未分類花・草・木風景画叙情日常での出来事くつろぎビールニュースや新聞から富士山
一日の始まり、終わり、海、山、町、花、中年おやじの見た自然の風景、出来事の日記
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.07.31 Tue
毎日暑いですね。
太陽がまだまだ沈まないうちから帰宅すると家にいても暑くて汗が出ます。
エアコンを使えばいいのですが、やはりできるだけ節電もしたい。
そんなこんなで我慢しているのです。
致し方なく、海岸へ。この季節の海岸のいいところは裸で歩いていても違和感なく、恥ずかしくもないことです。
そして風に当たりながら少し散歩というわけです。
こんなに暑いと植物なんてぐったりとしているかと思うと決してそのようなことはありません。
夕日を浴びて元気に咲いているハマゴウ。

ここ数年、小生の散歩している海岸で増えてきている花です。20120731-1.jpg
少し紫がかかった青が涼しげですね。

そして、海岸で最も豪華な花はやはりハマユウ。
この暑苦しい海岸で非常に元気に咲いています。
20120731-2.jpg
夕日の下でも涼しげな花ですね。

海岸に行くとそれなりに涼しくなります。
スポンサーサイト
2012.07.30 Mon
今月から小生の働いている会社はサマータイムなので早く出勤するけれども早く帰らなければなりません。
まだ、太陽が十分に高い位置で帰宅なのです。
今日は帰宅途中で本当に久々に富士山が見えたので、家に戻ってすぐにカメラを持って海に行きました。
海岸に到着しらた、太陽が沈もうとするところでした。
20120730-1.jpg
太陽はまだまだ北西方向にあります。
風が強くて波も結構大きかったのですが、それよりも砂浜には何故か流木が多くありました。
どこから来たのでしょうね。
間もなくして太陽が沈み、富士山が黒々と赤い空にシルエットとして浮かびました。
夕方のこういう景色も好きです。
というよりも富士山はいつ見てもいいものですね。
20120730-2.jpg
2012.07.28 Sat
久々の更新です。
先週の土日は天気が悪くおまけに気温が低かったので海には全く行きませんでした。
いやいやそれどころか特にどこにも行かず家にこもっていたのです。
というのも、天気が悪いうえに、ほとんど衝動的に買った楽天の電子ブックkoboが手に入り、さっそく本を買って読書していたのです。
土日の天気が過ぎ去ってからは真夏の世界に変わりました。
梅雨明けは実は今週なのではないかと小生は思うのです。
毎日30℃以上になり、夜は熱帯夜で体力も消耗しつつあります。
そんな中で今朝は久々に早朝の海に行ってきました。
意外にも靄がかかって遠景はほとんど見ることのできない朝でした。
日の出の時刻の5分ほど前でもまだ暗い感じがします。江の島の灯台の光もまだ点灯されたままなのです。
20120728-1.jpg
しかし海は少しずつサーファーが表れてきました。
元気ですね。
その後徐々に明るくはなるものの日の出の時刻を過ぎても太陽は出てきませんでした。
20120728-2.jpg
しばらく待ってみたのですが太陽が出る感じがないのでそろそろ引き上げようと思っていたら突然現れたのです。
その時はもうすでに高い位置に太陽は登っていました。
この靄を抜けると真上は青空、今日もまた30℃を超えることでしょう。

20120728-3.jpg
2012.07.16 Mon
この三連休の天気は雨、曇りのち雨、晴れという感じです。
そして実は前半の二日間は八ヶ岳登山の予定だったのです。しかし登り口に行ってみると雨と濃い霧で何も見えません。この状況で登って何が面白いということで一日目はふもとで温泉とそばとお酒で過ごしてしまったのです。翌日の日曜日、全く八ヶ岳の天気は回復しません。
というわけで今回の登山は中止、泣く泣く帰ってきたのです。
そして今日は恨めしや、晴れています。普段の行いがよほど悪いのでしょうね。

しかし、今日すなわち海の日は小生の住む町の最大のイベント浜降祭(はまおりさい)があるのです。
このお祭り、確か7、8年前から毎年海の日が開催日で、早朝の海岸に町中の神社の神輿が集結し、海で禊をし、豊漁を祈願するのです。
朝の4時半ごろから海岸はものすごい人がいるのです。
大いに盛り上がるのは神輿を担いで海に入ってしまう神社が何社かあり、すごい歓声になります。
20120716-1.jpg
そして雲の多い西の空が徐々に晴れてきて、何と富士山が表れてきたのです。
いやあ、久々に富士山を見ました。
しかもお祭りの朝に。なかなかの感動です。
20120716-2.jpg
ひとつの神輿が海に入るとそのあとにくる神輿も後に続けとばかりに入っていきます。
担ぎ手の中にはすでに酔っぱらっている人もいるようですが、大丈夫なんですね。
お祭りは小生も好きなので一昨日そして昨日の天気は今日の天気で許してあげようと思いました。
20120716-3.jpg

このお祭りで海岸を走る国道は渋滞、小生の家のすぐそばの幹線道も通行止め、路上駐車だらけ。
一年に一度のお祭りですから勘弁してあげましょう。
2012.07.08 Sun
昨日は七夕で小生の住む町の海水浴場は海開きがありました。そしてお隣の町は有名な七夕祭りが開催されていたのです。このようにイベントを連ねると夏のにぎやかな湘南海岸を連想するかもしれませんが、天気がぱっとしません。まあ、梅雨ですから致し方ないことなのですが。
今朝も昨夜の強い雨がようやく上がっても雲が広がった暗い朝となりました。
海岸に行くと少しばかり涼しい風が吹いて心地よさを感じるのですが、とにかく暗いのです。
日の出の時刻になっても江の島の展望台の上のサーチライトはまだ光を放っていました。
20120708-1.jpg


こんなくらい夜明けだったのですが、波が少し大きいようで、サーファーが続々と海岸にやってきます。
本当にサーファーはどうして波があるなしを知るのでしょうか。
不思議です。
20120708-2.jpg

それにしてもこんな天気をばかりですとすっきりとした青空が本当に懐かしくなります。
そして富士山もしばらく見ていません。
すきっとした青空が見たいものです。
サーファーは関係ないのでしょうかね。
日の出の時刻から15分ほど経過しても明るくなりません。
国道の照明がまだ点灯している程の世界でも海で元気にサーフィン、何となく不思議な世界でもあります。
20120708-3.jpg
2012.07.01 Sun
今年も後半となりましたね。
今朝はどんよりと灰色の世界に包まれた曇り空です。
小生は今日が海開きの日と思っていたのですが、違ったようでまだ海の家も未完成、海水浴場の幟も立っていませんでした。
どうやら海開きは7日の土曜日、七夕の日のようです。
まあ、こんな天気の日にオープンしても客も来ないでしょうね。
日の出の時刻から15分ほど経過した海の景色ですが、全く冴えません。
空の色が灰色で、その色が海にも乗り移っているようにグレーの波なのです。
次の土曜日がすっきりとした夏の青空で、そんな中で海開きがあればいいですね。
20120701.jpg
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。