未分類花・草・木風景画叙情日常での出来事くつろぎビールニュースや新聞から富士山
一日の始まり、終わり、海、山、町、花、中年おやじの見た自然の風景、出来事の日記
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.12.30 Fri
12月というのはどうしても仕事が忙しくなってしまいます。
休日出勤などもして何と過去bなすわけですが、その分ブログなどをアップする暇などないのです。
そんな師走のあわただしい日々からようやく解放され、今日からお休みです。
久々に(そんな感じになってます)海岸散歩をしてきました。
小生宅を出るときは快晴の空と思っていたのですが、海岸に到着すると、東の空は黒い雲に覆われていました。
ぐるっとまわりを見ると東の空以外は快晴なのです。
今日は日の出が見られないと思ってました。
日の出の時刻になっても太陽が出てくる気配がなかったのですが、日の出時刻から10分ほど経ったとき。ちょうど黒い雲の合間から太陽が出てきました。
20111230-4.jpg
暗い海にオレンジ色の光が走り、けっこういい雰囲気でした。
しばらく見とれていると、太陽はどんどん昇り再び雲の中に隠れたのです。
けれどもその時には太陽の光が散乱してより一層美しいオレンジ色になりました。
20111230-5.jpg
これだから雲があっても海岸に行ってしまうのです。
今年も明日が最後、明日の天気次第ではこの日の出が今年最後になるかもしれないと思うとしばらくボケっと見ていたのです。
スポンサーサイト
2011.12.18 Sun
今朝も快晴です。
冬の湘南はやはり快晴が続くのがそれらしいのです。
昨日とそれほど変わらない気温で日の出のころは3℃程度、寒かったです。
昨日と今朝の違いは海の波の勢いでした。
かなり大きな波が次々と押し寄せる昨日の波のため、サーファーが暗いうちから徐々に増えていき、太陽が昇るころは相当な数となっていました。
今朝はおとなしい波です。と言っても池のような海ではないのです。
そんな穏やかな海に太陽が昇ってきてあたり一面がオレンジ色に輝いたときは非常に美しい光景でした。
20111218-7.jpg
そしてあたりが明るくなり、徐々にサーファーが海岸へやってきました。
それでも昨日とは全く違い、10人もいなかったでしょう。
見ていても分かるのですが初心者のような方たちが多かったです。
穏やかな海でたまに来る少し大きな波を待っているのが何となくのどかな感じです。
20111218-8.jpg
この寒さで海は寒いだろうなと思うのですが、波を待ちながら出てきた太陽の光をいっぱいに浴びている光景はあたりのいレンジ色の光の世界と相まって暖かさを感じました。
いい休日ですね。
20111218-9.jpg
2011.12.17 Sat
目まぐるしく気温が変化するこの頃です。
昨日は比較的暖かく、今朝は寒い。こんな感じを繰り返すのが最近の気温です。
寒かったです、今朝は。
気温が3.3℃、昨日の同じ時刻と比較すると5℃以上下がっているのです。
そんな気温でも風が弱かったので、何とか朝の海岸散歩もめげることなく行ってきました。
今朝の海岸は、風がない割には波がそこそこありました。
先週の様に池の様な海ではなく、けっこう波音も大きく波の砕けるしぶきも迫力がありました。
海岸に到着したときはまだけっこう暗かったので人はまばらでしたが、数人のサーファーは海に向かっていました。
20121217-6.jpg
その後徐々に明るくなるにつれて見る見るサーファーが増えてきました。
一週間前の池の様な海の時は全くいなかったサーファーが今朝はすごく多いのです。
どうして波があるないが分かるのでしょうね。
日の出を迎えた時にはもう相当数のサーファーが波に乗って楽しんでいました。
20121217-7.jpg
快晴、風弱く波の高い日。最高のサーフィン日和なのでしょう。
西の方角を見ると、やはり富士山が美しく聳え立っていました。
富士山は先週と比較するとずいぶん雪が減っているように思います。この季節に溶けるということであれば温暖化が進んでいるのでしょうね。
それにしても相変わらず美しい。
20121217-8.jpg
2011.12.11 Sun
小生は、昨日忘年会と称して飲み仲間たちと昼間から飲んでいました。
そのためか21時ごろには眠気が襲い、そのまま爆睡、5時過ぎまで死んだように寝てしまったのです。
その結果、何日も前から楽しみにしていた皆既月食を見事に見ることができなかったのです。
ショックです。
完璧な天候と時間的条件がそろった日なのにもったいないことをしました。
しかし、その皆既月食が終わった月が、今朝は美しい情景を作ってくれました。
20111211-5.jpg
今朝の6時15分頃でしょうか。月の明かりが海に反射して何とも言えない世界を作ってくれました。
さらに青白い冷たい富士山が独特の雰囲気を出してくれました。
散歩をしながらの撮影ですので小生はいつも三脚を持っていません。この写真は感度を上げて絞りをギリギリ開けて何とか手持ちで撮ったものです。これ以上暗いと手持ちは無理ですね。

まあ、こんな世界から20分も経つと空は赤くなり、徐々に富士山もピンク色に染まって来ます。
そして下界に太陽が現れる直前、富士山に太陽の光が当たりピンク色に染まります。
そして、月は太陽と反対に沈む直前となってしまいます。
これはこれで美しいのです。
20111211-6.jpg
さらに5分程度経過すると太陽が姿を見せて月が沈んで行きました。
周りは格段に明るくなり、一日の始まりとなりました。
富士山もかなり明るく白く輝くのです。
気持ちのいい景色ですね。やっぱり飽きることはありませんね。
20111211-7.jpg
2011.12.10 Sat
今日は寒いですね。
何と気温は2.8℃まで下がりました。
海に行くと砂が凍っていました。砂が凍るとすごく歩きやすいのです。そして気持ちいいのです。
防寒をきっちりとしながらも寒い海から太陽が現れてきました。
快晴の空からオレンジ色の太陽が出て来るのを見たのは久しぶりのような気がします。
111210-6.jpg
もう太陽が出てきただけで元気が湧き上がります。
今朝は富士山もきれいでした。いつの間にやら真冬の富士山に変わりました。
海岸からの富士ばかりでなくたまには別の場所からの写真。
111210-7.jpg
これは国道134号線、湘南海岸にそって走っている国道で、夏は大渋滞をたびたび起こす道路です。
でもこの景色があるからドライブには最高なんです。そのまま箱根や伊豆にに吸い込まれ道です。
今日は少し車を動かしてみたくなるような気分です。

いつもと違う写真をもう一枚。
これは茅ヶ崎で有名なえぼし岩とその後ろに重なる伊豆大島です。
111210-8.jpg

えぼし岩は、サザンの歌でも出てくるので何故か地元以外でも有名なようです。
でも歌のとおりで、134号を走っていてえぼし岩が見えると”俺の家も近い”という気分になるのです。
そして伊豆の大島、フェリーで行っておいしい魚でも食べたいですね。
椿祭りはまだかな。
何となく遊びたくなる今朝の景色でした。
2011.12.04 Sun
金曜日と土曜日は真冬の様な寒さと冷たい雨で体が動かなくなるほどでした。
今日はというと、朝から快晴で気温も高めで暖かく感じるほどでした。
そんな素晴らしい天気での海岸散歩はとても楽しいものでした。
特に今朝の富士山は本当に素晴らしかった。
昨日、一昨日の雨が当然富士山では雪となり美しい新雪の姿を見せてくれました。

今朝の6時45分ごろ
周りの空はピンク色になって来ましたが富士山にまだ太陽の光は届いていないようです。
海はずいぶんと波が荒れてゴーゴーと音がしていました。
20111204-6.jpg

そして6時50分ごろ
ふじさんに太陽の光が当たり、山頂付近から雪の積もっているところがピンク色に染まったのです。
これはため息が出るほど美しいものでした。
20111204-7.jpg

そこからさらに5分後、6時55分ごろ
富士山の全身に光が当たり、景色がずいぶんと変わったような感じになりました。
これはこれで美しいものです。
20111204-8.jpg


こんな富士山が毎日見られたら幸せなのですが。
今日はその幸せな時間を過ごせました。
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。