FC2ブログ
未分類花・草・木風景画叙情日常での出来事くつろぎビールニュースや新聞から富士山
一日の始まり、終わり、海、山、町、花、中年おやじの見た自然の風景、出来事の日記
2010.04.10 Sat
小生は毎年のことですが、この時期の週末は必ず家族で桃の花見に山梨の一宮までドライブに行きます。
日本一の桃の産地はこの季節町がピンク色に覆われあちこちで桃のお祭りをしているのです。
桜と違って桃は果実を取るための木で見るためのものとは違うのかもしれないのですが、見ないのはもったいない。
のんびりと桃を見ながらの散策は春ののどかな一日を満喫させてくれます。
20100410-1.jpg
それにしても桃の花は桜と同じバラ科の花で桜よりも花期も長いし色も濃いので、花見のタイミングをそれほど逃さず、十分に楽しめるのです。
ただ、この木々が果実を取る木なので、この木の下で座って宴会というわけにはいきません。
やはりゆっくりと散策しながら眺めるのがよいのです。
20100410-2.jpg

今朝小生宅を出発するときは雲が多く、少しばかり雨を感じるような天気だったのですが、中央道を走っているとどんどん青空が見え始め、大月のあたりで富士山が見えました。
そして、笹子トンネルを抜け、勝沼まで走ると正面に甲斐駒ケ岳から悪沢岳までずらりと南アルプスの主峰が見える素晴らしい天気となりました。
お花見会場に設定されて場所(と言っても周りが桃畑の農家)に車を止め、暖かな日差しを受けてゆっくりと周囲を歩いたのです。
桃畑と南アルプスの主峰北岳から農鳥岳までを背景にした景色は山梨の美しい景色です。
まだ行ったことがないという方にはお薦めの春の花見のビュースポットです。
20100410-3.jpg
スポンサーサイト



Template by まるぼろらいと