FC2ブログ
未分類花・草・木風景画叙情日常での出来事くつろぎビールニュースや新聞から富士山
一日の始まり、終わり、海、山、町、花、中年おやじの見た自然の風景、出来事の日記
2010.05.08 Sat
もう20年以上も昔の話ですが、小生が上高地の明神辺りを歩いていたとき、木々の下に白く大きな花が咲いているのを見つけました。
ヤマシャクヤクでした。
この美しさが長い間忘れられませんでした。
それから後、5月の休日に小生は妻と箱根の湿生花園に行ったとき、ヤマシャクヤクに再び出会いました。
帰りに、花の販売所にヤマシャクヤクが売られていたのでどうしてもほしくなり、買って帰りました。
その際、店の人に肥料をたっぷりやらないと咲かないよと言われました。また、種ができても種から育てることはほとんど無理なようなことも言われました。
でも、買って帰った株は見事に花を咲かせたうえに、夏の終わりには種もできました。種はグロテスクなほどの赤い色をした種です。
この種を蒔いて肥料をたっぷりとやって翌年を迎えたのですが、なるほどうんともすんとも言わずに終わりました。
ダメかと思いながらも水と肥料をやり続けました。
こうして2年目、3年目も何の変化もなく過ぎて行きました。
ところが、4年目に芽が出たのです。びっくりでした。
喜んでヤマシャクヤクにお礼を言いながら肥料をやって花を待ったのですが、この年は咲きませんでした。
5年目にとうとう花を咲かせたのです。
それから毎年、ヤマシャクヤク様のご機嫌次第で咲いたり咲かなかったりです。
今年は、4月の初めに芽が出たのですが、天候不順できっとヤマシャクヤク様はご機嫌が悪かろうと思ったのですが、どういうわけか咲いてくれたのです。
20100508-2.jpg
ただ、咲いてから花を楽しめるのは2日程度です。
その後花弁を一枚、二枚と落とし、最後は中央部の雌しべと雄しべだけになり、無事に受粉していたら真っ赤な種ができるのです。
小生の住んでいるような夏が暑いところでは地植えはまずダメでしょう。鉢に入れて暑さを避けながら肥料をいつも与えないと咲かないわがまま三昧の花です。
でも、初めて出会って以来好きなんです。
20100508-1.jpg
2010.05.08 Sat
昨日の夜はしとしとと降り続いていましたが、今朝は目が覚めると晴れていました。
窓を開けると雨上がりの湿った香りが気持ちよく漂ってきたので、さっそく海に散歩に出かけました。
海に出ると間もなく太陽が出てきました。
日の出は5時前、さすがにほとんど人がいませんでした。
一人女性のサーファーがいたのと、毎日毎日夜中から町を歩いてい写真を撮っているおじさんだけが小生の見える範囲にいるだけの海でした。
太陽はもうまったく海から離れ、町から昇ってくるようになりました。
眩しいオレンジ色の太陽でした。
20100508-3.jpg

弱い南風が、潮の匂いも運んでくるようです。
烏帽子岩のあたりの空が徐々に赤味を消して青くなってきました。
いい感じの朝でした。
20100508-4.jpg
2010.05.05 Wed
今年のGWはすべての日が晴れでした。
どこかのテレビで聞いたのですが、このようにすべてが晴れのGWは50年以上さかのぼらないとなかったそうです。
大変珍しいことです。
4月は雨続きと冬の様な寒さで、GWになった途端に晴れ続きというわけです。
不都合だという方は少なかったでしょうね。
小生ものんびりと休みました。
この5日間で小生宅では急速に咲き始めた花があります。
この様子はまさにはびこるような状況です。
ゼラニウムです。
このゼラニウム、何というゼラニウムなのか良く分かりませんが、「ローズゼラニウム?」、「パインゼラニウム?」分からないのですが、もう雑草同然に咲きまくっています。
20100505-1.jpg
別に憎たらしいという感じもしませんし、きれいな花で、5月の晴れにふさわしい色なのです。
そして、虫も付きにくいそうですし、他の花を侵食するわけでもなさそうです。
つまり特に害はない花の様です。
でもものすごい勢いで育っています。
それが少し不気味なのです。
このゼラニウム、ご存知の方は教えてください。
2010.05.03 Mon
連休の中日となります。
どこにも行かず、近場でゆっくりとしていると気づくのですが、意外に道路がすいているのと、走っている車に県外ナンバーの車が多いことなどが分かります。
今日はもう昼食をとろうかというような時間に、海に出かけました。
晴れているのですが、すごく強い南風のため、海はなんとなく霞んでおり、しかも濁って汚れたような色になっていました。風が強いので、サーファーは大喜びで、この濁ったような海に向かって一直線で走っていきます。また、ウィンドサーフィンもいつもより多そうでした。
20100503-1.jpg
砂浜では、ハマヒルガオがわずかに咲きだしている場所もありました。ハマダイコンは満開です。
そして、急に咲き始めたのがハマエンドウです。
青い花は、砂浜でよく目立ちます。空き地や野原に咲いているカラスノエンドウよりもかなり大きめの花で、少し小ぶりのフジの花くらいはあるでしょうか。今日の様な霞んだ海では特に目立つ花でした。
砂浜というあまり栄養もなさそうな場所を好んで根を下ろしている花たちもそろそろ元気が出てくる季節になったようです。
20100503-2.jpg

2010.05.02 Sun
今朝も快晴です。
小生は昨日とほとんど同じ場所で太陽が昇ってくるのを撮影してみました。
今朝は昨日と違って東の空もすっきりとした青空です。
気温も高めで、本当に気持ちの良い夜明けでした。
当然太陽も昨日とは違って、登って来た時から元気元気で、眩しい光を放っていました。
20100502-1.jpg
ところで、同じ位置から撮影して分かるのですが、わずか一日でも太陽が出てくる場所がわずかながら移動するのですね。こういうのは本当に定点で観察するということでわかることなんですね。改めて思いました。
そして、同じ空の色も決してない。つまり、再現することは自然の景色ではないということです。
20100502-2.jpg
2010.05.01 Sat
今日から小生は5連休です。
連休は混雑するなどという理由でどこに行くわけでもないのですが、やはりうれしいものです。
今朝は日の出を見に海に行こうと思っていたら少し寝坊をしてしまいました。
とは言うものの、このところ日の出は5時少し前、すでに起きていることが早起きなんですが。
外に出てすぐに太陽が昇ってきました。つまり、海に行く前に太陽が出てしまったのです。
東の空の低い位置には黒っぽいガスが漂っていて、太陽の光がまぶしくなく、なんとなく眠そうな、それでいて真っ赤な太陽が昇ってきました。
20100501-1.jpg
まぶしくないので、太陽を見ていると何となく太陽自信がもやもやしています。
今日は太陽も少し寝坊したのでしょうか、朝からハイテンションで輝くようなことはありませんでした。
結局、途中で海に行くのはやめて戻ってきました。
黒い靄を通り過ぎたとき太陽は強烈な光を放ち始めました。
これから、まぶしい太陽の光を受けた海にでも行ってこようと思います。
20100501-2.jpg
Template by まるぼろらいと