FC2ブログ
未分類花・草・木風景画叙情日常での出来事くつろぎビールニュースや新聞から富士山
一日の始まり、終わり、海、山、町、花、中年おやじの見た自然の風景、出来事の日記
2011.01.10 Mon
今朝の日の出の頃は今年になって最も雲が多く発生していたと思います。
快晴でないとこんなに暗いんだと思いながら海岸へ。
意外にも風がなく波が静かで、寒さはさほど感じませんでした。
幸い、東の低い位置は雲が抜けてオレンジ色になっていたので、太陽は出てくるということが分かりました。
今朝の海は周りを見ても小生ともう一人しかいませんでした。
そんな中から太陽が出てきました。
雲が多い中から出てくる太陽は快晴の日とはまた違った感動があります。
結構美しいのです。
20110110-1.jpg
海の色は冷たい色なんですが、空の色が映っていたりしてきれいなんです。
そして、太陽からさらに南東の房総半島の方を見ると今朝はかなりくっきりと浮島現象が見られ海の上に陸がぽっかりと浮いているのがよく見えました。
この蜃気楼の一種は冬によく見えるのですが、今朝はかなりはっきりとしていました。
20110110-2.jpg
西の空には富士山も見えていたのですが、今朝は山頂近辺だけで、手前の雲が全体を邪魔していました。
それよりも、箱根の山がものすごく陰影をもって見えていたのが印象的でした。
昨日から今朝にかけて雪になったんでしょうね。
少し白っぽく見え、それが一層、複雑な陰影を作ったようです。
それにしても箱根は複雑な地形なんですね。改めて感心しました。
20110110-3.jpg
スポンサーサイト



Template by まるぼろらいと