FC2ブログ
未分類花・草・木風景画叙情日常での出来事くつろぎビールニュースや新聞から富士山
一日の始まり、終わり、海、山、町、花、中年おやじの見た自然の風景、出来事の日記
2010.01.12 Tue
この前の3連休の初日と二日目は非常に気持ちのよい快晴の空でした。
ほとんど同じような風のない快晴の二日でしたが、日の出の景色は微妙に違って、面白いものだと感心しました。
同じように富士山も微妙に違う表情でした。
富士山好きの小生としては、やはり富士山を撮影したのだからアップロードしておこうと、数日前の写真ですが掲載することにしました。

まずは9日(土曜日)の富士山
20100109夜明けの富士
この日は、東の空も深い青から強烈なオレンジ色までビビッドなグラデーションでした。同様に富士山ピンク色に染まりくっきりと鮮やかな姿を見せてくれました。


次は10日(日曜日)の富士山
20100110-4.jpg
この日は前日と同じ快晴であったにもかかわらず、日の出の太陽もオレンジ色というよりも弱い光の赤い太陽でした。それに呼応するように、富士山も少し青白く強烈なイメージではありませんでした。


すごく微妙なのですが、毎日違う姿を見られて、富士山好きにはたまらないのです。
2010.01.11 Mon
今日は曇り空で寒い一日でした。
朝の散歩以外はほとんど外に出ることもせず、家でだらだらと怠惰に過ごしてしまいました。
そんな中で、急に思い出して冷蔵庫で冷やしてあったビール(実は発泡酒)を飲みました。
このビール、昨年末に突然小生宅に小生の義母が訪れた時にもらったもの。
なんでも江ノ島に行った帰りに寄ったということで小生へのお土産として持ってきてくれたものです。
へえ、こんなの飲んだことないです、と言って正月にでも飲もうと思い忘れていたものです。
ラベルを見ると「とびっちょ」の文字、あのいつも混んでいる江ノ島の店が出しているのかと思いきや製造しているのは新潟と書かれています。
なにやら怪しげな不思議な飲み物だなあと思っていました。それを思い出し飲んだのです。
20100111-4.jpg
まず最初は「塩」と書かれているもの。説明では江ノ島で作られた塩が入った塩のビールということ。グラスに注ぐと、なにやら酵母のような溶けないものが浮き沈みして、ビールは少し濁っています。
飲むと、何となくしょっぱい味わいがあります。でもビールとは違う。ほとんど一気に飲んで、感想はわざわざ買いに行くことはないだろうなあ、というものでした。
お次は「しらす」と書かれたもの。グラスに注ぐと、これは黒ビールであると言うことが分かりました。
一口飲んで少し経つと、これはひょっとして、ラベルを見返すとやはりと合点。アルコール8%、少々強い。でもこれは好きな人は好きだろうという味、でもしらすは分からなかった。これもやはりリピートはしないでしょうね。
2010.01.11 Mon
昨日までの晴れはどこに行ってしまったのでしょうか。
びっくりです。
厚い雲に覆われて暗い朝です。
雨になるような気配はないのですが、どこを見ても雲、雲、雲の灰色の世界です。
休日は海岸散歩をするのが習慣で、今日も行きましたが、カメラを置いていこうかとも迷うぐらいでした。
海岸に行くと、東の太陽が出そうなところがわずかに雲が薄く、赤くなっていました。
20100111-1.jpg
もう10分ほどで7時になろうというのに暗い、江ノ島の展望タワーの上のサーチライトもまだ光っています。
わずかな赤い隙間から太陽が昇ってくるかなあ。
数分待ったら、わずかに太陽が現れたようです。でも、手前の雲が邪魔して明るい光は入ってきませんでした。
わずか1分か2分でまたまた分厚い雲の中に隠れてしまいました。
20100111-2.jpg
それにしても暗い日の出でした。
周りを見ても雲ばかりです。西の空は富士山はもちろん、箱根も丹沢もまったく見えませんでした。
ただ、南の空だけわずかに雲が薄く明るくなっていました。
ちょうどえぼし岩のあたりで、その手前の海面は明るい雲から反射した光が映りだし、不思議ときれいな光景でした。
20100111-3.jpg
成人式にふさわしい天気とは思えませんが、成人の皆さんの門出に何か示唆するような今日の天気ですが立ち向かってがんばってください。
2010.01.10 Sun
今朝は一見すると昨日とほとんど変わらない快晴の空ときれいな星と月が出ていました。
昨日と同じような美しいグラデーションの世界が見られると思い、同じように日の出前に海岸に出かけました。

ところが、色が昨日と全然違うのです。
一日たりと同じ景色はないということはよく知っているのですが、改めてそう思いました。
今朝の海岸はオレンジ色から紫色に近い色の変化でした。
そして、オレンジ色の輝きが昨日とはずいぶん違うのです。
20100110夜明け前
同じなのは、波が静かで、満ちているのか引いているのかよく分からないということ程度。
不思議なものです。
でもよくよく周りを見ると、砂の表面はまったく凍っていないし、昨日よりも寒さが緩んでいるような感じがします。
それだけのことで空の色はまったく異なるようです。
そして10分ほど待っていたら、太陽が出てきました。
昨日はいきなりまぶしい輝きの強烈なオレンジ色の太陽、今朝の太陽は、まぶしさはそれほどでもなく、しばらくは見ていても平気な弱い光を放ってくる真っ赤な太陽、これまたまったく別物だったのです。
ただ、海面に走る光のすじは今朝のほうが美しかったと思います。
20100110日の出
日の出を見ていたら、南西方向から風が吹いてきて振り返ると、ややぼんやりとしていた富士山がくっきりと見えるようになっていました。
この変化も驚きました。
20100110富士山
一日の始まりは感動が多いですね。
2010.01.09 Sat
いつの間にか正月から一週間経ちましたね。
仕事始めら忙しくなり、おまけに新年会などで夜は飲んで体力消耗の疲れた週となりました。
そのため、ブログの更新はもちろん、他の方のブログを読むこともありませんでした。
今朝は、少しお疲れの体をすっきりとさせるには最適の朝でした。
雲がほとんどなく、東の空がオレンジ色から深い青色の世界となる見事なグラデーションの空でした。
日の出の時刻の15分ほど前、小生のようにウォーキングを兼ねての撮影では三脚など持たないので、時刻的には手持ちで写せるぎりぎりの明るさです。
今日はそれにしても美しい色でした。
20100109夜明け前15分
それにしても波は静かで波もほとんどありません。それゆえサーファーは正月のときと違ってまったくいません。
サーファーはどうして波がないことが分かるのか、何となく不思議に思いました。
しかし、よくよく考えたら、正月は満月でしたから大潮、今朝は半月からさらに欠けていたので、小潮だったのでしょう。つまり潮周りを調べたら分かるわけです。そんなことに気づいたらますます静かな波のない海も自然の現象だと思えるのです。
そんなこんなで5分経過しました。つまり日の出10分前です。
このわずか5分が空の明るさでは何倍も明るくなるのです。
先ほどの撮影と同じ露出条件で写しました。
20100109夜明け前10分
明るくなってますよね。
このようなグラデーションを自然は見せてくれます。
それから10分以上経過、予定通り太陽が出てきました。
もう完全に明るくなりました。太陽の力はすごいものです。先ほどと同じ露出では完全なるオーバー。
もちろんまぶしくて太陽を見ることはできませんでした。
でもこの瞬間が疲れた体に元気を与えてくれます。
20100109日の出


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
おまけ

快晴と乾燥注意報が毎日出ていたのですが、昨夜少し雨が降りました。
そのため海岸の砂は水を含み、それが今朝は表面で凍ったようです。
砂が白くなりました。
砂に霜が
こうなると海岸は驚くほど歩きやすくなるのです。
とても気持ちいいですよ。体験してみてください。
2010.01.03 Sun
昨日は本当に快晴という言葉がぴったりの一日でした。
で、今朝はというと、晴れているのですが、何となく薄い雲があって、快晴とは言えません。
そんなため、日の出は冴えないものでした。
東の空は薄いもやが低く漂い、その上に黒い雲が横たわっていました。
日の出時刻どおりに太陽は出てきたのですが、まったく眩しくなく、赤いピンポン玉のようでした。
20100103-1.jpg
そこから太陽はさらに上へと昇っていくと、黒い雲の中に隠れて、またまた周りは暗くなってしまいました。
それから5分以上待ったでしょうか、黒い雲の上に太陽は出てきました。
黒い雲の上にはもう何もありません青空です。
ようやく太陽は見ることもできないほど眩しい光を放ってきました。
20100103-2.jpg

今日も天気の崩れはなさそうです。
正月の三日間は最高の天気となりそうですね。
明日から仕事です。最後のお休みを楽しみます。
2010.01.03 Sun
正月の2日、3日は毎年のことになってしまっているが、やはり箱根駅伝の応援に行ってしまいます。
今年も例外ではありませんでした。
今年の町は往路が3区なので、今年は明治大学がトップで走ってきました。
沿道はものすごい応援です。
その後、少し待って2位が山梨学院大でした。
このあたりまでは、小生も声をあげて応援していました。
さらにしばらく経って複数人で走ってきた時はすごい声援でした。
それからさらに少し待って遠くから声援の声が近づいてきたので小生はカメラを向けました。
ファインダーを覗いているとどんどん選手が大きくなってきます。
こんなで、わずか十数分のことなのですが、毎年毎年海岸の国道に出かけてしまうのです。
選手が全員走り終わると、沿道の人たちは見る見る消えてしまうのです。
ほとんどの人が、毎年この十数分のためにテレビを見ず、出かけてしまうのです。
面白いものですね。
まもなく復路のスタート。
8区は2時間後、また行ってしまうのかなあ。
箱根駅伝
2010.01.02 Sat
今朝もよい天気です。
小生は少し酔っているかもしれません。
けれどもやっぱり夜明け前に海岸に行きました。
今朝もきれいな日の出を見ることができましたが、それよりも富士山がきれいでした。
それとまだ沈まない満月が明るく光を放ち、きれいでした。
夜明け前、まだ富士山に太陽の光が当たる前、月の光を受けながら、サーファーが海に入りました。
月に富士1
それからしばらくして、富士山の山頂に太陽の光が当たり、ピンク色に輝き始めました。
小生はこの時間帯の富士山が最も好きです。
月に富士2
今朝は昨日よりもさらに寒かったとは思うのですが、やはりこんな富士山が見られたので、寒さも吹っ飛びました。
富士山
2010.01.01 Fri
あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。
元旦の朝は寒かったですね。昨日大晦日の朝とはまるで違って寒さが身に沁みました。
いつものように海岸へ。ただし、元旦の今朝は妻と一緒に行きました。散歩と言うよりは初日の出を見るためにということですね。
海岸はもうすごい人です。真夏のシーズンでもこの時間帯にこれだけの人はいないだろうと思うほどです。
今朝は波もけっこう高く風で非常に寒い海でした。
東の空は少し雲がかかっていましたが、確実に日の出は見られそうです。
海岸に到着して多くの人がまだかなあと言っています。小生はいつ出てくるか分かっていますのでまだだよと妻にこっそりと言ってました。
それからまもなく、雲の上から太陽が昇ってきました。今年初の太陽は、出てくるなりものすごくまぶしい太陽でした。レンズを望遠側にして、出てきたばかりの太陽を捉えましたが、既に明るすぎてました。
今年はいきなり明るい年となるのでしょうか。
2010初日の出1
面白い光景は、周りをよく見ると皆が同じ方向に向いてカメラで撮影をしています。その光景も面白いものです。
そしてあたりが急速に明るくなるとあちこちで歓声が沸きました。
望遠側では露出がオーバーになりそうなので、レンズを広角側にして写しなおしました。今朝右にえぼし岩を入れて、小生の町の日の出という感じです。
2010初日の出2
日の出を見たあとは富士山です。
大晦日は少しぼやけたピンク色の富士山でしたが、今朝は新年にふさわしく、くっきり富士山でした。
これも今年早々すばらしく、いい年の予感がしました。
2010初富士
こんな今朝元旦の風景でした。
皆様も今年もよい年でありますように。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
おまけ


ところで今朝は日の出の前に月食があったのをご存知でしたか。
小生は寝起きの少し寝ぼけた状態で、家の窓から月食を見ました。
わずかにかけているのを見ました。
日の出前にこんなものを見られて満足でした。
家の窓からISO1600に設定して手持ちで撮影しました。
2010月食
Template by まるぼろらいと