未分類花・草・木風景画叙情日常での出来事くつろぎビールニュースや新聞から富士山
一日の始まり、終わり、海、山、町、花、中年おやじの見た自然の風景、出来事の日記
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.10.30 Sun
昨日は快晴の空で雲がほとんど見られませんでした。
しかし、一日経ってみると、空は雲がいっぱいです。
雨が降りそうかと言うとそんな雲は無いのですが青空も少ないといった空が今朝の空でしょうか。
したがって、日の出時刻になっても全く太陽が昇ってくる様子もありませんでした。
海も何となくグレーの世界で面白くない。
ですから、小生はカメラを構えることもなく、ただ散歩してそのまま帰ろうと思ったのです。
そんなときにふと明るくなったので振り返ってみると、太陽が出てきたのです。
するとやはりそれなりに美しい景色となって来ました。
あわてて、写真の撮れそうな場所に走っていき、とりあえず一枚撮ったのがこれ。
20111030-5.jpg
ちょうど漁港から多くの釣り船が出て行くところでずいぶん賑わっていました。
本当に雲の合間から出てきたのですが、雲の影響で、全体にピンク色がかって美しい海になりました。
さっきまでグレーのつまらない海だったのですが、一変してきれいな色の海になりました。
小生はしばらくこの場所で景色を見ていました。すると太陽がまたまた雲に隠れ、その後しばらくしてまた現れました。随分と高い位置まで昇って再び出てきた時はまた違う色の世界となっていました。
雲がある時は色の変化がずいぶんと楽しめるものだと改めて思いました。
20111030-6.jpg
スポンサーサイト
2011.10.29 Sat
確か今週の火曜日あたりまでは上着を着ていると少し汗ばむほどの気温だったと思います。
ところが一昨日、昨日、そして今日は朝が寒いと感じます。
それもそのはずで、気温が5℃は下がってしまったようです。
今朝の天気は快晴、しかし、北風がものすごく冷たく感じるのです。
気温は12℃程度ですのでまだまだ寒いというには早いのかもしれませんが、そう感じてしまうのです。
いつものように海岸に行くと太陽がまだ出ていないため、なんとなく青白い世界で、寒さを余計に感じてしまうのでした。
20111029-5.jpg
そこから15分ほど砂の上を歩いていると太陽が現れてきました。
太陽も随分と移動してきました。
今朝は江ノ島からの日の出でした。これも年に2回あることですが、意外にうれしいのです。
20111029-6.jpg
冬と違って太陽が出てくると急に暖かさが湧きだしてきて、非常に気持ち良くなります。
そして急速に明るくなって、周りはオレンジ色の世界に包まれます。
この色の効果もあってますますと温もりを感じるのです。
秋の日の出はそんな体感を感じさせてくれるのです。
20111029-7.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
一方で西の空を見ると、なんとなくぼんやりとした富士山が見えていました。
この数日の寒さであちこちの山から初冠雪の情報が入っていますが、今朝の富士山を見ると、数週間ほど前に見えていた白く雪化粧した姿から、夏の黒い富士山に変わっていました。
週初めの暖かさで一旦雪は解け、その後晴天のために新たな雪が降らなかったのでしょうね。
富士山は太平洋側の気候に準じているので、北の山とは違うのですね。
でも、これからは美しい白い富士山が楽しみです。
20111029-8.jpg
2011.10.23 Sun
先週の月曜日、会社で仕事をしている時に急にのどが痛いと感じ始めました。
その後どんどん痛くなり、唾液を呑み込むのも痛いという状態になりました。
風邪だと思い、その日はずいぶん早く寝ました。
翌朝、鼻水が出始めました。
そして体温は37.2℃。微妙なんです。この程度の熱なら休まずに会社に行ってしまうのです。
それが長引いたわけです。
幸い、昨日も今日も朝は雨が降っていたため散歩もせずにただただ布団の中にいました。
そんな一週間でした。
今日は午後からかなり体調も良くなり、おまけに天気が回復してきたので、夕方海岸に行ってみました。
するときれいに富士山が見えるではないですか。
うれしくなるんです。
太陽は箱根の神山に落ちました。
その光を受けて富士山が美しいシルエットになっていました。
20111023-1.jpg
きれいな富士山を見られたためかなり元気になって来たように思います。
しばらくして気付いたのですが、箱根から富士山にかけてだけが晴れていて、上を見ると薄い雲が広がっているのです。そしてこれはほとんど全方向に広がっているのです。
つまり箱根から富士山が見える西の空低い位置だけがぽっかりと雲が抜けたような世界だったのです。
これはラッキー、明日は少し元気に会社に行けそうです。
20111023-2.jpg
2011.10.16 Sun
昨日から強烈な風が吹きっぱなしです。
強風波浪注意報が解除されません。
おまけに天気はよくないし、気温は高くて暑い。
どうなっているのでしょうね。
今朝も早朝は雨が降っていました。そして気温は24℃もあって、季節が逆向いたようでした。
けれども9時過ぎごろからどんどん青空が広がり、昼にはぴかぴかの晴天となりました。
それにつれて気温も上昇、27℃近辺にまで到達したのです。
風は夕方になると西側からの風となりました。
雲がほとんどなかったので、海岸に夕陽を見に行くと強烈な風でたちどころに眼鏡に潮が付着、レンズ先端のフィルターも潮が付着、めちゃくちゃ不快になりました。
しかし、富士山は気持ちよいほどくっきりと見えていました。
20111016-7.jpg
波は高く、大きいので、サーファーはまだまだ上がりそうもなく、少し沖はウィンドサーフィンで賑わっているのです。何と言うか、そう、湘南らしい風景なのです。
江の島の展望台は白くくっきりと見えて意外に思いました。小生はほとんど日の出のころに見ているので展望台はいつも黒いシルエットなのです。よくよく思い出すと白かったのです。
20111016-5.jpg
そんな賑やかで風がものすごく吹き、波がザブンと砕ける中で、太陽は箱根の山に落ちて行きました。
やはり日没は日の出とともに一日の中でも最も美しい景色になる時間帯ですね。
20111016-6.jpg
2011.10.08 Sat
何をするにも気持ちの良い季節となって来ましたね。
朝の海岸散歩が本当に心地よい。

今朝は海岸に着いてみると意外に雲が多く、しかも分厚い雲に感じられました。
なかなか雲が赤く染まらず、ひょっとすると太陽が出てこないかもと思ったりしたのです。
しかし、暗い空にもかかわらず太陽が昇って来ました。
真っ赤な太陽で眩しくはないのです。
あたりを明るく染めることもなくゆっくりと上に行くのです。
20111008-6.jpg

そしてまもなく再び太陽は雲に隠れてしまいました。
今日はこれで終わりかとも思ったのですが、徐々に雲が明るくなってきたので、もうしばらく東の空を見続けていました。
すると隠れた雲の上から再び太陽は出てきたのです。
二度目の日の出です。
20111008-7.jpg
二度目はオレンジ色の太陽で、しかも眩しい光を放っていました。
そうなると周りは急速に明るくなり始め、海鳥の鳴き声も聞こえ始めました。
みるみる明るくなり、あっという間にオレンジ色の世界に変わったのでした。
20111008-8.jpg
連休の初日、いい感じです。
2011.10.01 Sat
早いもので今年も残り四分の一になりました。
暑い夏も過ぎ去り、すっかりと過ごしやすい気温になって来ました。
それとともに朝は明けるのが遅く夕方は日没がずいぶんと早くなってきました。
何となく明るい時間が少なくなるのでさびしく感じるのでしょう。
太陽の光も随分と弱くなってきました。

そんな秋の夕暮れは一方で美しい色となるのです。
今日の写真ではなく、2日前のものですが、この日の日没は快晴の中で終わりました。
そして富士山がよく見えました。
こんなときはやはり海に行くと素晴らしい景色を見ることができるのです。
20110928-7.jpg
漁港の夕暮れは何となくさびしくもあり美しくもあり、小生の好きな場所なのです。
そう言えば9月8日がダイヤモンド富士だったので、20日ほどかけて太陽はずいぶん移動したことになります。
この日の太陽はダイヤモンド金時山でした。

そして、太陽が沈んで見えなくなったので漁港から移動して、いつも富士山をとっている場所に行くと、なぜか若者たちがバーベキューをして大はしゃぎ。
そのうるささを鬱陶しく思いながら撮った写真です。
潮が満ち始めてきたのかときどき波がずいぶんと近寄ってきたりするタイミングを計りながら波打ち際に近寄って撮りました。
20110928-8.jpg
この澄んだ空とオレンジ色の光が秋なのですね。
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。