、クロワッサンなどを食べながら絶景を楽しんだのです。
20130507-2.jpg
上越国境の山はまだまだものすごい雪で真っ白です。
写真ど真ん中奥の山が巻機山と思いますが真っ白ですね。
20130507-3.jpg
そして西を向くと谷川連峰、とならたま湖が見えます。
少し南に向くと、日光の山並みが見えます。
20130507-4.jpg
至仏山、展望の山でもあるのですね。
素晴らしい世界を堪能しました。
2013.05.06 Mon
桜の花も散ってしまった頃、山友達から「ゴールデンウィークはどこかへ登る?」と連絡してきました。
「また丹沢で夜景でも見ながら飲もうか」と言ったら、「久々に尾瀬でも行って雪遊びでもしないか」と言うのです。
あっさりと賛成したものの「小屋の予約できるの?」と言ったら調べてみるとの回答。
翌日、再び連絡がありました。
予約OK。
それならばというわけで、3日と4日は3年ぶりに尾瀬に行ってきたのです。
鳩待峠に到着するとすぐに雪景色。さっそくスパッツを着けてアイゼンを装着して尾瀬ヶ原に下って行ったのです。
尾瀬ヶ原に到着すると白一色の雪原が広がっているではないですか。
小屋で荷物をおろし、今度はスノーシューに履き替えて、大喜びで雪原を歩いたのでした。
20130506-4.jpg
よく晴れていて燧ケ岳がばっちりと見える世界です。
そして花の時期には決して踏み込めない湿原を自在に歩ける楽しさ。
最高ですね。
翌日は4時半ごろから再び雪原へ。
驚くほど寒かったのですが、景色が美しく、寒さも飛んでいきました。
太陽の光が届いた至仏山は幻想的です。
20130506-5.jpg
そして日の出、ようやく雲から出た太陽の光で一気に雪原が明るくなり、キラキラ輝くのでした。
20130506-6.jpg
この急な明るさの変化は海よりもすごい。海よりもまぶしい。
何度も歓声をあげました。
しかし、再び太陽は雲の中に隠れたために、小生たちは小屋に戻り朝食をとったのです。
20130506-7.jpg
そしてその後はすぐに至仏山へ登って行ったのです。
2013.05.06 Mon
4連休も最後の一日となってしまいました。
休みはすぐに終わってしまうものですね。
今朝も小生は海岸散歩に行ってきました。
日の出が早くなってきたことで海岸にいる人は少なくなってきているように思います。
ただ、一晩中遊んでいたような若者の集団が花火などを上げてバカ騒ぎし始めるのもこれからの季節です。
しかし、今朝はまだそんな迷惑な若者はいませんでした。


今朝は雲がほとんどなく快晴でした。
そこから登ってきた太陽は真っ赤で随分と大きく見えました。
20130506-1.jpg
それから3分後、太陽は赤く薄い皮がむけてくるように黄色くなってきます。
この変化が意外に美しいのです。
20130506-2.jpg

そしてさらに2分後、太陽は眩しく白っぽくなってきます。
そろそろ裸眼で見ていることが出来なくなるのです。
今朝は太陽が姿を見せて5分間で自身の色が大きく変わってくるのを見ることが出来ました。
20130506-3.jpg

連休の最後、楽しく過ごしたいですね。
2013.05.05 Sun
今朝の小生は筋肉痛で体が重いのです。
というのも、3日と4日は尾瀬で遊んでいたのでそれが祟ったらしいのです。
特に腕の付け根と胸の筋肉が痛い。
久々にストックを使っていたからなのでしょう。
おまけに日焼けして顔がほてっている。情けないことです。
そんなわけで朝の海岸散歩も何となく重かったのです。

こどもの日の今朝は風のない静かな朝でした。
太陽が随分と町の方向に移ってきました。
20130505-1.jpg
赤い太陽が美しい。
そして波の音も心地よい物でした。
20130505-2.jpg
ゴールデンウィーク後半は天気に恵まれ、気持ちよく過ごせそうです。
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。