FC2ブログ
未分類花・草・木風景画叙情日常での出来事くつろぎビールニュースや新聞から富士山
一日の始まり、終わり、海、山、町、花、中年おやじの見た自然の風景、出来事の日記
2011.01.03 Mon
もう毎年のことになりますが、正月の2日、3日は箱根駅伝の沿道応援に行ってしまうのです。
今年も惰性のようなものでやはり応援に行ってきました。
そもそもテレビを見ていることがいけない。
いや、そんなことはありません。ヘリコプターの音が聞こえ始めたら小生の家の近辺から多くの人が海に向かって歩いて行くのでそれを見ると行ってしまいたくなるのです。
国道に着いて並んでいると近所の人たちに会い、こんな場所での新年のあいさつをするのです。
読売新聞の販売の人でしょうか。応援の旗を渡してくれます。みんな、カードレールから上半身を道路へ乗り出して応援です。
警備員が「だめ、だめ」と注意するのですが、あまり意味がありません。
しばらくするとパトカーが現在の先頭走者の位置を教えてくれます。
それからしばらくすると、遠くから旗がちらちらと動くのが見え、どんどん近付いてきます。
そのタイミングが走者と合っているので、走者がどこまで来たか分かるのです。
すると放送車が見え始めます。
20110103-3.jpg
そのすぐ後ろに先頭の走者がいるのです。
今日の場合は小生の応援沿道は8区、早稲田大学がトップでした。
20110103-4.jpg
トップが過ぎ去って1分以上たつと再び旗が振られて2位が分かるのです。
そうしてさらに数分待って3位・・・。
この先はトップが過ぎ去って相当時間がたったと思う頃に何人かが固まってきました。
これはシード権争いをしている大学。
トップなんかより応援の声は大きくなります。
20100103-5.jpg
そしてもう15分以上経過して最後の最後日大の選手が過ぎ去って行きました。
20110103-6.jpg
テレビではあまり気付かなかったのですが、今年は伴走車はすべて豊田ナンバーのプリウスで非常に静かに走行していました。マラソンや駅伝も環境配慮でしょうね。

こうして約20分、恒例の行事が終了するのです。
スポンサーサイト



2011.01.03 Mon
全国的には荒れた正月のようですが、神奈川県の南部は正月の三日間に関しては晴れでした。
とは言うものの海の散歩では三日とも違った景色でした。
今朝の東の空は暗い雲が低く横たわって、日の出の時刻になっても太陽が出てきませんでした。
結局日の出の時刻から15分ほど経って高い位置から出てきました。
その時はすでに眩しい太陽で周りは昼間のようになってしまいました。
むしろ太陽が出る前の雲と海の色が美しく印象的でした。
20110103-1.jpg
反対方向の富士山は今朝もピンク色に染まっていましたが、何となく冷たい感じに見えました。
海は三日間の中では最も静かで、湖のようになっていました。
箱根が何となく白っぽく見えていたのですが、これは雪だったようです。
20110103-2.jpg
毎日晴れても違う景色になることが同じ所へ行く散歩で飽きない理由のようです。
Template by まるぼろらいと