未分類花・草・木風景画叙情日常での出来事くつろぎビールニュースや新聞から富士山
一日の始まり、終わり、海、山、町、花、中年おやじの見た自然の風景、出来事の日記
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.12.31 Mon
今年最後の日となりました。
いつもの年と違って随分寒い12月でしたが、どういう訳か最後の日は気温が高く、寒さを感じない気温で始まりました。
大晦日が曇り空なんて珍しいことです。いつも乾燥した晴れの天気ですから。
そして風はそんなにないのに海は荒れて波がゴーゴー音を立てているのです。
今朝は小生宅でも波の音が聞こえてきたので海に行くのはやめよかなとも思ったのですが、今年最後の日だし海に行ってみようと思ったのです。
やはりすごい波の音でした。
20121231-1.jpg
グレーの雲が広がり、海もグレー、不気味です。
しかし、やはりサーファーはどんどんやってきては海に入っています。
こんな海が彼らにはお好みなんでしょうね。
20121231-2.jpg

東の空は日の出の時刻を過ぎても太陽が出てくる気配がありません。
南の方は、すこし赤味の差した空です。
小生の住む町のシンボル烏帽子岩とその後ろに重なるように見える伊豆大島。
しっかりと見えていました。
20121231-3.jpg
今日は徐々に天気が回復するそうですから、波も静まり、青空が出てくると元旦の初日の出はばっちり見られそうですね。

良いお年をお迎えください。
スポンサーサイト
2012.12.24 Mon
三連休の最終日、ようやくすっきりと晴れた空になりました。
今年はいつもの冬と違ってどうも雲が広がって青空が少ないように思います。
そして、寒い北風が吹いてきます。
でも、今日は違いました。
日の出前から富士山と箱根の山々ははっきりと目の前に姿を見せてくれました。
まだあたりが暗く、照明が点灯しているような時間帯は富士山がずいぶん冷たそうに見えます。
20121224-1.jpg

しかし、徐々に空はピンク色になり、明るさがどんどんと増します。
そして、富士山に太陽の光が差し込んだとき、ようやく暖かさを感じるようになります。
もちろん山頂は極寒の世界でしょう。
下界はまだ太陽を見ることができません。
20121224-2.jpg

さらにしばらく待つと下界に太陽が昇って来ます。
こうなると周りは急に明るくなり、そして富士山の全体に光は届きます。
20121224-3.jpg

このわずか15分~20分程度に起こる変化が小生は大好きです。
楽しいクリスマスイブになりそうです。
2012.12.16 Sun
先週は真冬の日々でした。
最低気温が2℃程度で最高気温が10℃以下、これは湘南海岸では真冬の温度なのです。
昨日は曇りから雨で、気温が高めと言っても日差しがなく寒く感じる一日でした。
そして今日は晴れてしかも気温が高くほっとする一日でした。
朝から既に暖かで昨日の雨の後の湿気が昇ったのでしょうか、春霞のような景色となりました。

富士山はよく見えていたのですが、なんとなくパステル調の色合いで少し滲んだ感じなのです。
この景色、決して嫌いではありませんが、この季節には少し不似合。
地上に太陽が現れる前に富士山は光を浴びますが、淡い色です。
海にはまだ太陽の光が当たっていないので少し寒そうな感じ。このバランスがいいですね。
20121216-1.jpg

さらに時間が経過し、太陽が地上に現れると海にも光が当たり輝くようになります。
すると、春のような淡い色の世界がますます広がっていくのです。
冬の寒さに慣れてきたときにこの温もりと色が心地よいですね。
20121216-2.jpg
2012.12.09 Sun
昨日から強風が続いています。
しかし、昨日と違うのは気温が低いということです。
朝の海岸散歩では風が体感温度を下げて、手袋をしていても手先が冷たくなるのを感じました。
波は昨日よりもさらに荒れていて、沖の方でも白い波が立っていることが分かりました。
そんな波の状況ですから、今日はサーファーが日の出前からかなり集まっていました。
日の出直前

雲は少なかったので昨日よりも空はオレンジ色になり、冷たい海の色と対比的です。
太陽が昇ってくると周りは明るくなり、素晴らしい世界となってきました。
日の出

太陽が高くなるにつれて波しぶきが光に当たってキラキラと光り、波打ち際でも美しい光景です。
風が強くてもこのような光景が見られると、寒さも忘れてしまいますね。

波しぶき輝く
2012.12.08 Sat
昨日は仕事も終わり週末の夜の楽しみを考えて会社のPCの電源を切ろうとしていたらぐらぐら揺れ始めました。
久々に結構揺れたので不安になりました。しかし、その後はすぐにいつもの状態に戻りました。
PCで確認すると三陸沖が震源で津波警報も出ているとわかり、3.11の余震だとすぐに思いました。
今後数年は要注意ですね。
今朝は相当強い風が吹いています。強風波浪注意報が出ています。
海岸に行ったのですが、ほとんど人は歩いていませんでした。波も荒れていたし砂が舞って顔にあたって痛いので小生も日の出の写真を撮ってすぐに帰宅したのです。
日の出1
東の空は雲が湧いていてなかなか太陽が顔を見せてくれなかったのですが、ようやく見えてきたときはもう結構昇っていました。
波が大きいとサーファーは元気です。
雲の量が多く、風に流れて速いスピードで大量に移動するので、太陽はすぐに消えて、またすぐに出てくるといった感じでした。
日の出2

こんな強風なんですが、寒くはなかったのです。というのも気温は10℃ほどで、昨日よりもずっと気温が高いのです。北海道や日本海側は暴風雪でものすごいことになっているというニュースを聞いてますが、こちらは風が強くても暖かい。少し申し訳ないですね。
天気予報では、関東も埼玉から北側はかなり冷えているようです。むしろ暖かなのは神奈川と千葉の海岸らしいので非常に局所的な気温にさらされているようです。
明日はこちらもかなり冷え込むということです。
日の出3
この写真を最後に小走りで帰宅しました。
やはり風が強いのはいやですね。
北海道の方は今どうしているのだろうか。
2012.12.02 Sun
今朝はかなり冷え込みました。
放射冷却が起こったのでしょう。
小生宅の玄関前の温度計では3.6℃、この冬で一番冷え込んだのではないかと思います。
さすがに手袋やフリースのネックガードをして海岸に行きました。
日の出前の海はさすがに寒い。
波もあまりなかったのでサーファーもほとんどいませんでした。
日の出前
散歩している人もジョギングしている人も少ないように思いました。
よく晴れていて、今朝は三浦半島から房総半島も見ることができました。

たいようは静かに昇ってきました。
今朝は日の出を独り占めにしたようです。
周りに誰もいませんでした。
気持ちいいですね。
日の出の時

徐々に高くなって周りは明るくなり、それにつられて人も増えてきました。
今日は穏やかに師走の一日になりそうですね。
静かな海
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。