FC2ブログ
未分類花・草・木風景画叙情日常での出来事くつろぎビールニュースや新聞から富士山
一日の始まり、終わり、海、山、町、花、中年おやじの見た自然の風景、出来事の日記
2010.07.18 Sun
大雨の被害からの復興がこれからというのに今度は猛暑で倒れる人や水難に会う人が続出。本当に今年の天候は異常で無情です。
しかしながら、湘南は真夏のバカンス絶好調と言うべきでしょう。
今日も昨日に続いて一日中青空。そして小生の好きな富士山も終日見ることができました。
夜明けに続いて、日没直前にも海に行ってみました。
朝と違ってかなり強い南風が吹く海岸でしたが、富士山はくっきりと見えていました。
日没20分前、まだ太陽の光が差し込む海では親子が波打ち際で遊んでいました。
20100718-3.jpg
そして徐々に太陽は沈み、完全に太陽が隠れてしまうと急速に暗くなり、空の色はますます赤くなってきました。
実は太陽が沈んでからの30分ほどが美しさのピークです。
この時間にはいつの間にか水遊びの親子もいなくなり、この時間を待っていたカメラを持った人が何人かいただけでした。海水浴場でも帰宅する人が次々と海岸を離れて行く時間でした。
いい感じの日没でした。
20100718-4.jpg
スポンサーサイト



2010.07.18 Sun
待ちに待った梅雨明けが発表されました。
天気は数日前とはガラリと変わって一日中晴れです。
ものすごい青空と真っ白は入道雲。
暑くてぐったりするのですが、それでも毎日雨よりは元気が出てきます。
そして、昨日一日中見えていた富士山が今朝も太陽が出てくる前からはっきりと分かりました。
海岸に行ってみると、昨日よりも雲がなくクリアな富士山です。
雪は昨日よりも減った感じがします。
黒々としていますがそれでも威厳のある姿です。
20100718-1.jpg
周りの空はピンク色でそこに黒い富士山がくっきりと鮮やかです。
左側の箱根の金時山だけがなぜか雲がかかったり抜けたりしていましたが、他の箱根の山々も鮮明に見えました。
そして、太陽が昇ってきたころから、時々刻々と富士山の色が変化し、日の出後数分で黒い壁が赤くなりました。
冬の雪化粧した富士山と違ってピンク色にはなりませんが、赤茶色の山肌はそれなりに印象的です。
夏の赤富士はまさにこの富士山でしょう。
20100718-2.jpg
Template by まるぼろらいと