未分類花・草・木風景画叙情日常での出来事くつろぎビールニュースや新聞から富士山
一日の始まり、終わり、海、山、町、花、中年おやじの見た自然の風景、出来事の日記
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.12.31 Fri
一年が早く感じるようになってきました。
2010年はかなり早く過ぎ去ったように思います。
そして大みそかの太陽も沈み新たな年を迎えようとしています。
そんな大みそかの最後の太陽を見に海岸に行きました。
寒いのに意外なほど多くの人がいました。
ほとんどに人が沈む太陽にカメラやビデオを向けていたようです。
今年最後の太陽は、茅ケ崎の海岸から見ると箱根連山よりも南寄りの真鶴半島あたりに沈んで行きました。
20101231-1.jpg
箱根の神山や駒ケ岳がやや赤みを帯びていたのが印象的でした。
そして、さらに南側を見ると、伊豆の天城の山々が波の向こうにあり、きれいなシルエットで見えました。
今日は波が比較的荒れていて冷たい風と共に大きな音を立てていました。
20101231-2.jpg
箱根の山からやや北西に体を向けるとそこに富士山があります。
富士山は山頂が雲に覆われていました。
この姿が実に寒そうで、暖かな飲み物が欲しくなるような光景でした。
20101231-3.jpg
このような景色の中で今年最後の太陽は沈んで行きました。
来年もいい年で、きれいな景色を見ることができるように。
よいお年をお迎えください。
スポンサーサイト
2010.12.28 Tue
昨日に続いて今日は塔ノ岳からの神奈川県の湘南地方の景色を。

まずは登った日、日没からかなり経過しながらもわずかに空は明るさが残っているころ。
街や道路の照明が宝石のように光り出した時刻です。
下界でもクリスマスの夜のパーティーなどが始まったような時刻ですね。
20101226-7.jpg


次は翌日、まだ太陽が登る前の時間帯です。
街はまだ暗く照明の光があちこちに点在しながら空は赤くなっているころです。
普段なら小生が散歩に海岸に行く時間でしょうか。
20101226-8.jpg


その次は、雲の上に太陽が昇ってきたときです。
上から見るともう十分に太陽は昇っているので、海は太陽の光に照らされて明るくなっていると思うのですが、どうもそうではないように見えます。ただ明るさは十分に明るくなっています。
相模川は川面が赤くなってよく分かります。
20101226-9.jpg


そして太陽がかなり上に来て、もう眩しくなったころ、海は太陽の光に当たって光り始めました。
江の島から藤沢、茅ケ崎の海岸線は輝いています。そして相模川は一層明るくなっています。
美しい景色です。
20101226-10.jpg

丹沢の山々は、山の上から自分の住む町が見えるためどうしてもカメラを向けることが多いのですが、時間とともに変化する美しさを感じます。
2010.12.27 Mon
クリスマスに登った丹沢塔ノ岳からの富士山の写真をアップします。

まずは日没20分ほど前の夕日を浴びる富士山
手前の山々が何重にも重なって美しいです。
20101226-3.jpg


次に日没直前の富士山。
空の色が赤くなって富士山も少し暗くなってきました。
ますます色がきれいになって来ます。
20101226-4.jpg


お次が日没から30分近く経ったときの富士山。
まだ雪の白さがかすかに残ります。空は深い青色となり、下界の街に明かりが灯ります。
寒さが一段と厳しくなってきます。
20101226-5.jpg


そして翌日の朝の富士山。
寒さはピーク、笠雲が取れず日の出にもかかわらず赤くならなかった富士山です。
20101226-6.jpg
2010.12.26 Sun
昨年、一昨年と行っていなかった丹沢・塔ノ岳での忘年会を今年はやりました。
でも厳しかった。
クリスマス寒波到来のためか、今朝目が覚めて小屋のロビーの温度計を見ると外は-10.1℃。
つい数日前まで寒いと言いながら10℃程度の気温の中で暮らしていた小生にとって氷点下10℃は厳しかったです。

登る前に秦野のジャスコで刺身や鍋の肉、野菜、そしてワインなどを買い込んで登山口へ。
そこで荷物の分担をして登り始めました。
強い風もあって稜線に出るととにかく寒い。
景色も何も関係なく一目散に小屋を目指して歩きました。
小屋に到着したのは15時半少し前、もう数十人の人が小屋にいてかなりにぎやかでした。
こんなに多くの人がいるなんてびっくり。
まあそんな中、ビールを飲み、刺身などを食べていると周りの人が珍しそうに見て、山小屋で刺身食べてる人始めてみた、なんて言われて何となく恥ずかしい感じがしました。
例年こうやってるのだからいいじゃないと言いたいのですが。刺身を買って山に登るのはこの時期だからできること。夏にできない楽しみなのです。
まあ、そんなこんなでにぎやかに飲み食いしていると日没。きれいな富士山を見ながら酒も進みます。そしてどっぷりと暮れたら今度は東京から横浜そして湘南海岸までの見事な夜景。楽しみはいっぱいなのです。
そして朝の景色を見ながらの朝食。
なかなかやめられない忘年会なのです。
写真は何枚か撮ったのですが、小屋から出て10分もいると凍りつきそうになる寒さで手袋をしていても手がかじかんでカメラの操作ができなくなるので、こまめに入ったり出たりしながら撮りました。
今朝の富士山は赤く染まらず寒さだけを感じさせる富士山でした。
ずっと山頂の上に笠雲が出たままでした。
20101226-1.jpg
そして同じ時刻の東の空は太陽が雲の上に出てきて明るくなり始めたことです。
やはり自分が住んでいる場所を見てしまうのですよ。
相模川が赤くひかり、江の島がよく見え、その手前に小さいながらもえぼし岩が見えて。
普段だったらあの辺を散歩しているのだな、なんて思いながら撮影しました。
氷点下の世界ではゆっくりと見続けるという気にはなれませんでしたが美しかったです。
20101226-2.jpg
2010.12.25 Sat
今朝は寒いですね。
小生宅の玄関前の温度計は4.9℃です。
けれども風があってそれが冷たいんですよ。
海岸に出てみるとさらに冷たく耳が痛くなるほどでした。
今朝は東の空に雲が多く、その合間から太陽が出てきました。
20101225-1.jpg
太陽の光もそれほど強くなく、雲の後ろから光っているようです。
風が強く波が荒れているので、太陽が出ても暖かさがないのです。
とにかく今朝の波は荒れてぐちゃぐちゃですね。
こんな波はさすがにサーフィンできないのでしょうか。
サーファーは一人もいませんでした。
20101225-2.jpg
クリスマス寒波ということで気温が下がっているらしいのです。
暖かさに慣れているのに急に寒くなるのは困りますね。
小生はこれから丹沢に行きます。
今日は塔ノ岳の小屋でクリスマスパーティーを仲間とやる予定です。
夜の絶景が見られれば良いのですが。
久々の山です。
よりによって寒い日に行くことになります。
今シーズン初めて氷点下の世界に突入ということになりそうです。
2010.12.24 Fri
昨日は一日中快晴で空気が透明な日でした。
朝の強烈な太陽の光が印象的でしたが、一方で反対の西側には満月がまだ空高くにありました。
日の出前でも空は明るくなるのですが、そんな微妙な時刻には月の光がまだ輝いていました。
富士山が美しくなるころです。
20101223-3_20101223172958.jpg

そして強烈な太陽の光が差し込んだ後もしばらくは月が見え、その光が波打ち際に反射し、妙に美しく感じました。
太陽と月の両方の光が混ざった光が印象的でした。
20101223-4.jpg
明日は久々に丹沢に登る予定です。
そう、山でクリスマスパーティの予定です。
2010.12.23 Thu
今朝は気温も高めで、しかも快晴です。
本当に雲がほとんど見えません。
そんな中から太陽は昇って来ました。
今朝の太陽は出てきた時からすでにものすごく眩しく強い光線でした。
ファインダーを通して見ても強くて、目に残像が残るのです。
久々に見るこの強烈な太陽光線はなんで何でしょうか。
20101223-1.jpg
写真の様に太陽が3分の2程度出てきたところまでが限界で、全体が姿を現わしてからは写真にフレアが入っておまけに露出オーバー。
いやいや太陽の偉大さを知る朝でした。
ただ、その太陽が波を輝かせて波はとても美しくなりました。
こんなに太陽の光を美しく波が見えるのも久々のことでした。
20101223-2.jpg
冬の太陽は景色を作る光なのでしょうか
2010.12.19 Sun
昨日は学生時代の後輩たちと忘年会をしました。
土曜日だからというわけでもないのでしょうが、集合時間が午後3時。
しかも特に予約なしで飲み屋に直行。
そんなに早く飲み屋が開いているのかと言うと、開いているところもあるんですね。
さすがは横浜。
まあ、早くから飲んで早く切り上げられるということ。
と、思ったらなんてことはない、早く飲んだ分いつもよりも長い時間飲んでいたわけです。
そんなわけで、今朝は完全な寝坊。
一年に数回しかないと思われる7時少し前にに目が覚めてしまいました。
おまけに目覚めがそれほど良くなく、結局散歩も行かず。
年賀状も書き始めないとと思いつつ、手を付けるわけでもなく一日が終わりました。

したがって今日は写真を撮らず。
昨日の日の出にiPod touchで撮影した動画でも載せておきます。

2010.12.18 Sat
昨日からものすごく寒くなってきました。
今朝の小生宅の玄関前の温度計は4.1℃。
これはものすごく寒いですね。なんて言うと東北や北海道の方には笑止の戯言のように思われるでしょうけれど。
最近、週末は見事に晴れます。
今朝も快晴です。
今シーズン初めてダウンジャケットを着こんで海岸に出かけました。
日の出前から東の空はかなり明るくオレンジ色になっていました。
IMG_0466.jpg
風は弱かったのですが、比較的波が高く、そのため、サーファーがちらほらと出てきました。
そして日の出の時刻。太陽は赤く眩しい光を出して現れました。
この太陽を見ていると、寒さはやや和らいで来るような気がするのです。
釣りをしている人も犬の散歩をしている人もこの数分間は太陽の方向をじっと見て動かないんですよ。
みんなこの光景が好きなんですね。
IMG_0482.jpg
そして太陽がどんどんと上に行くと、海水も光り始め、周りはさらに明るいオレンジ色になって来ます。
砂浜にはいつ出てきたのかと不思議に思うほど多くのサーファーが海に向かいました。
明るい太陽の光が強くなるほど気温は上がり気持ちのよい朝となりました。
IMG_0505.jpg
2010.12.13 Mon
冬にかると晴天が続き、空気が乾燥して、富士山がよく見える。
小生の住む神奈川県の湘南地域は何と言っても海越しの富士山が見られるのがうれしいのです。
昨日の日曜日も晴天で富士山がきれいに見えました。
まだ地上からは太陽が昇ってこないのですが、富士山を見ていると山頂近くは太陽の光が当たっています。
早々とご来光を迎えたのでしょう。
暗い海に明るくなりつつある富士山が独特の美しさです。
20101212-4.jpg
そして地上でのご来光を迎えたころには富士山は全体に朝日を浴びてピンク色に染まります。
少し寒いけれど、ずっと眺めていられる景色なんですよ。
20101212-5.jpg
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。