未分類花・草・木風景画叙情日常での出来事くつろぎビールニュースや新聞から富士山
一日の始まり、終わり、海、山、町、花、中年おやじの見た自然の風景、出来事の日記
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.11.25 Sun
この3連休の天気は「曇り→雨→曇り→晴れ」。
晴れというのは今日のことです。
前半の二日間が雨交じりの天気で寒いだけだったので家にこもっていました。
今朝は晴天、いつものように海岸へ散歩に行きました。
日の出前から富士山はよく見えていました。
まだ地上に太陽が現れないときに富士山の山頂付近は光が当たってきます。
この時、ピンク色に染まって大変美しい世界となります。

20121125-1.jpg

それから数分ほど時間が経つと下界にも太陽の姿が現れて来ます。
今朝もオレンジ色まぶしい太陽でした。

20121125-2.jpg

その頃には富士山はピンク色が白に変わってくるのです。
それにしても連休前半の雨は富士山に多くの雪を与えたようです。
もうすそ野の下の方まで雪が積もっているのが分かります。
小生がアップした1~2週間前の写真とと違って冬の姿になってきました。
20121125-3.jpg
スポンサーサイト
2012.11.20 Tue
ちょっとばかりの仕事の隙間があったので小生は今週休暇を取っています。
平日の朝の海岸は土曜や日曜と違って人がずいぶんと少ないように思います。
それでも犬の散歩やジョギング、サーフィンをする人などで誰もいない海という訳にはいきません。

今朝は冷え込みました。
たぶん、今シーズン最も寒い朝だったと思います。
気温は6℃程度でした。
快晴の空、すごくきれいな日の出を見ることができました。

20121120-1.jpg

この美しい日の出を見とれていて最初は気付かなかったのですが、波打ち際はもうもうと蒸気が立ちあがっていました。これはきっと海水と砂浜の温度差が大きく、触れた瞬間に海水が蒸気になったのでしょう。
夏には絶対に見られない現象が現れ、冬になってきたことを改めて感じるのです。

20121120-2.jpg

どこを見ても雲がないので、富士山もきれいに見えました。
蒸気が立つ海岸の向こうに真っ白な富士山が見え、寒いけれど気持ちの良い風景を楽しむことができました。

20121120-3.jpg
2012.11.18 Sun
昨日の天気はいったいどうしたことでしょうか。
予報では全く言ってなかったと思うのですが、夕方から夜は完全な暴風雨でした。
まるで台風が直撃してきたときのような雨と風でした。
そして雨と風のピークがともに過ぎ去った後も海はものすごい音立てて唸っていました。
家にいても暴走族と間違いそうなすごい音でした。

一夜明けて朝になると東の空は黒い雲が大きく広がり、とても日の出が見られるような空ではなかったのですが西の空はすっきりとしていて青空だったので海に行ってみました。
すると波がものすごく荒れていたのですが富士山は非常にきれいに見えたのです。
20121118-1.jpg
ゴーゴーと唸る海の音と、沖で大きな波が砕けてそのまますごいスピードで浜辺に打ち寄せる海水はド迫力でした。
さすがにここまで荒れているとサーフィンしている人もいません。
この恐ろしい海とは反対に富士山は非常に上品な姿でどっしりとたたずんでおり、素晴らしかったのです。
20121118-2.jpg
箱根の山もよく見えて、今日はこのまま晴れてくるだろうと思う空でした。
昨日の大雨で富士山はきっと新雪が積もったのでしょう。
それと同時にものすごい風がかなりの雪を吹き飛ばしたのかもしれません。
今が最も美しい雪の被り方をしていると思います。
昨日の猛烈な嵐の後の富士山、きれいに見えてラッキーでした。
20121118-3.jpg
2012.11.11 Sun
昨日は快晴、今日は雲がいっぱい。
一日で天気は大きく変わります。
今朝は雲が多かったのですが、それほど厚い雲ではなかったのでいい景色に出会えると思い、早朝の海岸散歩をしたのです。
予想通り、いや思った以上にすごい朝やけに出会えました。
海岸に到着したときは既に東の空は赤から紫に近い色になっていて海にはその色が映し出され、全体としてすごい色になっていました。
この色を見ていきなり驚きました。

20121111-1.jpg

そして時間とともに明るくなり始め、色はどんどんオレンジ色に変化してきました。
もう周りがすべてオレンジ色になった時は海に入ろうとしていたサーファーたちも自転車に置いてきたカメラを持って写真を撮影していました。犬の散歩の人も携帯電話を取り出し写真を撮っていました。
それほど今朝はインパクトのある強烈な朝やけだったのです。

20121111-2.jpg

このすべてがオレンジ色の世界になったのを最後に色はどんどんと褪せてきて、日の出の時刻に色落ちしたようになりました。
しかし、今朝は太陽が出てきませんでした。
日の出の時刻から10分以上経過した空は何やら天気が下り坂になりそうな雰囲気を持っていました。

20121111-3.jpg

さらにもう少し海岸を歩いて帰宅しました。
2012.11.10 Sat
強風注意報が出ていたのですが、風が強いとは到底思えない穏やかな朝の海でした。
今朝の日の出の時刻あたりは引き潮で、波がどんどんと引いていきました。
満ち潮の時と違って引き潮の時は波打ち際で波が細かな波紋を作り、それが意外に美しく思え、小生は好きなのです。

20121110-1.jpg

今朝も快晴で雲は全体で一割もないような空でした。
西側の空も富士山がよく見えていました。
雪が積もっている7合目あたりから上はピンク色に染まり、実に気持ち良い光景です。
いやあ、見飽きることがありませんね。

20121110-2.jpg

そして日が昇ってきました。
太陽の位置はとうとう江の島より右側に移動してきました。
何年もこの場所で写真を撮っていると江の島より右側から太陽が出てくると寒い季節と思い実際に寒く感じるから不思議なものです。

20121110-3.jpg

けれどもまぶしいオレンジ色の太陽がすぐに温めてくれて元気になりました。
2012.11.05 Mon
昨日の日没の頃の雲は独特でした。
薄い雲が広がっていたのですが、箱根の山がずいぶんくっきりと見えたので海岸に行ってみたのです。
小生宅から海岸までは7~8分程度ですので、わずかそんな程度の時間で雲がどんどん複雑な模様を作り出したことになります。
そして海岸に着いてみると富士山もシルエットながらはっきりと見えていました。
20121104-4.jpg

太陽は黒い雲に隠れていたのですが、徐々に降りてきて、光を放った頃にはますます複雑になってきました。
箱根の双子山に落ちる太陽とさまざまな形の雲、海岸の波、これらが混じり合う風景も面白かったです。
20121104-5.jpg
2012.11.04 Sun
昨日の11月3日は晴れの特異日として有名だったのですが、今年は見事に裏切られました。
そして今朝はというと雲がほとんどない完璧な快晴です。
眩しい太陽が江の島の展望台のすぐ右横から出てきました。
ずいぶんと寒くなって気温は10℃を少し超える程度です。
でも太陽が出て来ると暖かな気持ちになり、寒さが緩んできます。
20121104-1.jpg

ところで11月3日は晴れの特異日として、じゃあ11月4日は翌日ということで晴れることが多いのでは、と思い少しだけネットで調べてみたのです。
すると面白い記載がありました。
過去141年間を見ると確かに11月3日は晴れる確率が高いのですが、11月4日も55%程度の確率で晴れているようです。
そして最近の30年間だけを見ると、11月4日の方が3日よりも晴れる確率が高いのです。
つまり晴れの特異日よりも晴れる確率が高い11月4日を特異日と言わずして何とする。
今日は晴れの特異日で予定通り今年も晴れてくれたのです。
20121104-2.jpg

とにかく今朝はどの方向を見ても雲がほとんどないのです。
念のために西側を向いてみましょう。
こんな感じです↓。
20121104-3.jpg
雲はないのです。
快晴なのです。
たった一日で天気はここまで変化するのですね。
2012.11.03 Sat
今日は11月3日、文化の日ですね。
そして、有名な晴れの特異日であるのです。
晴れの特異日というのは特に科学的な根拠はないのでしょうが、過去のデータから見ても晴れる確率が際立って高い日のようです。
つまり偶然。
だから晴れてなくても何も不思議がる必要はないのです。
小生がいつも日の出の写真をパチリと撮っている場所からは今日の日の出は多分江の島の展望台の上あたりから出て来る日だったのです。
したがって、今朝もいそいそと海岸に行ったのです。
そして日の出の時刻、どうですかこの風景。江の島の展望台の上にあるライトは煌々と灯っています。
20121103-1.jpg
それほど寒くなかったので、同じ場所でさらに15分ほど海岸の景色を見つめていました。
15分後の風景がこれ↓
20121103-2.jpg
ほとんど変化ないですね。
晴れの特異日の風景でした。
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。