未分類花・草・木風景画叙情日常での出来事くつろぎビールニュースや新聞から富士山
一日の始まり、終わり、海、山、町、花、中年おやじの見た自然の風景、出来事の日記
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.09.29 Wed
雨が続き、しかも気温が低かったのでなんとなく憂鬱になる日々でしたね。
天気予報では今日は晴れ、しかも今週最後の晴れとのことです。
予報通り、雲が覆いながらも東の空が赤くなってきました。
太陽の出る前の真っ赤な空も小生は大好きです。
20100929-1.jpg
数分後、明るく眩し太陽が出てきました。
この光を浴びるとものすごく元気が出てくるのは不思議です。
太陽光線が体に差し込むと何か活性化されるようです。
不思議なパワーです。
やっぱり朝は太陽が出てこないとね。
20100929-2.jpg
スポンサーサイト
2010.09.26 Sun
今朝は雲が点在するけれども晴れています。
ひんやりとした空気で気持ちよく、6時半ごろから海岸散歩。
富士山は少しかすんで、輪郭が見える程度でした。昨日、初冠雪したということですが、湘南海岸からはぼんやりとしていることもあってまったく分かりません。
昨日と同様で波は高く大きく砕けています。うねりが少ないのか、昨日よりもサーファーは喜んでいるようでした。
20100926-1.jpg

それにしても海ですからやはり波は大きく砕ける音も激しいのが心地よく感じてしまいます。
これから山で使っているコンロやコッヘルを持ってまた海岸に行って海でも見ながら朝食でもしようかという気分です。
20100926-2.jpg
2010.09.25 Sat
今朝は台風の影響でものすごい風と強くはないけれど刺すような雨が降ってました。
そして午前中にはそれらが止んで、日差しが出てきました。
陽が出ると気温は上がり、快適な暖かさとなりました。
一週間ほど前がうその様な気温の変化です。今年はこの天気と気温の変化が極端すぎるように思います。
風もほとんどなくなり雲が多いけれど光が差すので、日没前に海に行ってみました。
すると海はものすごく大きな波がいつもよりもずっと大きく海岸を浸食していて、さらには時々5m以上はあるなと思う巨大な波が砕けていました。
西の空は雲が多く、太陽はほとんど見えず雲の隙間から光が放射状に差し込んで海を赤く染めていました。
これはこれできれいな世界ではあるのです。
20100925-1.jpg
大きな波が次々に押し寄せるのでサーファーは大喜びしているのかと思いきや、あまりいませんでした。
夕方日没間際だからもう上がってしまったのでしょうか。
ただ、海から戻ってきたサーファーは、「こりゃだめだ」と言ってました。
20100925-2.jpg
2010.09.20 Mon
今日は珍しく朝寝坊です。
うす曇りで低気圧の影響かもしれません。
人は低気圧のときは眠くなるのです。
それはそうとして、昼前に少し海岸散歩をしてみると、この時間帯は完全に夏です。
そして今日は、ものすごく波があって、サーファーでいっぱいの海岸です。波が砕けて音がすごい。
20100920-1.jpg
久々の波を見たような感じです。
波が砕けてこちらに押し寄せてくる時も、ジュワーと音がするのが迫力でした。
20100920-2.jpg
サーファーたちは次々と集まってきて波の中に入っていきます。
今日はうれしい日だったでしょうね。
20100920-3.jpg
2010.09.19 Sun
雲ひとつない今朝の天気です。
今日も日の出ごろの気温は23℃、涼しかったです。
海岸に行くと、昨日とは違って波が砕ける音がかなり大きく聞こえました。風がほとんどないのに波が大きいということは台風の影響でもあるのでしょうか。
サーファーは日の出前からどんどん集まって来ました。
昨日とは違って、江の島がぼんやり、それより先はほとんど霞んで見えません。
20100919-1.jpg
昨日も雲がなかったのですが、昨日は比較的遠くが見えてました。
それだけの違いだと思うのですが、今朝は海が赤く感じました。
本当に同じ光景は見ることができませんね。
そして、日の出は赤い太陽がゆっくりと登って来ました。
周りが赤くつつまれ、波の砕ける音だけが聞こえる夜明けとなりました。
20100919-2.jpg
心地よい秋の霞んだ空でした。
2010.09.18 Sat
この数日、完全に熱帯夜から解放されました。
今朝も小生が海岸へ散歩に行くときに玄関前の温度計を見ると22.8℃。
ひんやりとして、風が吹くとなんとなく寒さすら感じるほどです。
ようやく夜も熟睡できるようになりました。
今朝は雲がほとんどない朝でした。
海岸に着くと、雲がないのがむしろ暗く感じます。
しかし、今朝は江の島はくっきりと見えてました。そしてその先の三浦半島まではよくわかったのですが、房総半島までは見えませんでした。
日の出前の海はちょうど引潮の様で、どんどんと波打ち際が後退していきました。
20100918-1.jpg
日の出はずいぶんと遅くなりました。
5時半過ぎにようやく太陽が出てきました。
それほど眩しくない赤い太陽が出てくるとあたりは明るくなり、海鳥の声も元気よくなります。
雲がないので海が赤く染まるというほどではないのですが、やはり日の出の海は美しい。
20100918-2.jpg
西の空も今朝は雲が少なく、富士山もしっかりと姿を見せてくれました。
ただ、前方にある雲が少し邪魔をしているのが鬱陶しく感じました。
富士山の初雪はいつでしょうか。
早い時期なら既に初雪や初冠雪のニュースが聞こえる頃ですが、今朝は」まだまだ黒々とした富士山でした。
20100918-3.jpg
2010.09.15 Wed
ビール好きの小生が、ネットで知った新しいビールです。
日曜日に買い物のついでに酒売り場で見つけ即座に購入です。
冷やしてさっそく夕食とともに頂きました。

ううん、さっぱりしている。
これはいつものエビスよりもドライな感じです。
豪華客船「飛鳥Ⅱ」に乗ってクルーズするリッチな富裕層はこのような系統のビールがお好きだったのですね。
まあ、「飛鳥Ⅱ」に乗ることはできそうもないので、ビールだけでも飲んで富裕層気分になりたいですね。
20100912-3.jpg
2010.09.12 Sun
今朝はどこを見ても雲がいっぱいに広がっていました。
それでも東の空が赤くなっていたので、海に行きました。
海岸に行くと今朝も、江の島がほとんど見えません。同様に西の方向も視界がなく、よくよく眼を凝らすと富士山が見えるのですが、丹沢も箱根も見えません。
遠望はほとんどない状況でしたが、雲のおかげで日の出前から大変美しい世界を見ることができました。
赤く染まった雲が海に映し出され、海が赤く染まって全体を包み込んでいます。
先月までとは違って、この赤い世界が静かで、波の砕ける音と海鳥の鳴く声しか聞こえない癒される時間となりました。
20100912-1.jpg

そんな景色だったのですが、日の出の時刻が近付くにつれて色が褪せてくるのです。
そうして、日の出。
太陽は雲の中から出てきて、眩しくない赤い太陽で、弱い光を放ちました。
海はその太陽の光を映し出すだけで、色がなくなってしまいました。
20100912-2.jpg
今日は夜明け前が美しい朝でした。
2010.09.11 Sat
今朝は快晴なんです。
雲がないんです。真っ青な空なんです。
でも、遠くの景色がまったく見えないんです。
もやなのでしょうか。
20100911-1.jpg
珍しく江の島でさえほとんど見えません。
西側を見ても箱根も丹沢も伊豆半島も見えません。富士山は目を凝らすとようやく見える程度です。
小生が海岸に着いた時はまだ薄暗さがあって、江の島の灯台からの光がわずかに見えたのですが、明るくなって灯台の光が消えると江の島がほとんど見えなくなってしまいました。
そんな快晴のもやの中から太陽が昇って来ました。
あたりが光に包まれ、ものすごく明るくなったのですが、やっぱり江の島は見えません。
何かうす皮に包まれたような静かな海でした。
20100911-2.jpg
2枚の写真には江の島が写ってますがわかりますか?
2010.09.08 Wed
台風の影響が出てきたのでしょうか。
今朝はほんのわずかではありますが、雨が降っています。
今朝の5時、まだ太陽が出てくるのには30分近くあるのですが、東の空が赤かったので、外に出てみました。
東の空は雲がいっぱいでそれが赤くなって不気味ながら美しい世界となっていました。
その時、わずかに雨を感じるようになってきました。
20100908-1.jpg

それから15分が経過、空の色がずいぶん変わってきたとともに雨も少し多くなってきました。
カメラを構えるとポツリポツリと雨粒がカメラに当たるようになってきました。
それでも東はまだ赤く美しい。
20100908-2.jpg

その後日の出を迎え、雲の隙間から太陽が出てきました。
つまり雨が降っているけれども太陽が出てきたのです。
このときの空は今までがウソのように色があせてしまいました。
脱色とはこのようなことでしょう。
20100908-3.jpg

天気予報では今日は雨になります。
久々の雨です。
この雨が暑さを遠くに持っていってほしいです。
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。