未分類花・草・木風景画叙情日常での出来事くつろぎビールニュースや新聞から富士山
一日の始まり、終わり、海、山、町、花、中年おやじの見た自然の風景、出来事の日記
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.03.30 Tue
小生は本日は休暇でして、くつろいでおります。
寒さは真冬と同じなので、それだからかもしれませんが快晴の空に富士山が非常にきれいでした。
日没のころに海に行ってきました。
平日の海は人が少ないですね。
小生の様なカメラを持った人数人と犬の散歩で数人程度しか見かけませんでした。
くっきりとシルエットで見える富士山に太陽は落ちていく季節となってきました。
ダイヤモンド富士は一週間先なのですがその日に富士山が見えるかどうかがわかりません。
今日はまだ裾野に落ちて行く程度です。
20100330-1.jpg
それでも、十分美しい景色でした。
富士山に隠れる太陽最も美しくなるのダイヤモンド富士のときでしょう。
シミュレーションソフト「カシミール」では4月5日がその日です。
20100330-2.jpg
楽しみです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・
おまけ

カシミールの結果

本日3月30日の日没
20100330-3.jpg


そして4月5日の日没
20100330-4.jpg
スポンサーサイト
2010.03.28 Sun
寒い日が続き、桜の開花が進行しません。
まだ一分から二分咲き程度に見えます。
いつまで寒さは続くのでしょうか。
でも春の花たちは順調に芽が出て花が咲いてきました。
小生宅で今、ムスカリが元気よく咲いています。
普通にあちこちで見られる紫色のムスカリは今がピークです。
20100328-2.jpg

それに対して、水色の方はまだつぼみが固いのです。
この小さなつぼみ、カメラでマクロ撮影すると面白い形をしています。
20100328-1.jpg
何か花に見立てた和菓子のような感じです。
下から咲き始めるようで、一番下は花弁が開いています。
少し上は、和菓子から少し緩んだ状態です。
こんな形になっていたのですね。
意外に面白い発見でした。
2010.03.23 Tue
雲のほとんどなかった月曜日の朝は、気温が低く冬に少しだけ逆戻りした感じでした。
そのためでしょうか、富士山は日の出前からはっきりと見えていました。
たぶん3月になってそんなことはなかったと思います。
前日の猛烈な南風と幾重にも重なる波の先に見える日没の富士山が印象的だったのですが(http://adagio629.blog38.fc2.com/blog-entry-1104.html)まったく別の世界になるのですね。わずか半日で同じ場所からの景色がこんなに変わるのですね。
20100322-3.jpg
サーファーも今朝は大勢いて、元気よく波乗りを楽しんでいました。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
嵐が持ってきた漂流物

昨日の猛烈な風は当然のように海岸にいろいろな漂流物を運んできました。
砂浜には多くのごみが打ち上げられて見苦しい景色でした。
バケツ、PETボトル、サンダル・・・、それはそれはすごい数です。
不思議なのは大根が転がっていました。
この大根、どこからどうやってこの海岸にたどり着いたのでしょう。
いろいろと考えてしまいました。
20100322-4.jpg
いずれにしろ、どこの海岸であっても、ごみを捨てたり置き去りにしないでください。
当然環境破壊にもなりますが、とにかくきれいな景色を壊さないでください。
2010.03.22 Mon
昨日の一日中吹き荒れた南風は深夜にはどこかに行ってしまいました。
今朝は雲がほとんどなく、しかも風もない朝となりました。
そんなわけで、海岸へお散歩です。
しかし、外に出てびっくりしたのは、昨日と違ってひんやりと寒かったことです。
やや冬に戻った感じです。と言うことは、日の出も美しかろうと思ってしまいます。
海は既に赤く染まってまもなく日の出という時刻でした。
砂浜を歩き、波打ち際まで来たときに太陽が昇ってきました。
今日は光が海の上を反射して眩しい世界となりました。
20100322-1.jpg

太陽は毎日毎日移動しており、日の出は徐々に海から離れていきそうです。
まもなくすると町のほうから太陽が現れるようになるでしょう。
小生の時計で5時52分、太陽は完全に姿を現し、明るく輝き、一日の始まりとなりました。
20100322-2.jpg
やはり、春の霞んだ眩しくない太陽よりも、冬の鮮やかな太陽のほうが気持ちよいものです。
2010.03.21 Sun
今朝は猛烈な風の音、雨が窓をたたきつける音、雷、海から聞こえる轟音などで熟睡することができませんでした。
起きてテレビを見ていると神奈川県の湘南地方は、暴風雨洪水警報が出てました。
三連休の中日としては最悪の天気で始まったわけです。
しかし、雨は間もなく上がり、雲も徐々になくなってきました。ところが風は猛烈で静かになる気配はありませんでした。
昼前には青空が出て太陽の光りたっぷりとなりました。外に出てみると、猛烈な海の匂いと潮が飛び散って霧のようになり視界を遮っています。
今日は家でゆっくりとするしかないなとそう決めたのです。
ところが夕方には雲がほとんどなく、西の空に富士山のシルエットが見えたので、風が強いと分かりながら海に行ってみました。
日没直前の海は、いつもなら多くの人がいるのですが、今日は見渡すところでは小生と犬の散歩をしている女性と、もう一人カメラを持って歩いていた人だけでした。ここまで強風と波が荒れるとさすがのサーファーもまったくいませんでした。
太陽はかなり富士山の近くで沈むようになりました。あと10日ほど経てばダイヤモンド富士となるでしょう。
楽しみです。
20100321-2.jpg

そして今日は伊豆半島の天城山がくっきりと見えていたのが印象的です。
荒れ狂った波の上に浮かんだ天城山は迫力がありました。
20100321-3.jpg
けれども風と潮でゆっくりと見るようなことはできず、太陽が完全に沈む前にあっさりと家に戻ったのです。
2010.03.20 Sat
初春の3連休がやって来ました。
当然ぽかぽかで柔らかな日差しの三日間になって欲しいのですが、予報では明日は荒れる一日だそうです。
しかし、今朝はそんなこともなく穏やかでした。
雲もほとんどなく風もあまり吹いていませんでした。
ただ、何となく霞んでいて、遠くの景色が見えません。
西の方は富士山どころか箱根や丹沢がぼんやりとしか分かりません。
東の方向に向いても房総どころか三浦半島も見えません。そして江ノ島だってよく見ないと分からないほどでした。
そんな霞んだ今朝の日の出はまったく冴えないものでした。
眩しさはなく、光を放った輝かしさもない太陽が昇ってきました。
20100320-1.jpg
太陽の全体が見えているにもかかわらず海面に光の道ができることもなく、鈍った弱い光でした。
あまりにも冴えがないので、もう少し太陽が高く昇るまで待ったのですが、光の強さはそれほど強くなく、結局空全体が明るくなってきたのです。
春霞とはよく言ったもので、だんだんと太陽や山並みがぼんやりとしてくる季節になってきたようです。
20100320-2.jpg
2010.03.14 Sun
今日は久々に一日中晴れた日曜日でした。
暖かさもあって春がかなり進んだと感じました。
小生は、長くなった日没を見に少し前に海に行ってきました。
まずは漁港からの日暮れ。
釣り船などで朝はものすごく活気のある休日の漁港ですが、日没にはすべての船が岸壁につながれて静かにたたずんでいます。
なんとなく一日の終わりを感じる場所です。
結構小生は漁港のこの寂しさが好きなのです。
20100314-4.jpg

そして太陽はどんどんと沈んでいきます。
今日の太陽は箱根の金時山に沈んでいくようです。
よく見ると富士山がシルエットで見え始めました。
日中は全く見えなかった富士山ですが、一日の終わりにあいさつのように現れ、満足しました。

20100314-5.jpg

今日の夕食とお酒がおいしくなりそうです。
2010.03.14 Sun
週末が曇りか雨で寒い状況がしばらく続いていました。
とてもそんな海に出かける気にはならなかったのですが、久々に晴れてくれたので日の出を見に海岸に行ってきました。
しばらくぶりで気がついたのは、日の出の時刻が6時前になっていたことです。
今日は6時ごろに海岸に到着したのですが、本当は日の出の時刻を過ぎていたと思われます。ところが今朝は東は薄い雲が湧いていて太陽が見えなかったのです。
20100314-1.jpg

そして6時5分ごろに太陽は昇ってきました。
あまり眩しくない太陽でしたが、徐々に光が強くなり、数分経つと海面に太陽の光が反射して輝き始めました。
太陽の位置もすでに江の島から大きく左にずれてきました。
間もなく太陽も海岸からというよりも町から昇ってくるような位置になってくることでしょう。
そして、春の暖かな日差しとともに、なんとなくぼんやりとした光景になり、春らしさが景色からも実感できるようになるでしょう。
20100314-2.jpg
2010.03.07 Sun
いやあ、それにしても雨が降り続きますね。
雨が4日、晴れが1日・・・、といった繰り返しでしょうか。
そして晴れるとぽかぽか、雨が降ると冬となるので体調も悪くなりがちです。
小生は週末の海岸散歩がまったくできなくてなんとなく体がだるくなっています。
日の出や富士山のすばらしい景色を見てこそ体調がよくなるのです。
ただ、こんな雨続きのいやな天気でも植物にとっては大切な雨なのかもしれません。
昨日、雨が上がって少し空が明るくなったとき、外に出てみると、春を感じさせる世界を見つけました。
これはたぶんシャクヤクの芽だと思いますが、にょっきりと出ていました。
寒さや暑さを繰り返し、そして雨に打たれながらすくすくと成長しているようです。
このような芽吹きを見ると少し元気も出てきます。
でもやはり早く青空が見たいものです。
20100307-1.jpg
2010.03.05 Fri
このところ天気が安定しませんね。すっきりとした晴れ間がありません。
おまけに気温はと言うと、春と真冬が日替わりでやってくるので服装の選択も大変だし、体調も狂ってしまいますよね。
昨日は夕方から冷たい雨が降り続き、今朝は雨が上がって、所々で青空が見えてました。
窓を開けると気持ちのよい雨上がりの匂いがしたので、外に出てみました。
すると富士山が見えているので、あわてて望遠レンズを取り付けてカメラを持って再び外へ。
雨上がりの雲が下のほうでたなびいていましたが山頂はくっきりと見えました。
鮮やかな白さは昨日の雨が富士山では雪だったということでしょう。
新雪を身にまとってまぶしい白さになった富士山は久々に見たこともあって新鮮でした。
IMG_1009.jpg
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。