FC2ブログ
未分類花・草・木風景画叙情日常での出来事くつろぎビールニュースや新聞から富士山
一日の始まり、終わり、海、山、町、花、中年おやじの見た自然の風景、出来事の日記
2010.12.12 Sun
昨日の朝は気温が7℃ほどでしたが、今朝は11℃以上。
おまけに昨日は強風注意報が出ていたほど風が強かったのですが、今朝はそんな強い風が吹かない。
そんなわずかな気温や風の違いが景色を変えてくれるのかもしれません。
今朝の日の出は、オレンジ色の明るい色でいきなり眩しい光を放つようなことがなく、徐々に明るくなっていきました。
20101212-1.jpg

そして昨日は見られなかったのですが、今朝は浮島現象が見られ、横須賀方面が海面の上に浮かんで見えました。
何となく最近見たような気もしたので少しブログを見直してみたら、10月31日に浮島を見たと記載していました。
写真を見ると今朝の方が浮いているようにも思います。
20101212-2.jpg
このような現象もいろいろと気象条件で左右されるのでしょうね。

そして昨日気がついたえぼし岩と伊豆大島が重なって見える場所に行くと今朝は大島が見えない。
そう、南は遠望がきかないようです。
20101212-3.jpg
いやあ、自然現象は気温や風でずいぶん変わるものですね。
2010.12.11 Sat
今朝は昨日よりも気温が高く、小生が散歩に出かけるときに見た温度計の表示は7.4℃でした。
ところがしばらくして寒いなあ、と感じてきました。
風が強かったのです。
海岸に出てみるとさらに風が強く、波の砕ける音より風の音が強いのです。
ところが意外にも波はそれほど大波というわけでもありません。
日の出前の海の色はグレーブルーの暗い色で、いかにも冷たそう。そんな海の上には美しいグラデーションの空があり、日の出を迎えようとしていました。
20101211-1.jpg

10分ほど経つと太陽が昇って来ました。
今朝の太陽は眩しくて見ていられませんでした。
もう一気に空は明るくなってにぎやかになってきた感じがしました。
それにしても波はそれほど静かでもなく、時々大きな波もやって来るというのにサーファーがまったくいないのは不思議なことです。
サーファーたちは波の情報をどうやって知っているのでしょうか。
海岸は釣り人と犬の散歩、そして小生の様にカメラを持って歩いている人だけでした。
20101211-2.jpg

ところで、もう何年も週末に海岸の散歩をしているのにどうして気付かなかったのだろうということがあります。
今朝小生が気付いたのはいつも歩いている場所のあるポイントでは、えぼし岩の後ろに伊豆大島が重なって見えるということです。100mも歩けばえぼし岩と大島は離れて見えます。
なんで気付かなかったんだろう。
20101211-3.jpg
2010.12.05 Sun
今朝もまだ星空の暗い時から富士山が見えていました。
空気が澄んで山が白いので、空が白んでくるころから見えるのです。
散歩で海岸に着いたときは日の出前、東の空はオレンジ色になっているのですが、西側はまだまだ暗くて何となく赤味が射してくるようなそんな時、富士山を見ていると体の芯から冷えてくるような感じがするのです。
20101205-1.jpg
そんな富士山は、平地での日の出の数分前から太陽の光が山頂付近を照らしてピンク色に成り出すのです。
そして、平地で太陽の姿が見え始めたころ、富士山は最も美しい赤富士になるのです。
赤富士というよりもピンク色の富士山ですね。
この景色が土曜日も日曜日も見られたのは久々です。
土曜日は波が高く威厳を感じる富士山。
日曜日は波がなく、やさしい母親の様な富士山。
どちらもいいですね。
20101205-2.jpg
2010.12.05 Sun
昨日は波が高くゴーゴーと不気味に唸っていた海が、今朝は湖に変わりました。
小生が散歩に行くときの小生宅の玄関前の温度計は7.7℃。
温度計通り昨日とは全く違って寒い朝となりました。
しかし、空気は澄んで快晴の空は非常に美しかったのです。
日の出前10分ほどの時間帯に1~2分刻みで4回程度上空高く飛行機が飛んで行くのが分かりました。
陸地ではまだ太陽が出ていませんが、飛行機の航跡が太陽の光にあたって光跡になっていていました。
成田に行くのでしょうか。それとも早朝だから羽田なのでしょうか。
何となく飛行機から夜明け前の時間帯の陸地を見てみたくなりました。
20101205-3.jpg
そんなことを考えながら海を見つめていたらようやく太陽が昇って来ました。
今日はオレンジ色の眩しい光を放って昇って来ました。
この光を見ると何となく気温も上昇してくるような気がするのです。
20101205-4.jpg
それにしても静かな海です。波が小さく音も小さく静かなのです。
こんな状態ですから当然サーファーもほとんどいません。
サーファーは波の高さの情報をどうやって知っているのでしょうね。
そんなことを考えているとどんどんと明るくなって、数分で周りは嘘のように明るくなり、それと同時に小生の視界には二人のサーファーが海に入りました。
それ以外は砂浜にもいない静かな静かな今朝の海でした。
20101205-5.jpg
2010.12.04 Sat
昨日の雨風は猛烈でしたね。
小生は久々に通勤時にびしょびしょになり、靴下が濡れて一日中不快な思いをしました。
一夜あけると、今朝は快晴です。
さっそく海へ行くと、昨日の風がまだ残っているのか波が高くものすごい音を立てていました。
ゴーゴーと唸っているのです。
少し不気味なほどです。
でも、この波はサーファーにとっては最高の様で、夜明け前から相当多くのサーファーが海に入っていました。
そんな中から太陽が出てきました。
20101204-1.jpg
意外に太陽はぼんやりとしていて輪郭がはっきりとしませんでしたが、眩しさは強烈でした。
そしてこんな快晴の日は、西側に富士山がくっきりと出るものです。
今朝も例外ではなく見事な富士山が見られました。
日の出近辺の富士山はいつ見ても気持ちがよいものです。
大波とその音がなければ心地よい場所となったでしょう。
20101204-2.jpg

しかし、この大きな波も不思議なことに太陽が高くなっていくにつれて少しおさまってきたようです。
ただゴーゴーと唸る音は消えませんでした。
Template by まるぼろらいと