FC2ブログ
未分類花・草・木風景画叙情日常での出来事くつろぎビールニュースや新聞から富士山
一日の始まり、終わり、海、山、町、花、中年おやじの見た自然の風景、出来事の日記
2011.03.13 Sun
会社のデスクで仕事をしている最中でした。
周りから、あれ揺れてるよねという声が最初でした。
それから、ああ本当だ、揺れてるね。
おや、なんだかでかいぞ。
机の下に潜れ!!!!
どうなるんだろう、どきどき。
こんな感じで初めて味わった地震の恐怖でした。
揺れが収まったら皆一斉にネットで状況を調べる。
東北みたいだぞ。
まさか東北の地震でこんなに揺れるわけないじゃない。
それからしばらくして余震。
皆が再び緊張。
そのうちに明らかに。東北の太平洋一帯はほとんど震度6以上。
なんと小生の仕事をしていたところも震度5弱。
その日は電車も動かず、車通勤をしている仕事仲間に乗せてもらって帰宅。
どっと疲れが出ました。
そしてテレビを見ている大津波の衝撃的な映像が次々と現れる。
悪夢でしたね。
昨日はよく晴れた穏やかな一日でしたが、朝の散歩はもちろんなし。
というのは海岸は大津波警報が発令されていたからです。
そして昨日、会社の仕事場が相当乱れたので復帰させるために出勤。
帰宅して今朝を迎えました。
今朝は津波の警報、注意報が解除されていたのですが、なんとなく不気味で行けず。
今日も穏やかで風もなく富士山も朝からずっと見えているので、夕方には行ってみようかと思います。
それにしても100年に一度の地震と400年に一度の地震と1000年に一度の地震が同時に来たということですからその最小公倍数をとっても2000年に一度の地震。
つまりキリストが生まれてから一度も起こってないという確率かな?
そんな地球史の一ページに遭遇したのです。
不運です。
それよりも町全体が津波で飲み込まれたあの衝撃的な映像、本当に申し訳ないけれど家にいながら飲み込まれ砕け散ってしまった人がものすごく多いのでしょう。
東北は今年は新幹線が新青森まで開通、そして最速新幹線はやぶさの登場で活気あふれる場所になるはずだったのに。
日本人皆が復興に協力したいですね。
今朝、暖かな日差しにいい香りを乗せた沈丁花の花が何もなかったように咲いています。
20110313-1.jpg
スポンサーサイト



Template by まるぼろらいと