未分類花・草・木風景画叙情日常での出来事くつろぎビールニュースや新聞から富士山
一日の始まり、終わり、海、山、町、花、中年おやじの見た自然の風景、出来事の日記
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.10.28 Sun
昨日は快晴、今日は下り坂の天気。
天気の周期が速いのは春や秋の特徴ですね。
今朝の日の出の頃は薄い雲に覆われてすっきりとしませんでした。
しかし、そのような雲が時間とともにさまざまな色となって美しい景色を見せてくれました。
20121028-1.jpg
海は風がなく波も小さく穏やかです。
まるで湖の様なのです。
弱い波が引いていくときに雲の色が濡れた砂に映し出されとてもきれいな表情になります。
これは太陽の出てくる20分ほど前の色なのです。

それから日の出の時刻に近づくに従ってどんどんと色は褪せてしまい、全体的にぼんやりとした光景になります。

20121028-2.jpg
色の美しさは劣っても周りが明るいのでさわやかさが出てきます。

20121028-3.jpg
そして薄い雲を破ったように太陽が出てきました。
しかし、その光は弱くまぶしさのない光でした。
まあ、これも秋の夜明けの特徴。
気温は16度程度でとても気持ち良い朝でした。
スポンサーサイト
2012.10.27 Sat
小生の住む町の海岸から東側を見ると遠くに房総半島、それより手前に三浦半島が見えます。
しかし、さらにもっともっと手前に江の島という神奈川県の人ならだれでも知っている陸繋島があります。
小生の早朝の日の出の写真はほとんどこの江の島を中心にどちらに太陽が出るかで夏なのか冬なのかが分かるのです。
左側に見えれば夏、右側に見えれば冬です。
つまり太陽は一年で大きく移動するのを実感できるのです。
今朝は、その江の島の上から太陽が出てきました。

10121027-1.jpg

今までは左側から出てきたのですがこれから数日はほぼ江の島の上から出てその後は右側に移動することになります。
別の見方をすれば、江の島の上から太陽が出てきたらそれは冬の始まりか春を実感する頃になるのです。
しかし、今朝は穏やかな朝で風もなく波もなく静かな静かな海でした。
オレンジ色の太陽が妙にさわやかな感じがしました。
10121027-2.jpg

波がないので、今朝はサーファーが全くおらず、散歩をする人やジョギングをする人だけでした。
波打ち際では海鳥が何かを啄み、波が押し寄せてくると逃げ、再びやってきては啄む。
こんな穏やかな光景も久しぶりでした。
やはりこの季節はいいですね。

20121027-3.jpg
2012.10.21 Sun
小生は体調がよくない状態が続いています。
今朝は起きるなり喉の痛みを感じてしまいました。
それでも、外を見ると雲がほとんどなく星がよく見えたので、日の出を見に海岸に行きました。
海岸に着くと、いつもとは違って大勢のカメラを持った人がすでにいました。
おまけに、小生がいつも好んで写真を撮っている近辺は三脚が並んでいました。
今日は何かあるのかな、と思いながら歩いていたのですが、オレンジ色の空を見ているときに気づいたのです。
ひょっとして今日あたりは江の島の上から太陽が出てくるのかな、と。
しかし、太陽が出て来た位置はまだ江の島より少し左側、つまり鎌倉の方から出てきたのです。
20121021-1.jpg
来週あたりは江の島の上かさらに右に出てくるのでしょう。
思っていたことと違う何かが多くのカメラを持った人の被写体になるのでしょうか。
分かりません。
20121021-2.jpg

それにしても快晴の空からくっきりとオレンジ色の太陽が出てきたのは久しぶりです。
元気が出てきました。
西の方を見ると、富士山がきれいに見えていました。
冠雪しています。北側斜面の方が下の方まで雪をかぶっていて少し不恰好ですが富士山も雪を頂く姿になってきました。
20121021-3.jpg
気持ちの良い朝でした。
しかし、喉がさらに痛くなってきたので、カメラを持った人たちが何を撮りたかったの分からないままに帰宅したのです。
帰宅後、部屋の湿度を見ると38%。
すぐに加湿器を動かしました。
喉の痛いのはカラカラの空気と体調不良のせいのようです。
2012.10.20 Sat
最近小生はスランプになっているようです。
体が何となくだるい。
すぐに満腹になる。
仕事中に眠気が襲う。
すぐに酔ってしまう。
などなど・・・。
今朝もいつものように海岸に散歩に行く気力なしで、目覚めてからソファーに座って何気なしに音楽を聞き流していました。
午後になってようやくこれではいけないと思い始めました。
日没前に外に出てみるとシルエットながら富士山がよく見えたのでようやく重い体を起こし、海岸に行ってみました。
到着すると雲がどんどんと湧きだし富士山の下半分は隠れてしまいました。
がっかりして家に戻ってきたのです。
明日の朝こそは海岸に日の出を見に行こうと思います。
IMG_5489.jpg
2012.10.14 Sun
どうも飲みすぎ食べ過ぎという感じでしょうか。
何となく体が重く、だるいのです。
いつものように休日に海岸に行く気にもなれず家でゴロゴロしていました。
天気もそれほどよくなかったのでまあいいか。
そんなことを言っているとお腹に脂がたっぷりとつくようにも思います。
そんなことを思いながらだるい休日を過ごしておりました。
小生宅ではことし色々な花が咲いていましたが、もう今はほとんど終わりです。でも、今頃になってスイフヨウが咲き出しました。
これが小生宅では今年最後の花でしょうか。
このスイフヨウという花、ハイビスカスやフヨウの仲間であることには違いありません。
でも夏には全く蕾もなく、今頃になって元気よく咲き出しました。
スイフヨウ、漢字で書くと酔芙蓉。
写真では白い花なのですが、夕方頃になるとピンク色になっているのです。
つまり酔っているようだということらしいのです。
昔の人の花の命名には恐れ入ります。
まあ、たまには家で花を見るのもよいでしょう。
20121014.jpg
2012.10.08 Mon
三連休の最終日です。
この三連休はどこにも出かけることなく主に家のちょっとした模様替えなどをして過ごしました。
いつもなら毎朝海岸に行くはずですが、この三連休は今朝行っただけです。
海岸に到着したら、久々に来たなあという感覚になりました。
実は一週間前に来た台風の日の朝は海岸に行っているのでわずか一週間しか経っていないのです。
どうしてそう思ったのかというと、今朝の海は秋を感じる海だったのです。
先週はというと台風が運ぶ南風で、まだまだ夏の海だったのです。
空の色、海の色、気温などで秋を感じるのです。
20121008-1.jpg
今朝は雲が多く、日の出の時刻には太陽は出てこないと思いました。
風がなく引き潮だったので波の音も小さく、サーファーは全くいない静かな海でした。
まだ薄暗い空が徐々にオレンジ色になってきて濡れた砂浜にその色が反射して徐々に美しい世界となってきました。
20121008-2.jpg

そしてしばらく待っていると太陽が出てきました。
こうなると辺り一面オレンジ色に包まれます。
秋の色と空気に包まれた海岸は癒されますね。
20121008-3.jpg
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。