未分類花・草・木風景画叙情日常での出来事くつろぎビールニュースや新聞から富士山
一日の始まり、終わり、海、山、町、花、中年おやじの見た自然の風景、出来事の日記
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.04.30 Mon
昨日まではまだ太陽の日差しがあり、青空も見えていたのですが、今日は完全な曇り空でした。
一日中グレーのさえない空を見ると気持ちも塞いでしまうのです。
そんなうっとうしい天気なのに今日は丹沢に行ってきました。
場所は西丹沢の奥地、加入道山(1418m)から大室山(1588m)を回ってきたのです。
しかも普段とは違って山梨県の道志村からのアプローチ。つまり、神奈川県から見ると丹沢の裏側から登るという感じなのです。
登っていくと神奈川県側とは雰囲気がずいぶん違い、新鮮な気分になりました。
しかも人にほとんど会わなかったのがうれしかったのです。

稜線に出てからはところどころ富士山が見え隠れし、数か所は大きく開けて富士山の見える場所がありました。
20120430-1.jpg

晴れているとどんなに美しいかと思う景色なのですが、グレーの空に見える富士山は冷たそうなモノトーンで墨絵のような感じでした。これはこれできれいだともいえるのですが、やはり青空に真っ白な富士山がいいですよね。

ブナの木はまだ芽吹いていないようでしたが、その下はバイケイソウが芽を出して大きく成長していました。
ここはバイケイソウの大群落地であることを改めて知りました。とにかくびっしりとバイケイソウが芽を出していました。今日はこのバイケイソウが見られたので良しとしましょう。
20100430-2.jpg

バイケイソウを見ながら稜線を歩き、楽しんだ後は下山。
人があまり登らないようで、登山道は落ち葉がふかふかのクッションとなり非常に歩きやすい道でした。
くだりに足の疲れを感じなかったのはこの落ち葉のためでしょう。
そしてもう30分も歩くと登山口に戻ってくるというところで、わずかに薄日が差したのです。
その瞬間に妙に足元できれいに見えた花がありました。
ヒトリシズカです。こんな植物がこんなにきれいに見えるのかと驚いたのです。
20100430-3.jpg

そんなこんなで暗い曇り空でしたが満足な山歩きでした。
スポンサーサイト
2012.04.29 Sun
毎年4月の最終週の土曜日、日曜日には小生の住む町では「湘南祭」というイベントが開催されます。
このイベントがやってくると何となく初夏を味わう気分になるのです。
昨年は震災の影響で自粛、開催され中ttのですが、今年は開催されました。

昨日も今日も気温はぐんぐん上がり24℃前後になったと思います。
そうなるとこの街の住人はもう半袖のシャツ、ショートパンツで夏の先取りをするのです。

このお祭りと同時に開かれるアロハマーケット。ハワイ風の商品が様々あって大賑わいです。
それぞれの店でちょこっと写真を撮ったのでアップします。
カラフルな色で夏を味わえます。



今日はいつもの風景と違って人のいっぱいいるところで隙を狙ってパチリパチリとシャッターを押しました。


ハワイ柄のスカート
20120429-1.jpg


夏気分のビーサン
20120429-2.jpg


ハワイのビール
20120429-3.jpg


端切れも商品
20120429-4.jpg



何となくリゾート気分が味わえる人形
20120429-5.jpg





2012.04.21 Sat
4月になると毎年妻とドライブがてら桃の花見をします。
場所は山梨県の笛吹市一宮町あたり。
そう、桃の生産で有名な場所なのです。それだけ多くの桃が出荷されるということは当然桃の木が多く、散歩しながらの花見にはぴったりなのです。
例年は4月の10日辺りが花のピークなのですが、今年は寒い冬だったので遅れているだろうと思い1週間以上ずらしたのです。
予想通り花のピークはこの数日であったと思うのです。
20120421-1.jpg
のどかな桃畑とその下に生えるたんぽぽ。
何とも春らしいですよね。
そして桃畑は桜よりもピンク色が濃く、遠くから見ても近くから見ても美しいのです。
20120421-2.jpg
こんなに花をつかせて、これから受粉させて、あの甘い香りと瑞々しい桃の実が夏には食べられるのです。
春に花を見て夏は果実を食べる。
こんな二度おいしい植物はあまりないような気もします。
リンゴやブドウやミカンは花見をするということはあまり聞かないですから。
20120421-3.jpg
春霞の暖かな日に散歩にどうですか。
帰りは隣の勝沼あたりのワイナリーでワインをいただき、運転を交代してもらい悠々と帰る。
楽しいドライブです(笑)。
2012.04.15 Sun
もう2カ月近くになるでしょうか。
土曜日の天気はいつも悪いのです。多分快晴の一日なんてなかったはずです。
昨日もそうでした。一日中冷たい雨が降り続き、冬に戻ったのです。
けれども今朝はその雨も上がって、雲が多いながらも気持ちのよい朝となりました。
湿気を含んだ空気がおいしいですね。
そして海岸に行ってみると、海岸の色が美しかったのです。
湿気を含んでいるからでしょうか春霞のように遠景は見えないのですが、色が春らしいパステル調の色彩で何ともいい感じなのです。
太陽が出たころは、薄紫色から少しオレンジ色になって来たような色の変化でした。
20120415-1.jpg

風がなく、波もほとんどなかったので、海の上に弱い波の模様が出て印象的です。
波が強いとこのような海面にはならないでしょう。
20120415-2.jpg

そして太陽がどんどんと昇っていくと、周りはオレンジ色になり、紫色は消えていくのです。
しかし、このオレンジ色が夏のギラギラした色とは違って淡い色なのです。
こういう淡い色が次々と変化していくのは春の特徴のようです。
20120415-3.jpg

遠くの景色が見えないので、なお一層海の色と空の色が美しく見えるのかもしれませんね。
2012.04.08 Sun
朝は見えなかった富士山ですが、夕方になるとシルエットながらもよく見えたので、日没間際に海に行ってみました。
海はものすごく強い南風が吹いていて、波打ち際に立つとすぐに眼鏡が曇ってきました。
これは非常に不快なもので、髪の毛もぱさぱさになるのです。
こんなところにいては気持ち悪くなるだけで夕日を眺めていられないと思い、漁港に行ってみたのです。
漁港は防波堤に込まれているから大丈夫と思ったのです。
正解でした。
もう日没というタイミングに間に合いました。
20120408-1.jpg
先週末から一週間で太陽は富士山の右側に移動していましたが、美しい眺めを見ることができました。
漁が終わって停泊している船と人がほとんどいない漁港に日没の太陽が似合います。
富士山がそこにいるのでなおさらいい感じの景色になるのです。
20120408-2.jpg
太陽の沈むのは早いですね。
見ているとみるみる沈んでいくのが分かります。
風がなくてもう少し気温が高かったらビールでも飲みながら眺めていたい世界でした。
2012.04.07 Sat
今週はようやく気温が上がり、日中は15℃以上になる日が続きました。
そのため桜も開花が進み、今は6~7分咲き。
週末ということもあってお花見も最高でしょう。特に今日の夜は満月ですから夜桜は賑わうでしょう。
ポカポカの一週間の最後の日である今日はというと、朝の気温は6℃程度となってひんやりです。
久々に冷気を感じます。
海に行くとひんやりとした空気であるにもかかわらず風がほとんどないので非常に心地よい気分でした。
日の出前の紫色からオレンジ色に広がる東の空、誰もいません。
20120407-1.jpg
気持ちいい。
5時20分過ぎ、太陽が昇って来ました。
オレンジ色の太陽です。春ですね。
20120407-2.jpg
太陽が昇って来るに連れて明るさはどんどんと増して来るのですが、今朝はとりも鳴かず、波音だけの静かな静かな海でした。
20120407-3.jpg
2012.04.01 Sun
午前中は少し寒かったのですが風もなく気持ちよい天気でした。
しかし、午後から再び強い南風が吹き、うんざりとなったのですが、富士山が家々の隙間から見えたので日没間際に海岸に行ってみました。
海岸に着いたときにはちょうど太陽が沈むところでした。
富士山の斜面に沈んでいくのです。

20120401-4.jpg

そう言えば去年は見事なダイヤモンド富士を見ることができたので、今年も気にしていたのです。
4月4日がその日なのです。でも、サラリーマンの小生にとって完全に平日の18時頃というのはカメラを持って海岸に出るのは無理。
今日の富士山に沈む太陽でも十分美しいので、海岸に行ったのは正解でした。

そして、その後完全に沈むと、今度は富士山の輪郭に沿ってオレンジ色の光が浮き立ち燃えているようになりました。
これはこれで美しい光景です。
20120401-5.jpg
こんな景色を見ていると、海越しに富士山を見られる場所に住んでいることに少し満足するわけです。
レンズを広角側にして広く見ると、左に連なる箱根連山も太陽の光の陰影ができ、独特の雰囲気となっていました。
20120401-6.jpg
毎日見たいですね。こんな景色。
2012.04.01 Sun
桜の開花宣言はまだありません。
昨日は東京が開花したそうですが、神奈川県はまだのようです。
昨日は桜を見るような天気ではありませんでした。猛烈な南風と雨。
気温はすごく高かったのですが、外に出る気がしませんでした。窓に叩きつけられる雨を見て憂鬱になるだけでした。
そんな風と雨が今朝はすっかりと消え去ったようです。
海に行くと昨日の名残が見られました。
波です。波が大きいのです。
そうなるとサーファーが喜ぶわけで、日の出前から次々と海岸にやってくるのです。
20120401-1.jpg
今朝の日の出は5時半ですからかなり早くからサーファーは活動しているわけです。
そして、日の出。今朝は波が大きく何となく潮で霞んでいることもあって強烈な眩しい太陽ではありませんが明るくきれいな姿でした。
20120401-2.jpg
太陽が出てくる位置はどんどんと町の方向に移動していきます。
もう二週間もすれば海から昇ってくる太陽が見られなくなります。
そうすると海の賑やかな季節となるのです。
20120401-3.jpg
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。