未分類花・草・木風景画叙情日常での出来事くつろぎビールニュースや新聞から富士山
一日の始まり、終わり、海、山、町、花、中年おやじの見た自然の風景、出来事の日記
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.03.27 Sun
昨日は停電がありませんでした。
やっぱり安定して電気が使えるのは素晴らしいことですね。
本当に切羽詰まった状況になると多くの人が節電意識を持つようになり、いろいろと実行しているようです。
小生は昨日買い物に出かけたときに衝動買いしてしまったのですが、たまたま目に留まったのがLED電球。
なんでも型落ちのようで1個が980円、まあそれでも高いわけですが、この際節電に少しでも役立つと思い、3個買いました。
今後、LED電球はあちこちでどんどん取り入れられるのではないでしょうか。

今朝は雲が多めでしたが、月がよく見えていたので、海岸散歩してきました。
昨日と同様、海岸は人が少なく波のない穏やかな景色でした。
太陽が出てくるまでは暗い感じの海でした。
20110327-1.jpg
ところが太陽が出てきた途端に明るくなり、わずかな時間で周りはオレンジ色になってしまいました。
この急速な明るさと色の変化は、その時間にその場所にいなければ味わえないのです。
幸福の時間と場所なのです。
20110327-2.jpg
太陽が出てくると雲も徐々に消えていきますます明るくなるのです。

今日も停電はありませんが、たっぷりと太陽の光を家の中に取り込んで、節電を心がけましょう。
スポンサーサイト
2011.03.26 Sat
昨日の夜は輪番停電の最後の時間帯でした。
この時間帯は茶の間のゴールデンタイムですから停電はかなり辛いのです。
しかし、予定よりは1時間ほど早く終わったようでホッとしました。
この二週間を通して停電の予告に対して、どうなるか大体のパターンがわかって来ました。
小生の勝手な推測に基づくと、
①土曜、日曜は停電は回避される
②平日の朝は回避される
③平日の夕方から夜は実施される。
したがって、夕方から夜に住んでいるところのグループが回ってくると停電になるのです。

というわけで、今日も明日も停電はなしです。
昨夜は停電だけでなくなぜか雨も少し降って憂鬱な週末の夜だったのですが、今朝は雨も上がって晴れてきました。
東の空にはまだ雲が多く残っていたので日の出は見られるのか微妙でした。
まあ、そんな天気でも、海岸に行くと風もなく非常にきれいで静かな海を見ることができました。
20110326-1.jpg
今朝の日の出前は本当に波音と海鳥の声だけで人もおらず小生が海を独占していました。
そしてしばらく経ったら雲から太陽が突き抜けてきて日の出を迎えました。
20110326-2.jpg
雲が多いので太陽が出ると明るさが際立ち、周りも一気に明るくなってきました。
それに連れて釣り人が現れ、波が無いのにサーファーが現れてくる海岸でした。
穏やかな週末になればよいですね。
2011.03.20 Sun
昨日もテレビを見ていたらテレビから緊急地震速報が流れました。またか、と思いながらもとりあえずテーブルの下に隠れる準備をしていると本当に揺れ出しました。
震度は2だったのですが、この緊急地震速報が鳴るというのは心の準備ができるため、素晴らしいシステムに思えます。
昨日も今日も計画停電は中止で、一日中電気はやって来ます。
ありがたいことです。こんなときでないと電気や水は空気と同じ感覚になってしまいます。


今朝は朝から気温が高く、小生が海岸散歩に行くときに温度計を見るとすでに8.8℃もありました。
弱い風が吹いていたのですが昨日と比べると大違いでした。
海岸に着くと、今朝は東の空は雲が無かったのですが西の空は薄い雲に覆われて富士山や箱根は見えず、丹沢はぼんやりです。
波も穏やかで湖の様な静かな海です。
そんな中から太陽が出てきました。オレンジ色で少し光が弱い感じでした。
20110320-1.jpg
春の海になって来ましたね。
だんだんとメリハリのある色からパステル調の淡い色になって来ました。
静かな日の出です。
20110320-2.jpg

何とも言えない気持ちよさがありました。
今日こそは揺れない日になってほしいと思いました。
2011.03.19 Sat
大地震から1週間が経過しました。
本当に悪夢でしたね。
でも、あれからの一週間は生活が大きく狂いました。
夜によく発生する地震、この数日で何回揺れを感じたでしょう。
そして、ダイヤ通りに動かない電車。
通勤に苦労する日々でした。
さらに停電、真っ暗になり、その間仕事ができない。
電気のありがたさを知るのですが、いつまで続くのか不安となります。
ガソリンがない。車通勤の者は、俺はあと二日、俺は三日は持つなどと話しています。
コンビニで弁当、おにぎり、調理パンがない。きっとデマが飛んでいるのだと思います。

日常の何気なく暮らしている快適生活がかなり崩れたのでした。
被災地に比べれば大きな幸せと感じることで、この不便さは我慢できるのですが。
いつまで続くのでしょうね。

今朝は、晴れるという予報とは違って雲がいっぱいに広がった朝でした。
海に行ったものの日の出は見ることもできませんでした。
気温は8℃もあったので暖かく感じたのですが、風が強く波が荒れていました。
そんな海から富士山は見えました。
20110319-1.jpg
何となく淡い感じの色で、笠雲をかぶっていました。
明日から天気は下り坂、これを言い表しているのでしょうか。
しばらくいても雲はあまり変化なく、本当に晴れるのかなと思いながら、強い風の中を散歩していました。
波があってもサーファーがほとんどいないのはなぜでしょうか。
20110319-2.jpg
地震があってからこの海岸も何か変化があったように思えます。
2011.03.14 Mon
本当に悪夢か天罰かと思うほどむごい惨事でしたね。
あの大きな揺れを経験すると二度と起きてほしくないと思いますね。
そして地獄のような津波の鮮明な映像、ショックでしたね。
あれは、世界で初めてクリアな映像で多くの場所で撮影された記録ですね。
あの映像が頭から離れなかった日曜日の朝は、津波の警報が解除されていたにもかかわらず、行けませんでした。
夕方になってようやく行ってみると、引き潮、風がなく、気温が高かったということもあって穏やかな夕陽を見る子tができました。
こんな海は波の音も心地よく、長い時間いても恐怖はなく、癒されるのです。
30110313-2.jpg

一万人をも飲み込む巨大な津波とは全く別な世界です。
本当に元に戻ってよかった。
けれども二度と戻らない平和な家庭を奪われた宮城や岩手の方を考えると心臓の鼓動が激しくなります。
何を考えればいいのでしょうね。
30110313-3.jpg
2011.03.13 Sun
会社のデスクで仕事をしている最中でした。
周りから、あれ揺れてるよねという声が最初でした。
それから、ああ本当だ、揺れてるね。
おや、なんだかでかいぞ。
机の下に潜れ!!!!
どうなるんだろう、どきどき。
こんな感じで初めて味わった地震の恐怖でした。
揺れが収まったら皆一斉にネットで状況を調べる。
東北みたいだぞ。
まさか東北の地震でこんなに揺れるわけないじゃない。
それからしばらくして余震。
皆が再び緊張。
そのうちに明らかに。東北の太平洋一帯はほとんど震度6以上。
なんと小生の仕事をしていたところも震度5弱。
その日は電車も動かず、車通勤をしている仕事仲間に乗せてもらって帰宅。
どっと疲れが出ました。
そしてテレビを見ている大津波の衝撃的な映像が次々と現れる。
悪夢でしたね。
昨日はよく晴れた穏やかな一日でしたが、朝の散歩はもちろんなし。
というのは海岸は大津波警報が発令されていたからです。
そして昨日、会社の仕事場が相当乱れたので復帰させるために出勤。
帰宅して今朝を迎えました。
今朝は津波の警報、注意報が解除されていたのですが、なんとなく不気味で行けず。
今日も穏やかで風もなく富士山も朝からずっと見えているので、夕方には行ってみようかと思います。
それにしても100年に一度の地震と400年に一度の地震と1000年に一度の地震が同時に来たということですからその最小公倍数をとっても2000年に一度の地震。
つまりキリストが生まれてから一度も起こってないという確率かな?
そんな地球史の一ページに遭遇したのです。
不運です。
それよりも町全体が津波で飲み込まれたあの衝撃的な映像、本当に申し訳ないけれど家にいながら飲み込まれ砕け散ってしまった人がものすごく多いのでしょう。
東北は今年は新幹線が新青森まで開通、そして最速新幹線はやぶさの登場で活気あふれる場所になるはずだったのに。
日本人皆が復興に協力したいですね。
今朝、暖かな日差しにいい香りを乗せた沈丁花の花が何もなかったように咲いています。
20110313-1.jpg
2011.03.06 Sun
昨日の午後からちょっとした所要あって横浜に行ってました。
まあ、電車で30分乗って帰ることができるわけですが、昨日は横浜のホテルに泊まっていたのです。
そして、久々に朝を横浜で過ごし、午後に帰ってきたのです。
朝は晴れていたのですが徐々に雲が多くなり、帰ってくるときには何となく薄い雲に覆われていたのですが、富士山がよく見えていたのです。
富士山好きの小生にとっては富士山が見えるとどうも海岸へ行きたくなってしまいます。
日没直前に海に行くと、すごい南風が吹いていて、波がうねっていました。
雲も多く、太陽は見ることができないと思っていたのですが、ほんとに沈む数分前に太陽が今日の最後の光を放ったように出てきました。
その光がものすごく美しかったのです。
20110306-1.jpg
やはりこういう風景を見るとうれしくなってしまいますね。
天気は下り坂なので明日は富士山も太陽も見ることができないかもしれません。
そんなことを考えると今日の日没時の富士山と太陽を見られたのはラッキーでした。
20110306-2.jpg



・・・・・・・・・・・・・・
おまけ

今朝の日の出直前。
横浜の山下公園からの東の空です。
まあベイブリッジや氷川丸を見ながらの日の出もたまにはいいもんです。
20110306-3.jpg

2011.03.05 Sat
今朝は寒かったです。
小生宅の玄関前の温度計は1.2℃。
雲もほとんど無く快晴。
日の出も早くなってきました。
小生は6時ごろに家を出たのですが、空が思ったより明るくあわてて大股で歩いて、海岸に到着したときは少し汗が出てしまいました。
波打ち際に立った時には太陽は出始めていました。
時計を見ると6時12分、太陽はずいぶんと早く出てくるようになりました。
カメラを手にとってレンズのキャップを外して、フードをセットして、スイッチをオンして、構えて一枚目の写真がこれ。
太陽が昇る速度は思ったよりも早いのです。
20110305-1.jpg
この色は真冬の色ですね。
しかし太陽が昇り始めると、急に暖かさを感じるのがこの季節かもしれません。
今日は午後には横浜に行って、横浜で泊ったりするので、明日は横浜の景色をアップするかもしれません(笑)。
20110305-2.jpg
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。