未分類花・草・木風景画叙情日常での出来事くつろぎビールニュースや新聞から富士山
一日の始まり、終わり、海、山、町、花、中年おやじの見た自然の風景、出来事の日記
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.09.28 Wed
日曜日から火曜日まで贅沢にも休暇が取れ、しかも中学校の息子もお休みだったので家族で少し旅行でもという案が出たのが8月。
そこで、紅葉が見られてしかも温泉も入って珍しい動物でも見られてなどと考えて小生が出したのが立山でした。
妻と息子は私がかつて連れて行って歩いたことがあるのは八方池程度。山経験がほとんどないのですが、立山なら天候さえ崩れなかったら小生がアシストしてなんとか3000mの高さに連れて行ってあげられると考えたのです。

そんなこんなで、立山に行ったのです。
ところが一番の目的の紅葉に関しては、今年は大不作らしく、ほとんど色付かずに枯れている状態でした。
そして天気は最後の日だけが快晴で、それ以外は曇り空。
冴えない天気でした。

しかし、曇り空だったのが幸いしたかもしれないのが雷鳥が出てきてくれたことでした。小生も5回以上も雷鳥にお目にかかったことはありませんでした。
しかも、突然目の前に出てきたのには驚き、あわててカメラを向けたのがこの写真です。
あわてぶりが分かるような写真ですが望遠ではなく標準レンズです。
20110925-2.jpg
雷鳥だけはラッキーでした。
そして、みくりが池温泉で宿泊。
日本一高い場所にある温泉で曇り空を慰め、翌日を期待しました。
しかし、翌日も曇り。しかも室堂の気温は5℃。寒い中を、励まして雄山まで何とか登りました。
山慣れてないというのはこういうことなんでしょう。室堂から雄山まで3.5時間。
あまりの遅さに小生は寒さに耐えねばなりませんでした。
雄山山頂は1℃、寒すぎました。
曇り空でも見通しはよく八ヶ岳までも見えたのです。
雄山から室堂の写真はあまりにもつまらないので、別の写真。
これは剱岳が見える場所から撮ったのもです。
20110926-2.jpg
妻も息子もここでギブアップ。下山をすることになりました。
そして励まし励まし、下山。再び温泉で疲れをいやすことに。
その日は夕方になってようやく雲の中から太陽が顔を出してくれました。
それはもう日没間際でした。
でも太陽が出るとうれしいもので、寒い中再び外に出て写真を撮りました。煙が出ているのは地獄谷のガス。
20110926-3.jpg
そして、最終日もうすぐに帰るという感じでしたが、快晴だったのでせめて降りる前にお手軽な室堂山に行こうと誘い、息子だけを連れて行きました。妻はお土産などの買い物。
わずか1時間少しでしたが、快晴のアルプスの景色を見ることができました。
薬師岳、黒部五郎岳、笠ヶ岳、槍・穂高を見渡せる五色ヶ原方向の素晴らしい景色が見られたのでまずまず満足。
20110927-2.jpg
今回はやはり家族旅行、これで良しと考えています。
山はやはり山仲間と行かなくちゃ。
スポンサーサイト
2011.09.24 Sat
今朝は気温が18℃しかなく、いつものようにショートパンツで海に行って大失敗。
寒かったのです。

しかし、寒さに打ち勝つ美しい景色が待っていました。
風もなく引き潮で、まるで池の様な海。
そしてその静かな海に写しだされる雲の色がほんと素晴らしかったです。
日の出直前からその美しい色が現れてきました。
20110924-4.jpg
雲が赤くなりその色が引いていく波の後に写しだされて独特の雰囲気になりました。

そしてわずか数分後に太陽が現れてきました。
すると辺りも明るさが一段と上がり、非常にきれいな景色でした。
20110924-5.jpg
今朝は全く波が無かったので、サーファーが一人もいません。
久々に景色を独占している感覚です。
波立つ海もそれなりにいいのですが。
波が無くかつ引き潮の海もきれいですね。
20110924-6.jpg
2011.09.19 Mon
一週間ほど前の天気予報では、この三連休は天気が悪いということでしたが、全くの外れでした。
今朝も気持ちの良い晴天です。
ただ、もう勘弁してよと言いたくなるのが暑さですね。
一週間以上も熱帯夜が続いています。

夜明け前に海に行きました。
今月になって頻繁に見えるレンブラント光線、今朝も美しく輝いていました。
20110919-5.jpg
この光線が夜明けを告げる感じがします。でも地上はまだ暗い。
江ノ島の灯台もまだ照明がついています。

そんな美しい時間から20分ほど。
太陽が昇って来ました。
台風の影響でしょうか波が高く、大きいので波のしぶきで太陽の光が拡散してきれいなオレンジ色の世界になりました。
この時間は本当に気持ち良いですね。
20110919-6.jpg


さて、西の空はどうかと言うと。
今朝も富士山がくっきりと見えていました。
ただ、こちらも潮のしぶきで周りが少しかすんでしまい、昨日のようなきれいな赤富士にはなっていませんでした。
台風の影響が出ているようですね。
今週は要注意ですね。
20110919-7.jpg
2011.09.18 Sun
今朝は、よく晴れました。
昨日の西の空は灰色の雲がモクモクと湧いて、箱根の山もほとんど見えてませんでした。
今朝は違います。
富士山が久々にものすごく美しかったのです。
いわゆる赤富士と言われる姿を見せてくれました。

20110918-4.jpg
日の出の時刻になっても東の空は相変わらず地平線近くの黒い雲に邪魔されて太陽が出てきません。
しかし富士山の山頂には日が当って赤くなり始めました。
今朝の海は静かで、波の音がものすごく心地よいものでした。
本当に波打ち際まで来ると波が引いていくときにぷつぷつと泡が砕ける音もしました。
これも何となく癒される音でした。
20110918-5.jpg
そんな音を楽しみながら、富士山を見ているとどんどん赤くなってきます。
太陽はまだ姿を見せません。
そして日の出時刻から10分近く経過して急に強い光がさしてきました。
その時点で富士山の赤色は褪せてきました。
太陽がです直前が最も赤い姿になるようです。
20110918-6.jpg
2011.09.17 Sat
今月に入ってすっかりと日の出が遅くなってきたと実感しています。
小生の勤務先がサマータイムに入ったのが7月の最初ですから約2.5カ月ほど前、その頃は4時半過ぎに日の出だったと思います。
それがこの頃は5時半、つまり一時間も遅くなったのです。
そんな9月に入って、日の出前の東の空はいつも地平線近くに黒い雲が横たわっているのです。

しかし、その雲のおかげで赤く輝くレンブラント光線をすでに3回も見ています。

昨日の深夜に音を立てたかなり激しい雨が降っていましたが、今朝はそれも上がり、空が明るかったので海に行きました。やはり雲が横たわり日の出を邪魔していたのですが、そのおかげで天に向かってレンブラント光線が輝く時間がありました。
20110917-2.jpg
太陽が出なくても美しい世界になります。

そして振り返ってみると、一昨日の9月15日の5時過ぎにはもっときれいな赤い光を見ていました。
小生宅から外に出てすぐのところからです。
20110917-3.jpg
昼間や夕方の場合レンブラント光線は上空から地上に向かってレースのカーテンの様に見えるのですが、日の出前は地上から天に向かって赤い光線となるのでより美しく思われます。

そしてさらに一週間前、9月8日の日の出前にも赤いレンブラント光線を見ていました。
20110917-4.jpg

9月の光線、美しいですね。
2011.09.10 Sat
今朝は久々に熱帯夜。
寝苦しい朝となってしまいました。
いつものように海岸に行っても風がなく蒸し暑さと息苦しい潮の匂いだけでした。
しかし、夜明け前の海岸は非常に美しい色でした。
20110910-5.jpg
何となく紫っぽい空が感動的でした。

そして、日の出は眩しい太陽が現れ、その光が海に差すと急に気温も上がってしまったように思いました。
どうも夏が戻って来たような感じです。
20110910-6.jpg

東の方を見ると、昨日あまりよく見えなった富士山がくっきりと見えていました。
しかし、気温が高く、水蒸気が昇っているのか何となくもやっているのが残念。
そうは言っても海越しの富士山はやはり美しい。
20110910-7.jpg
海岸は8月とは様変わり。静かな海が戻って来ました。
これだけは夏に戻らなくても結構です。
2011.09.08 Thu
会社のサマータイムがあってよかったと思ったのは今日ぐらいでしょうか。
おかげでダイヤモンド富士を見ることができました。

フリーソフトのカシミールで今年早々に小生がいつも散歩している海岸からのダイヤモンド富士はいつなのかをシミュレーションしていました。
その結果は4月5日と9月8日。
毎年そうなのですが、春霞の季節と秋雨の始まるころということで、どちらも見られないのが普通。
両方とも見られたのは何年も住んでいても記憶にあまりありませんでした。
ところが今年は二回も見られました。
本当にラッキーなことでした。
4月のダイヤモンド富士は小生の4月のブログから見てください。
4月は快晴だったので完璧なダイヤモンド富士でした。
今日は少し雲が多く、見られるのかやきもきしました。
しかし、太陽が沈む時間にはくっきりと富士も見え、何とかダイヤモンド富士になりました。
20110908-1.jpg

やはり美しい。
しばらくは見とれていました。
太陽が完全に沈んでからも、雲が多いと色がオレンジ色からピンク色に変化し、それはそれで美しいシルエットの富士山となりまたまた別の美しさが味わえるのです。
これが二回も見られるのは幸運でした。
20110908-2.jpg
2011.09.04 Sun
ようやく過ぎ去った台風。
先週の初めのころは直撃コースかな、なんて言ってました。
ところが、日に日に西へとずれていくような進路でした。
先週の木曜日ごろから影響を受けて金曜日はやってくると思ったのですが、のろのろのスピード。
早くても自転車並み、遅いとジョギング程度のスピードなのです。
このため土曜日はいつもの様な海岸散歩はもちろんできず家にこもっていたのです。
今朝になって、明け方には晴れ間が見えて、きれいな空になったのですが、窓を開けると猛烈な潮の匂い。
これに気分を悪くし、今日も海に行かずというわけです。
まあ、朝の空はきれいだったので、少し外に出てその空に向けて一枚だけ撮影しました。
20110904-1.jpg

西に動いたおかげで、結局小生の住んでいる近辺は大きな被害はありませんでした。
のろのろせずにとっとと行ってほしいものです。
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。