FC2ブログ
未分類花・草・木風景画叙情日常での出来事くつろぎビールニュースや新聞から富士山
一日の始まり、終わり、海、山、町、花、中年おやじの見た自然の風景、出来事の日記
2011.03.19 Sat
大地震から1週間が経過しました。
本当に悪夢でしたね。
でも、あれからの一週間は生活が大きく狂いました。
夜によく発生する地震、この数日で何回揺れを感じたでしょう。
そして、ダイヤ通りに動かない電車。
通勤に苦労する日々でした。
さらに停電、真っ暗になり、その間仕事ができない。
電気のありがたさを知るのですが、いつまで続くのか不安となります。
ガソリンがない。車通勤の者は、俺はあと二日、俺は三日は持つなどと話しています。
コンビニで弁当、おにぎり、調理パンがない。きっとデマが飛んでいるのだと思います。

日常の何気なく暮らしている快適生活がかなり崩れたのでした。
被災地に比べれば大きな幸せと感じることで、この不便さは我慢できるのですが。
いつまで続くのでしょうね。

今朝は、晴れるという予報とは違って雲がいっぱいに広がった朝でした。
海に行ったものの日の出は見ることもできませんでした。
気温は8℃もあったので暖かく感じたのですが、風が強く波が荒れていました。
そんな海から富士山は見えました。
20110319-1.jpg
何となく淡い感じの色で、笠雲をかぶっていました。
明日から天気は下り坂、これを言い表しているのでしょうか。
しばらくいても雲はあまり変化なく、本当に晴れるのかなと思いながら、強い風の中を散歩していました。
波があってもサーファーがほとんどいないのはなぜでしょうか。
20110319-2.jpg
地震があってからこの海岸も何か変化があったように思えます。
スポンサーサイト



Template by まるぼろらいと