FC2ブログ
未分類花・草・木風景画叙情日常での出来事くつろぎビールニュースや新聞から富士山
一日の始まり、終わり、海、山、町、花、中年おやじの見た自然の風景、出来事の日記
2012.02.19 Sun
今朝は真冬に戻りました。
小生が海岸に行くために自宅を出たときの気温は0.4℃でした。何となく雲が多かったのですが東の空が少し赤かったので、寒さも我慢して外に出たのです。海岸に着くと西の空は雲が大きく広がって富士山は全く見えませんでした。
しかし東の空は比較的雲が少なかったのです。

いよいよ太陽が昇ってくだろうなと思われるとき、まだ出てこない太陽の光線が真上に突きあげるように伸びてきました。
その光線の途中で丸い光の塊のようなものがありました。
20120219-1.jpg

そして太陽が昇って来たので小生はカメラのファインダーをのぞいていたら、さっきの光の塊のようなものがさらに大きく見え、もう一つ太陽があるような感じに見えました。レンズを通して何かゴーストが出ているのかと思ったのですが、カメラを通さず実際に見てみるとやはり見えるのです。
何だこれは。
20120219-2.jpg

不思議な太陽の幻影でしょうか。
あまり見たことのない光の演出に少し感動しました。
太陽が上に行くほど、もう一つの太陽も大きくなってきてびっくりです。
20120219-3.jpg
しかし、そのうちに太陽の光がどんどんと強くなり、その光と混ざってとうとう見えなくなってしまいました。
面白いですね。
スポンサーサイト



Template by まるぼろらいと