FC2ブログ
未分類花・草・木風景画叙情日常での出来事くつろぎビールニュースや新聞から富士山
一日の始まり、終わり、海、山、町、花、中年おやじの見た自然の風景、出来事の日記
2011.07.31 Sun
今日は7月の最後の日というのに曇り空で全然暑くないですね。
温度計を見ると23℃程度です。
風が吹くと寒く感じるくらいです。
今年は8月前だというのにもう夏が終わってしまったのでしょうか。
秋に突入するのかと思ってしまいます。
週末の海岸散歩も行く気がせず、家でゴロゴロの休日です。
おまけにいつも使っているレンズを今修理に出していることもあって、カメラを持ち歩く気にもなれず、写真をほとんど撮っていません。
そんなわけで話題もありません。

したがって、またまた先日の仙丈ヶ岳に行った時に撮った高山植物の写真でもアップします。
仙丈ヶ岳山頂から降りて行く途中に見つけた花ばかりです。

最初の花はアオノツガザクラ。
この花も特に珍しいわけではありませんが、やはり目に着く花です。
20110731-1.jpg
小生といつも一緒に行く仲間の一人はこの花が好きです。今回も「あっ、いたいた」というのですぐに分かりました。ボンボリのようでかわいらしい花ですね。

そして、そこから仙丈小屋という山小屋はすぐです。
この小屋は以前行ったときは廃墟同然の避難小屋と思うほどひどく、トイレなどなく、小さな掘立小屋に穴が掘ってあるだけのものがありました。
そこがなんと驚くほど素晴らしい小屋に変身していました。
以前、この小屋から少し下ったところにミヤマクロユリの大きな株が何か所もあったことを思い出し、小生は、この小屋からは足元近くをきょろきょろしながら歩いていました。
それらしき株はなく、やはり年や季節によって違うしなあと思っていたところで出会いました。
20110731-2.jpg
結局大きな株は見ることができませんでしたが、記憶に残っていたこととその近辺で出会えたのがうれしかったのです。
そしてさらに下っていくと、ミヤマキンポウゲという黄色い花が目立つようになり、その黄色の花の隙間からという感じで、ピンク色の花がポツリポツリと咲いている場所がありました。
ハクサンチドリです。
この花も小さな花一つ一つを見るとはっきりとラン科の花であることが分かります。
20110731-3.jpg
このような花は山に行かないと出会えないので、見つかった時はやはり山に来てよかったと思うのです。

スポンサーサイト



Template by まるぼろらいと